2021-10-09

Nomad

 

エジプトの東方砂漠に遊牧民のホシュマン族が暮らしている。10年以上にわたる干魃のため、ほとんどの人が遊牧生活を捨て、定住地で観光業に就くようになった。今でも遊牧を続けているのは、わずか数家族にすぎない。そのうちの一人、サイーダ(女性・65歳)は、ラクダを連れて一人で砂漠を移動しながら暮らしている。泉で水を汲み、夜は月明かりでパンを焼き、満天の星の下で眠る日々。自然と密接に関わるその暮らしは、物質的には質素ながら、心の平穏と静けさ、そして私たちが失ってしまった豊かさのようなものがあると感じられる。このまま雨が降らなければ、あと数十年のうちに、砂漠に暮らす遊牧民はいなくなってしまうといわれている。

Egyptian bedouin woman Saida is living alone in the desert with her 7 camels, moving from place to place every day.More than a decade of drought has led most people to abandon their nomadic lives and start tourism in settlements. Only a few families continue to nomadic. One of them, Saida, 65, lives alone in the desert with a camel. The days of drawing water in the spring, baking bread by moonlight at night, and sleeping under the stars in full sky. The life that is closely related to nature, while materially simple, can be felt that there is something like peace and quietness of the mind and the richness that we have lost. It is said that if it does not rain as it is, nomads living in the desert will be gone in the decades.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AERA アエラ

(「AERA」)

「アエラ」サイーダ原稿(1)scan-001
Contact:
連絡先/e-mail

関連記事
error: Content is protected !!