読書

  1. 『村上さんのところ』のレンコン料理は誰でも簡単にできる

    「れんこんフライ」を作ってみました。「村上さんのところ」で紹介されていた「おつまみ」です。この本は、読者(多くはファン)の方々から寄せられた質問に村上さ…

  2. 「職業としての小説家」(村上春樹)オリジナリティを出すには「楽しい」こと以外は捨てる

    「自分らしく生きる」、「オリジナリティを出す」と言われて、他人と違うことをすれば良いと思いがちです。たとえば「旅」。人と「違う」ところへ行く・違うところ…

  3. イラン ウルミエ クルド人男性

    『クルド人のまち』*女一人で旅するクルド自治区が凛々しく美しい

    「女一人でイスラム圏を旅して怖くないのか?」とよく聞かれます。答えは「ノー」です。一部の紛争地帯はのぞけば日本より安全なくらいです。女だからこそ安心…

  4. オマーン メディナ

    『パパラギ』*物がたくさんなければ暮らしていけないのは心が貧しいからだ。

    「新聞もまた一種の機械である。毎日たくさんの考えを創りだす。ひとつひとつの頭が考えだすより、はるかにたくさんの考えを。しかし、たいていの考えは誇りも…

  5. エジプト料理 コシャリ

    ガンになったら自然療法をするべきか?

    友人があちらの世界へ旅立ちました。膵臓癌でした。家族とごく少数の人以外、闘病生活を伏せていたため、旅立ちの後に知った悲しい別れになってしまいました。それ…

  6. 砂漠生活 遊牧民

    『100歳まで元気に生きる!』*認知症にならずに100歳まで元気に生きるコツはとても簡単

    運動によって脳へ供給される酸素が増え、脳に無数の毛細血管が作られ、脳細が新たに作られうる。(「100歳まで元気に生きる!」」)よく運動する人…

  7. 日本のトイレはやっぱり摩訶不思議な「英国一家、日本を食べる」

    日本のいまどきのトイレって、外国人にとって、かなりとまどうものらしいですね。日本に行ったことのある、若い美人イラン人女性にこう言われた時は、思わず笑いました…

  8. 『世界は終わりそうにない』(角田光代)に記された「コシャリ」の正しい食べ方とは?

    角田光代さんの本「世界は終わりそうにない」を読んでいたら、エジプトへ取材旅行に行った話が出てきた。現地で案内されたレストランは、どれも高級な…

  9. イランの田植え

    『ゆるい生活』(群ようこ)水の飲み方は健康を大きく左右する。

    漢方薬局のお医者さんとのやりとりだけで、一冊の本を読ませてしまう。群ようこさんは、さすがです。「ゆるい生活」群さんは、ある日の朝からめまいなど不…

  10. 集団的自衛権で崖っぷちに突き進む日本

    アメリカに利用しつくされる日本日本が集団的自衛権を行使することが可能になろうとしている。本当に困ったものです。「集団的自衛権」とは、自分たちが関係ない戦…

  11. 「バリから行く手つかずの楽園ロンボク島」*素敵な旅本に出会える場所:INAXブックギャラリー

    ここに来ると、つい本を買ってしまうという本屋があります。私にとってはINAXブックギャラリーです。トイレ、洗面器などの衛生陶器を扱うメーカーINAXの書店。…

  12. モロッコ ティズニット

    『服を買うなら、捨てなさい』*理想のワードローブを手に入れるメソッド

    「昨日と同じ服を会社に着て行くと、なんて思われるだろう?」「先週も着たから、またかって内心思われるかも」。そんな悩みを日々経験している人は多…

  13. 「見えなくても、きこえなくても。~夫婦ふたりの里山暮らし~」

    アカの他人なら全く気にならないことでも、一緒に暮らしている家族だと妙にカチンときてしまう。そういうことって、ないでしょうか。私の場合なら、夫に対して「ど…

  14. エジプトの砂漠の遊牧民

    『20代で隠居』月収10万円以下で豊かな暮らし

    週2日だけ働き、あとは好きなことをして暮らす20代男子の本「20代で隠居」月収10万円以下でも「毎日フツーに楽しくくらせています」とのこと。いい…

  15. サイーダ 遊牧民のパン ゴルス

    『ジョコビッチの生まれ変わる食事』*世界最強テニスプレーヤーの食事と生活

    テニスの世界ランキンッグ1位・ジョコビッチ選手。その強さの舞台裏を、食事や睡眠、瞑想など生活全般にわたり紹介している本。「ジョコビッチの生まれ変わる食事…

  16. 「よく晴れた日にイランへ」に描かれたイラン人の素顔が魅力

    先日知人の写真展に行くため東京・銀座を歩いていたら、不思議な違和感を感じました。耳に入る言葉が、ほとんど中国語なんです。周囲を見回したら中国人ばかり。少し前から…

  17. モロッコ ラバト メディナ

    「恋するソマリア」*イスラムの家庭に男性が入り込む貴重さが素晴らしすぎる

    ソマリアがイスラム圏だという知識すらなく、高野秀行さんという好きな作家の本だという理由だけで手にとった本「恋するソマリア」。読み始めたら、どんどん引き込まれ…

  18. モロッコのお家ごはん

    「家めしは最高のごちそうである」*私が「やすらぎの里高原館」に決めた理由

    また30代に身体をこわした経験のある私は、健康には人一倍興味がありました。特に気になっていたのが断食です。一日だけ自宅で断食してみたりしたこともありました。…

  1. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  2. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  3. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
  4. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
PAGE TOP
error: Content is protected !!