イスラムはどんな宗教? <イスラム基礎知識> 

イスラムってどんな宗教? 
その問いにわかりやすく答えるとしたら、

「イスラム教徒はいつも宗教のことを考えている人」となります。

仏教徒にもキリスト教徒にも、もちろんいつも宗教のことを考えている人はいます。

僧侶や聖職者(あるいはある種のオタク的な人?)。
でも普通の人は宗教のことを考えたりしません。

対してイスラム教徒は、誰でも毎日イスラムのことを考えます。

それがイスラムの最大の特徴です。

「イスラムとはどんな宗教か?」の答えが、そこにあります。

まず「イスラム」という言葉の意味を説明します。

「イスラム」という言葉の意味

イスラム(正しくは「イスラーム」)は、アラビア語で、「神にすべてを委ねること・帰依すること」という意味です。

「ムスリム」(イスラム教徒)は、「神にすべてをゆだねる者」。

イスラムでは、神アッラーは「唯一」であり、「全知全能」です。

対して信者は、力に限界がある弱い存在。

その弱い人間(信者)が、全知全能の神アッラーに全てを委ね、神の意志に従う。それがイスラムの基本です。

この世のすべての事は、アッラーによって決められる。

またイスラムはそれ自体が宗教の名前なので、「イスラム教」と「教」を付ける必要はありません。

イスラムは「生きるルール」

冒頭に「イスラム教徒はいつもイスラムのこと思い出す」と書きました。
それはなぜか?

イスラムは「生きるルール」だからです。

商売、離婚、相続、食べ物、服装、‥‥日常生活全般のルールを定めているのです。

そのルールが書かれたのが聖典「コーラン」、預言者ムハンマドの「ハディース」です。

聖典には教義や儀礼など「宗教」的なものだけが書かれているわけではないのです。

ルールのうち最も大事なものが「六信五行」と言われるものです。
これは他で説明します。(イスラムのルール「六信五行」とは?

六信五行以外にも、様々なルール(行動指針)が広範囲に定められています。

たとえば
・食べていいもの、悪いもの
・ふだんの好ましい服装 
・利子はとっていいのか悪いのか?
・離婚するときの財産の分与

つまりイスラムは生活全般を律するルール

だから信者は常にイスラムを意識しているのです。

信じるだけでなく「行動」が必要

イスラムでは日常生活のルールを定めています。

そしてルールを信じるだけでは不十分で、日々実践することが重要です。

イスラム教徒の礼拝

礼拝前の清めを行うインドネシアの女子学生たち。

「コーランに定められた神の意志に従って行動することがイスラム教徒である」といえます。

行動しなくても、罰を与えられたりはしません。

しかし天国へ行くチャンスがそれだけ減ります。

イスラム教徒は善行を積む事で、天国へ行けることになっているからです。

だから信者はひたすらコーランに書かれたルールを実践するのです。

イスラムには人生訓的な要素も

コーランなどに書かれたルール。
この中には人生訓的なものもあります。

一例をあげます。

・両親にやさしくしろ

・商売で計りをごまかしてはいけない

・子供を殺してはいけない

・自分も他人も殺してはいけない

つまり「いかに生きるべきか」を教えているのがイスラムであるとも言えます

こうしたことを守っているので、イスラム社会は総じて治安が良いのです。

イスラムは聖・俗を区別しない

イスラムの日常的なルールの中には、夫婦の性生活など、かなり俗っぽいことも含まれています。
たとえば、ベッドの中では夫は妻を喜ばせなければならない、などです。

実は性生活について、コーランやハディースにはかなり細かな規定があるのです。

イスラムでは起きてから寝るまでが宗教の領域。

聖と俗の世界を分ける発想がありません

だから礼拝はモスクだけでなく、どこでやってもよいことになっています。
(ただし清潔な場所であることが条件です)

世界のあらゆる場所が聖なる場所ともいえるし、逆に全ての場所が俗なる場所ともいえます。

まとめ 宗教が暮らしの中心

日本なら習慣や法律で決められているようなことが、イスラムでは宗教で定められている。

イスラムは日本人が考える「宗教」とまったく違うものなのです。

私たちにとって「宗教」は、日常から切りはなされたものです。

私たちが宗教を思い出すのは、正月に神社に行った時くらい。 

でもイスラム教徒にとっては「宗教が生活の中心」です。

私たちと宗教の重みが全く違います。

また日本人は無宗教の人がほとんどですが、イスラム教徒にとって、無宗教という事態が考えられません。

「人には必ず信仰があるもの」生まれた時からそう信じています。

もちろんイスラム教徒の中には断食しない、お祈りを全くしない人もいます。

しかし「神を信じない」という人に私は会ったことがありません。

こういう私たちと全く異なる思考回路で生きている人々がいる。

それがイスラムを知る、イスラム圏の人々と付き合う面白さなのです。

【関連記事】

コーランとは? イスラムの聖典「コーラン」をわかりやすく解説します!<イスラム基礎知識>

 

【参考図書】

イスラームについて、さらに知りたい方はこちらの本をおすすめします。

 

コメントを残す