エジプトの結婚式の過程は?どんな特徴がある?

エジプトの結婚式

エジプトの結婚のプロセスはどうなっていますか?

エジプトの結婚式はどんな感じですか?

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている私は、イスラム入門書『イスラム流幸せな生き方など多数の本を出版しています。

結婚の基本的なルールはイスラム世界で共通ですが、結婚の手順や式の習慣は、国ごとに違います。

ここではエジプト固有の結婚の流れ、結婚式について、私が暮らしたカイロやハルガダにかぎってご紹介します。

同じエジプトでも地域や階層に若干異なりますので、その点ご了承ください。

エジプトの結婚の特徴とは?

エジプトの結婚式

男性の経済的負担が大

これはアラブ世界共通ですが、「入籍だけで済ます」という考え方は通用しません。結婚にはかなりの費用が必要になります。

そして男性の経済的負担がとにかく大です。

男性は「マフル (婚資)」や「シャブカ(貴金属の贈り物 )」を女性に送る必要があります。

マフルには 「前」と 「後」があり、「前」は結婚前、「後」は離婚した場合に払います。

前と後の割合は、エジプトの場合「2~4:6~8」。前払いと後払いを合わせて年収の3~5倍です。

いとこや知っている相手だと安くなります。
(よく知らない相手の場合、相手の本気度を確かめるために高くなる傾向が)

さらに新居や結婚式の費用なども必要となります。

新居はアパート購入が今でも常識で、年収の2倍くらいに相当します。

エジプトの特に都市部では、結婚後に親と同居するのは一般的ではありません。

このように膨大なお金がかかるため、結婚費用をためるのに何年もかかるのが普通で、副業したり産油国へ出稼ぎに行く男性も少なくありません。

持参する家具の分担がある

男性ほど出費は大きくありませんが、女性側も用意するものがあります。

こちらが、夫婦それぞれの分担です。

新郎‥‥住居(持ち家が望ましい)、大型家具(ベッド、応接セットなど)、結婚諸費用、結婚後の生活費など。

新婦‥‥食器、調理器具、リネン類、婚約式の費用など。

    家財道具は新郎からのマフルに同定額の金額を足して用意します。

新婦の家族は、花婿候補が決まる前から何年もかけて少しずつ用意します。

この夫婦の分担は、国によって違いますが、アラブ世界どこでも、結婚前に家と家具が全てそろっていなければなりません。

家財リストを作成する

新婦が持参する家財道具のリストを作成します。(このリストを「カイマ」と言います。)

リストには個々の家具の数,値段、形状などを記載します。

(テレビならメーカーや型番、年式。コップなら個数などといった具合です。)

値段についてはサバをよむのも横行していて、けっこうトラブルもあるそうです。

持参品は結婚後も彼女の個人財産で、夫は勝手に処分できません。

離婚の場合、彼女は全て実家に持ち帰ります。

夫が壊したりしたら、同程度の金銭で弁償です。

なんとも世知辛く感じますが、女性の権利が保護されているとも言えます。

祝宴は歌と踊り

 

パーティは上の動画にあるとおり、歌と踊りがメインです。

庶民は新婦の家の前の路地で行うのが一般的で、夜7時くらいから始まります。たいてい夜中くらいまで続きます。

その間、プロの楽団が奏でる大音量の陽気な音楽が流れ続けるわけです。

日本人的には周囲にかなり迷惑な気がしますが、エジプト人はむしろ楽しんでいます。

このへん、かなり国民性の違いを感じます。

またエジプトの結婚式は男女一緒が普通です。

これに対してサウジアラビアなど湾岸諸国は男女別。

モロッコやチュニジアなど北アフリカの国々も、私の経験に限れば床入り前のパーティは男女別でした。

プロセス完了まで2人で住むのは禁止

たとえ結婚契約がすんでも、この後述べる最後の「床入り式」がすむまで、2人で住むことはできません。

契約がすめば2人きりで出かけることはできますが、デートの時に彼女の姉妹などがついてくることが往々にしてあります。

 

このように男性には膨大なお金がかかり、しかもプロセス完了まで(原則)2人きりでは会えない。男性は大変です。

イスラムでは男性の方が離婚しやすく、複数の妻を持つことができ、遺産相続は女性が男性の2分の1だったりします。

しかし経済的に女性がかなり優遇されています。

結婚に際して男性の経済的負担はかなり大きく、結婚後は夫が家計を負担するのが義務です。

女性が受け取ったマフルとシャブカは彼女の個人財産で、離婚しても返す必要はありません。

結婚後の生活費はすべて夫の義務。自分は働いても収入を家に入れる必要はありません。

ただ十分な生活費を妻に渡さない、新しい妻をめとって以前からの妻とその子を顧みない、といった夫もけっこういて、話は単純ではありません。

 

結婚式のプロセス詳細

エジプトの結婚式

婚約式のパーティで踊る新郎新婦。

結婚式のプロセスをもう少し詳しく紹介します。

①結婚の申し込み

男性が気に入った女性がいたら、女性の家に行って父親に結婚の申し込みをします。

女性の父親はすぐに返事をせず、「ちょっと考えさせてくれ」と一週間くらい保留にします。

この間相手の情報収集をし、家柄、評判、素行、人柄、学歴や職業 (経済力)などを調べます。

相手の職場への聞き込み、家の近所で周囲の人に彼の評判を聞く、といったことが行われます。

まるで探偵のようです。

彼の素性がOKとなったら、次のファーティハ式に進みます。

②ファーティハ式

女性の家に男性の家族が来て、全員でコーランのファーティハ章を唱えます。つまり結婚の約束を神に誓うわけです。

これはあくまでプライベートな式で、本人たち、両家の父親、叔父、兄などが参加します。

ここでマフルやシャブカの額、今後のスケジュールなどを話し合います。

マフルは先ほども書いたように「前」と「後」があります。

イスラムでは結婚は契約で、マフルなしの結婚は無効です

特に後マフルについては娘の将来がかかっているので、女性の父親も必死になります。

シャブカは金の指輪や腕輪、首飾りなどで、だいたいマフルの半額以下です。指輪が最も重要です。

これらの金額などは、双方の経済力や階層などによって様々です。

③婚約式(シャブカ)

エジプトの結婚式
男性から女性に指輪を贈る式です。

この式で女性の右手の薬指にはめ、床入り式の後に左手の薬指に移します。

このシャブカ式と契約式は、花嫁の家で行います。

エジプトでは未婚女性は実家で暮らすのが普通で、床入りの時に初めて花婿の家に移ることになるからです。

「婚約」といっても、「結婚のかたい約束」というより、家族公認の「お付き合い」といったイメージに近く、破談になることも少なくありません。

④契約式(カタブ・アルキターブ)

イスラムでは結婚は契約で、契約書を作成します。それがこの「契約式」で、結婚で最も重要な部分です。

マーズーン(婚姻公証人)立ち合いのもと、新郎、新婦の後見人 (父か叔父)2人の証人が集まり、書類を作成します。

契約書には男女それぞれの名前や年齢、両親の名前、仕事、マフル(前と後)の金額などを記載します。

夫が結婚している場合には、妻と両親の名前も書きます。イスラム教では一夫多妻が認められているからです。

そして新郎新婦と証人すべてが署名し、翌日にマーズーンがそれをイスラム裁判所に届け、2人は法的に夫婦になります。

法的には夫婦ですが、まだ一緒に住めるわけではありません。

一緒に住むには床入り式(周囲へのお披露目)を終える必要があり、その前に新居と家財道具が全部そろっていなければなりません。

ですからこの段階では、まだ手をつないで外を歩いたりはできません。

また婚約はしばしば破棄されます。

④結婚式(床入り式)ドフラ

通常日本で「結婚式」と言われるものです。

エジプトでは金曜日が休日で、その前日の「花の木曜日」によく行われます。

前日の水曜日の夜には、「ヘンナの夜」という小さなパーティが開かれます。

身内や友人が集まり、花嫁・花婿の手足にヘンナを施す催します。これは新郎新婦それぞれの自宅で行います。

床入り当日は、まず町の写真館で記念撮影が行われ、新郎が新婦を実家に迎えに行き、パーティを行います。

終わったら2人は新居に移り、そこで初夜となります。

床入りはとても重要で、この後に仮に離婚した場合、マフルは全額花嫁のものに。

床入りがすんでいなかった場合は半額が支払われます。

⑤サバヒーヤ

床入りの翌日は「サバヒーヤ」と呼ばれます。

両親や兄弟、姉妹などが2人を訪問し、現金のご祝儀を渡したりします。

友人などは数日たってから訪ねることが多いです。その際は家財道具のお披露目会となります。

家財道具は彼女が夫のマフルや両親からの援助で購入したもので、その立派さが夫の経済力や妻の家族の支援を誇示します。

ここでは「わー、素敵!」とほめるのが礼儀です。

一夫多妻

エジプトでは法律によって、既に妻のいる男性がもう1人と結婚する場合、マアズーンを通して妻にこれを告げ、その承諾を得ることが決められています。

もし彼女の同意なく結婚した場合、妻はそれを知った時から1年以内であれば離婚を要求できます。

 

【関連記事】

1週間続くチュニジアの結婚式:初夜のクライマックスまでの一部始終をくまなくご紹介!