【ラマダンとは?】その詳細から性生活まで徹底解説<イスラム基礎知識>

世界中のイスラム教徒が毎年行う「ラマダン」。信者の義務の1つです。

なぜ断食するのか? 
1ヶ月も断食してやせ細らないのか?

ラマダンについて徹底解説します。

そもそもラマダンとは?

ラマダンとは、イスラム暦の9番目の月のことです。

この月の1ヶ月間、イスラム教徒は日の出から日の入りまで飲食を断ちます。

タバコやセックスも禁止。つばを飲み込むことも厳密にはいけないとされ、嫉妬や怒りなどの感情を持つこともよくないとされrています。

ただし飲食できないのは日が出ている間だけで、日が沈めば、すべてが解禁されます。

なぜ断食するのか?

聖典コーランに神の命令として「断食せよ」と書かれているからです。

「ラマダーン月は人類の導きとして、(途中略)コーランが下された月です。だからあなた方の中、(家に)いる人はこの月の間、斎戒(断食)しなければなりません。」(2章185節)

ラマダン月に、コーランが神から下されたからであり、

そこで神に感謝し、祈りに集中するため「断食せよ」となったのです。

このようにラマダンは「神聖」で特別な月。信仰心が高まる時期でもあります。

ラマダン中の善行はより功徳があるとされ、多くの人が積極的に慈善団体に献金したり、貧しい人に食事を配ったりします。

モスクでは夜遅くまでお祈りする人の姿も見られたりします。

ラマダン

チュニジアのモスクで夜通し礼拝する人びと

そのクライマックスは「ライラ・カドル(定めの夜)」と呼ばれる、月の最後の10日間中の奇数日の夜。この日の善行は、ふだんの千倍にカウントされるそうです。

ただしその夜がいつか、コーランにははっきり書かれていません。そこで最後の10日間は、貧者への施しや礼拝などの善行に励む人が、ふだんより増えることになります。

断食を免除される人も

日中の断食を免除される人もいます。

病人、高齢者、妊娠中の女性など体力がない人です。また旅行者は断食が免除されます。

先ほどのコーランの章句は、次のように続いています。

「病気や旅路にある人は、別の日に(できなかった)日数を(斎戒)することができます。アッラーはあなた方に容易をのぞみ、困難を望みません。」(2章185節)

「苦行を強いない」というのがイスラムの特徴です。

イスラム教徒の人々は、空腹や喉の乾きを体験することで、食べ物のありがたみ、貧しい人の苦労を理解することができるのです。

こうして富める人と貧しい人の一体感がつくられていく、とも言えるでしょう。

ラマダン中の性生活

飲食に加えて性交も禁止というのは、上に書いたとおりです。ただし昼間だけです。

『断食の夜、汝らが妻と交わることは許してやろうぞ。彼女らは汝らの着物、汝らはまた彼女らの着物。アッラーは汝らが無理しているのをご承知になって、思い返して、許し給うのじゃ。

だから、さあ今度は。彼女らと交わるがよい、そしてアッラーがお定めくださったままに、欲情を充たすがよい

(2章187節)

夜がきたら「思う存分楽しめばいい」と書いています。

では、キスや愛撫はどうなのでしょう?

これはハディースという預言者ムハンマドの言行録から。

『サウム(断食中)、(妻たちと)キスしたり接触を持ったりしました。そして彼はあなた方の中で、最も自制心のお強いかたでした』(アル・ブハーリーとムスリムのハディース)

ただし射精してしまったら断食は無効となります。だから預言者のように「自制心が強い」方でなければ、抱擁などはやめておいた方がよいかも。

ちなみに、日中射精してしまった場合、後で埋め合わせしなければなりません。

ハディースによれば、まず「2ヶ月間の断食」。それができなければ「貧者への施し」を。それが無理なほど貧しければ、結局は「しかたない」となるそうです。

また夜間にセックスしていて、夜が明けてしまうことがあります。本来夜が開けてしまったら、性交は禁止。

ただし(夜が開けたことに)気づいていなければ、断食は無効ではないそう。

イスラムはゆるいですね。

ラマダンの時期は毎年ずれる

ラマダンなどイスラムの行事は「イスラム暦」によって行われます。

イスラム暦の1年は太陰暦より約10日短いため、ラマダンの時期は毎年10日ほど前にずれていきます。よってラマダンが冬に当たる年もあれば、夏に当たる年もあります。

イスラム教徒の方々は「色々な時期のラマダンが体験できて楽しい」と言います。

それでも冬はまだ良いものの、冬は夏非常につらい。
どんなに暑くても、水を飲むことはできません。

しかも日が長い。それだけ断食時間が長くなる。

主婦の中には、日中に掃除や洗濯などをするとお腹がすいて喉もかわくから、断食が明けてから家事をするという人もいます。

 

ラマダンはお祭り

日の出から日の入りまですべての飲食を断つなんて、日本人なら「さぞかし苦行ではないか?」と思います。

が、これが違うのです。

ふだんお祈りをあまりしないようなイスラム教徒でも、ラマダンはなぜかしっかり守る。

そして口々に言います。「ラマダンが楽しみだ!」と。

私はラマダン中にモロッコやエジプト、イランなどに出かけたことがありますが、誰もがラマダンを楽しみにしているのに驚きました。

なぜか?

まず家族そろって食べる断食明けの食事があります。これはふだんよりもごちそうが並びます。

ラマダン

断食明けの食事(エジプト)

日中断食しているのだから、夜くらいちょっと豪華なものを食べたいというのは当然の心理です。

実はラマダン中は食料の消費量がぐんと増える。逆に太ってしまう人もいるくらいなのです。

断食するのに太る人も

その日没後の食事には、ふだんよりごちそうが並びます。断食後の「ごほうび」として、いつもより豪華なものを食べたいというのは当然の心理。実はラマダン中は食料の消費量がぐんと増えるのです。

そして食事の後はきまって友人知人宅を訪問。そこでは砂糖たっぷりの紅茶とケーキやクッキーでもてなされます。おしゃべりは夜中まで続く。だから断食しているのに太ってしまう人もいるくらい。

そしてちょっと寝た後、「ソフール」という断食開始前の食事を食べます。夜明け前の3時か4時くらいです。こうして、夜通し起きていて昼夜逆転になってしまう人もいる。

断食といえば日本でも健康のためにするものと決まっていますが(私も断食道場へ行ったことがあります。もちろん健康のため)、ラマダンの断食は、それとはちょっと違う。

でもイスラム教徒にとって、ラマダンは健康になることが目的ではありません。あくまで信仰の一部。信者の義務である断食をし、来世で天国へ入る。それが彼らにとって大切なことです。

ほかにも、ラマダン中は「ラマダンセール」やらテレビのラマダン特別番組やら、楽しいことが目白押し。

つまり、ラマダンはお祭りです。町のあちこちに臨時遊園地が出没したりし、大勢の家族づれで賑わう。

ラマダンが終わると、「イードフィトル(断食明けの祭り)」になります。これは「イードルアドハー(犠牲歳)」とならんで、イスラムの2大祭の1つです。

禁欲なくして楽しみなし

そして重要なこと。日中食べることを我慢したからこそ、断食明けの食事がよりいっそうおいしくなるのです。

食を楽しむ一番のスパイスは禁欲・断食です。

その意味で、イスラムは「いかに人生を楽しむか」の教えといえるでしょう。

禁欲的と思われるイスラムですが、実は全く違うのです。

イスラムのラマダンや性については、こちらに詳しく記載しました。ご興味あれば、ぜひお読みください。

イスラム圏の旅行情報については、この本で詳しく記載しています。

コメントを残す