運動が仕事の効率を上げる「神・時間術( 樺沢紫苑)」

 

「神・時間術」(樺沢紫苑)

樺沢紫苑さんの本は読んで「ハズレ」がありません。今回も見事大正解でした。

 

精神科医でありベストセラー作家、そして「日本で最もインターネットに詳しい精神科医」として知られる樺沢紫苑さん。

病院で診療しながら毎日Facebook、メルマガ、YouTube動画を更新し、本を毎年3冊出版。

20冊以上の本を読み、10本以上劇場で映画を見て、年2回は長期旅行に出かけるそう。

その時間はどこから生まれるのか? 

その時間術を紹介したのがこの本です。

運動は1分でも効果的

樺沢さんは多忙な中で時間を生み出すために、自分なりの「時間術」を開発し、仕事の質を高めてきたそうです。

時間術の中心となるものの1つが「運動」。

運動が効率を高める一番のポイントだそうです。 

「脳を活性化させる最も簡単で即効性のある方法を1つ挙げろと言われたら、私は間違いなく「運動」と答えます。

たった10分の運動で、ドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンなど脳内物質のレベルが高まり、次の90分がよりエネルギーに満ち、集中力と学習効率が高まり、意欲もアップして前向きになり、イライラしない穏やかな気持ちで仕事できるのです

リフレッシュのための運動は1分だけでも効果が得られます。

スポーツジム直後に執筆

頭が最もよく働くのは朝起きた時と言われます。

「脳のゴールデンタイム」。

運動によって、このゴールデンタイムを作り出すことができるそうです。

「私は、週4、5回の運動を習慣にしています。

1回60分から90分の有酸素運動、それが終わると、頭も身体もリセットされます。

言うなれば、朝起きたときと同じくらい、すっきりとした状態になります。

スポーツジムから外に出ると、一目散でカフェに駆け込み、パソコンを広げて執筆を開始します。

すると、朝起きた時の「脳のゴールデンタイム」と同じような状態になっていて、執筆が猛烈にはかどるのです。」

ランチは外で

ランチは外食した方が運動になり、気分転換にもつながる。その結果、効率が高まります。

「歩く」「移動する」「場所を変える」ことで、脳の「場所ニューロン」が活性化し、記憶力が増強するそうです。

お弁当を持って公園で食べるのでも良いでしょう。

またランチ以外でも、作業に飽きたら外を10分散歩する。そのくらいでも効率が上がります。

これらの工夫で、樺沢さんは全く運動しなかった頃と比べ、一ヶ月の仕事量が2倍以上になり、自由時間が大幅に増えたそうです

 

神・時間術

効率や生産性をあげる本は数多くありますが、本書が違うのは、精神科医の著書が科学的根拠をもとに書いていること。

また樺沢さんの本の特徴ですが、非常に読みやすく、かつ詳しい。読者に親切な本です。

 
  

【関連記事】

スマホをやめたら良いことづくめ(2)本を読む時間が増えて頭がよくなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA