「女性は宝石」イスラム教の女性が髪や肌を隠す理由

ブルカを身につけたオマーン女性

イスラム女性たちは布で肌や頭を隠していますが、なぜですか?

なぜスカーフを着用しなければならないのですか?

ヒジャーブは抑圧の象徴ではないでしょうか?

そんな疑問にお答えします。

記事を書いている私は、20年以上イスラム社会で女性達と生活をともにし、イスラム入門書『イスラム流幸せな生き方』など多数の本を出版しています。

この記事では、イスラム女性がなぜ髪(や肌)を隠す理由を、わかりやすく解説します。

時間がない方、要点のみ知りたい方は、この動画をどうぞ。

イスラム教徒女性が髪や肌を隠す理由:コーランの章句

イスラム女性

エジプトの女性。イスラムの女性は顔を皆顔を隠しているといったイメージがあるが、隠している女性は少数派。そして現代の女性たちは写真のような鮮やかな色合いのヒジャーブを身につけることが多い。

①美しい部分を隠す

なぜ髪を隠すのか?これはイスラム教の教えからきています。

聖典コーランで、女性たちに「美しい部分を隠せ」と命じているからです。

 「それから女の信仰者にも言っておやり、慎みぶかく目を下げて、陰部は大事に守っておき、外部に出ている部分はしかたがないが、そのほかの美しいところは人に見せぬよう。胸には覆いをかぶせるよう」

(24章31節)

*この後に、見せても良い相手として「自分の夫や親」などが記されています。

②長衣を着ること

またコーランでは、長衣を着るように、とも命じています。

「これ、預言者、お前の妻たちにも、娘たちにも、また一般信徒の女たちにも、(人前に出る時は)必ず長衣で(頭から足まで)すっぽり体を包みこんで行くよう申しつけよ。」

(33章59節)

 

①、②から「肌やボディラインを見せない」のが女性の服装の基本となります。

「髪」を隠すのは義務?

①の「美しい部分を隠せ」ですが、その「美しい部分」が具体的に「どこ」なのか?は示されていません。

そこで「髪」が含まれるかどうかで、学者間の意見が分かれました。

多くの学者は「髪を隠すべき」と考えます。

(そう考えない学者もいます)

(参考→イスラム教女性の服装ルール完全版【Q&A】

なぜ隠すよう命じたのか?

では、なぜ「美しい部分を隠せ」と命じたのでしょう?

これはイスラムの男女観、人間観から来ています。

男女は違う(女性は男性より美しい)

人間は弱い(男性は性的魅力に弱い)

①「男女は違う」

そもそも生物学的に男女は違うものです。

そして男性は女性の性的魅力に負けやすい。性犯罪の被害者は圧倒的に女性です。

そこで男性が誘惑に負けて良くない行動に走らないよう、女性に美しい部分を隠すよう命じたのです。

ただし男性にも、「守るべき服装規定」や「貞節義務」があります

服装については、へそから膝までを隠すこと

男女で隠すべき場所が違うのは、身体の構造が違うからです。

貞節義務については、コーランにこうあります。

男の信仰者にも言っておやり、慎みぶかく目を下げて(女をじろじろ眺めない)、陰部は大事に守って置くよう(不倫な関係に使わぬよう)」(24章30節)

参考:服装は品格が9割。女性が髪を隠すのは女性差別?

家の中でも黒づくめの服装?

もちろん女性たちは家では日本の女性と変わらずおしゃれを楽しんでいます

性的な関係は夫婦間だけで楽しめばよい、という考えだからです。

外では美しい部分を隠していた方が、男性は変な誘惑に惑わされず、女性も性的被害を減らすことができる。

男女共に心穏やかに暮らすことができ、社会秩序が保たれる。こういう発想なのです。

(参考:黒いアバヤの下に着ているものは?

 

髪と肌を隠す「本当の」理由

イスラム女性がヒジャーブを着用する理由

トルコの公園でセルフィーを撮る女性。中東で最も西洋化が進んでいると考えられているトルコでも、近年はむしろヒジャーブを着用する女性のほうがむしろ多数派となっている。

では宗教の教えに従って、「しかたなく」肌や髪を隠しているのでしょうか?

先に書いたように、厳密に言えば、髪を隠すことは義務ではない。にもかかわらず、実際には多くの女性が髪を隠しています。

それはなぜなのか? 

その「本音」を、インタビューをもとに紹介します。

第1は宗教心

「イスラム教徒だから」「それがムスリマ(イスラム女性)としての正しい行いだから」

これが第一の理由です。

スカーフ着用は厳密には義務ではないものの、多くの女性は髪を隠すのが「宗教的に正しい行い」だと信じています。

「女性は宝石」ーヒジャブの根底にあるもの

では「信者の義務として」しかたなく髪を隠しているのか? 

多くの女性は言います。

「紙で包んであるアメとそうでないアメがあったら、人はどっちを食べる? 包んである方でしょう。

むき出しのアメはハエがたかっているかもしれないし、汚い手で触ったかもしれない。

スカーフもそれと同じ。女性の髪が美しい・高貴なものだから包む。包むからますます価値が上がり、尊ばれることになるのよ

大切な人へのプレゼントは、きれいな包装紙で包みます。

女性もそれと同じです。宝石のように高貴で美しい存在だからこそ、美しい部分は隠す。

自分の美しさは大事な人にこそ見せるものであり、不特定多数の男を楽しませるものではない、こういう考えです。

根底には、「女性は美しいもの」「大切にされるべき存在」という自己肯定感、「女性としての自分を大切にする」という思想があります。

「きちんとした女性」と見てもらえる

宗教の教えに沿った服装をすることで、周囲から「品行正しい女性」「モラルがある人」と見てもらえるという理由もあります。

いわばサラリーマンの背広とネクタイのようなものです。

公共の場でも「ちゃんとした女性」として扱ってもらえます。

結婚しやすくなる 

さらにこれによって敬虔さをアピールでき、結婚相手を見つけやすくなるという意見もあります。

私のエジプトの友人は、10代の頃はヒップラインが見えるGパンを好んではいていましたが、結婚を意識し始めた頃から黒いアバヤ(ガウン)を着るようになりました。

男性は結婚相手に「ちゃんとした」女性を望むもの。

イスラム教徒の場合、それは「敬虔な」女性です。

実際、「彼女はちゃんと礼拝すると聞いたから結婚した」と話す男性もいました。

信心深い女性なら、間違いを起こさないから(不倫など)」とも。

性的な嫌がらせが減る

髪を隠すことで、男性のわずらわしい視線をカットでき、性的嫌がらせを受けにくくなるという声もあります。

「ハチミツにふたしないで晒しておいたら、ハエがよってくるでしょう?

それは当たり前よ。いちいち苛立つより、最初から隠してしまった方が賢いわ」

 

心や才能で魅了する

美しさを隠すことで、美ではなく「心や才能で」男性を魅了することができると考える女性もいます。

アッラーと私とスカーフと」という日本人女性が監督したドキュメンタリー映画があります。

主人公はカナダに暮らす4人のイスラム女性達。彼女達は「スカーフをするか否か」で悩み、家族や周囲の人との関わりの中で、それぞれの道を見つけていきます。

「スカーフをする」と決心した主人公の1人は、そのメリットについてこう語ります。

「美ではなく「心や才能で」男性を魅了することができる」

そして心で男性をひきつけた方が良いと語ります。

容姿は年をとるにつれて衰えるけれど、心や才能はそうではないから

「見られる者」から「見る者」へ

さらに別の主人公は、「スカーフをすることで、誰が私を見るかを決めることができる」と語ります。


美しい部分を晒した女性は、本来見られる側の存在です。

隠す事で、「見せたい相手にだけ」美しさを見せることができる

見せる相手・見せたくない相手を、自分で選ぶことができるのです。


つまりは女性が優位に立つことだ、と彼女は考えます。

社会進出しやすくなる

ヒジャーブをすることで社会進出が容易になるという面もあります。

イスラム社会では、男女の不必要な接触を禁じるため、男女隔離が原則です。

ヒジャーブが「見えないカーテン」の役割を果たし、社会進出が容易になるのです。



「ベールは「携帯用のカーテン」であり、これを身に着けることで、女性の社会進出を促進される。」



(「イスラームとモダニティ」)

外見で差別されない自由

肌や髪を隠すことで、美醜や年齢で差別されない自由と開放感も得ることができます。

「足が太い」「ウェストのくびれがない」などの身体的コンプレックスも。

(だから油断して太ってしまう、という女性はいるようですが)

サウジアラビア女性が身につけるアバヤとニカブが最たるもの。これなら年齢までも隠してくれます。

 

さいごに

もちろん、スカーフ、ヒジャーブを快く思わない女性もいます。

特に国の法律でヒジャーブ着用を義務付けられているイランの女性に、その傾向が強いようです。

ただ一方で、そういう女性ばかりではない、というのも事実なのです。

人は自分の立っているところから、自分の頭だけで想像するくせがついています。

髪を隠さないのが普通の環境で育った日本人から見れば、隠すことは非常に不自由に見えます。

別の世界で生まれ、その環境で育った人が、どんな風に考えるかは、なかなか想像できません。

「モテる」のは夫だけでいい

「でも彼女たちだって、外で思いっきり肌を見せたりしておしゃれしたいんじゃない?」

そう思う方もいるでしょう。

不特定多数の男性にチヤホヤされるのは、イスラム女性にとってあまり嬉しいことではありません。

自分を「妻」と認め、大切にしてくれる男性だけにモテればいい。

美しさは人生を共に歩んでくれる男性にだけに見せるもの。

不特定多数の男性にタダで見せるものではない。そういう発想です。

むしろ肌の露出は不要なトラブルのもと。

「モテ」るために頑張らなくていい。これによって気持ちに余裕が生まれます。

(参考:イスラム女性が黒いアバヤの中に着ているものは?)

ヴェールを脱がせる楽しみ

隠すことで自分の価値が増すことを、彼女たちはよく理解しているようです。

それによって神秘性が増し、より魅力的に見えることを。

「オマーンの街角で日本人男性と一緒に歩いていた時、チャドルの女性とすれ違うたびに、「隠しているのを見ると、よけい綺麗に見えますよね(笑)」と鼻の下をのばしていた。

 何事もあからさまに見せない方が美しい。イスラム圏にいると、そんなことを思ったりする。」

イスラム流幸せな生き方』

隠されているから、よけい見たくなる。それが人間の心理です。

見たいのに見れない。だからいっそう興味をそそられる。

男性は神秘のベールに包まれた女性の布を一枚一枚はいでいくことに、ワクワクする興奮を覚えるものです。

男性は基本的にはハンター

教会の結婚式では、きまって新郎が新婦のヴェールを持ち上げます。

なぜヴェールをかぶるのが女性なのか? 

ヴェールを脱がせるのが男性なのか? 

それが「男女の本性」に沿っているからではないでしょうか。

逆に女性が自分から何もかも脱ぎ捨て、「どこからでも見て!」となったら、男性から「ベールを脱がす楽しみ」を奪ってしまいます。

ヴェールは女性が自ら脱いではいけない。男性の手で脱がせてこそ意味があるのです。

女性の美しさは、あからさまに見せないことで価値が増す。

そして本当に女性として尊ばれるのは、「隠す美しさ」を知っている女性です。

 

イスラム女性の服装にご興味ある方の参考になれば嬉しいです。

【参考図書】

イスラーム ヴェールの向こう

20年間の取材によるイスラム女性たちのリアルな日常を紹介。モロッコ、チュニジア、エジプト、イラン、パキスタン、モルディブ‥‥。歌あり踊りありデートあり。「抑圧」などメディアによって作られたイメージと違う、生き生きした女性たちの実像を紹介します。

★「イスラム流 幸せな生き方
中学生でもわかるやさしいイスラム入門書。ヒジャーブ、イスラム女性などに関してわかりやすく解説しています。

★「イスラームにおける女性とジェンダー

女性隔離、ヴェール‥女性差別と思われがちなこれらの制度の成り立ちを、歴史をひもときながら、わかりやすく解説した古典的名著です。


【関連記事】

ブルカ、ニカブ、アバヤなどの服装は何が違う? 国によって違う? 黒づくめでおしゃれできないの?‥イスラム女性の服装の基本をわかりやすく解説します。

イスラム教女性の服装ルール完全版【Q&A】

ヒジャーブ、ブルカ、二カブ、チャドル‥‥イスラム女性の服装を徹底的にわかりやすく解説

イスラム教徒の女性のすべてがわかる!【記事一覧】

 

 

2 COMMENTS

Yuna

ニカブ等の着用は女性差別の象徴だと考えていた私には盲点な内容でした。なるほど、、自分自身を守り内面を磨くという意志の表れでもあるのですね。素晴らしいと感じました。
男が煩わしく、いつからか化粧やオシャレをしなくなった私にも強く共感できる理由ですね。

ただ、男は本能を抑えられない野蛮な生き物であるという前提の元で話が進んでおりますが、ならばなぜ女性側が不便を強いられなければならないのでしょう。。
それなら痴漢やセクハラをした男を死刑に処すなり厳罰化したり、外科的処置を施し性欲を無くさせるべきではないでしょうか?

やはりこの記事を読んだあとでもイスラム教は差別的な忌むべきカルトだと言わざるをえません。

常見藤代

コメントありがとうございます。
おっしゃる通りです。

これには説明が長くなるので、別トピックを設けて書きました。
https://www.f-tsunemi.com/blog/realislam/dress-rule/

よろしければ、お読みください。
また何かご意見、ご質問などありましたら、コメントいただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA