ラマダンとは?基本知識から性生活まで詳細解説

世界中のイスラム教徒が毎年行う「ラマダン」。

イスラム教徒の義務の1つで、イスラム暦の9月に、約1ヶ月間行います

なぜ断食するのか?

ラマダン中は飲食禁止のほか、タバコやセックスも禁止。つばを飲み込むことも厳密にはいけないとされています。

ただしこれは日が出ている間だけです。日が沈めばすべてが解禁されます。

なぜラマダン月に断食するのか? 

この月に聖典コーランが神から下されたからです。そこで神に感謝し、祈りに集中するため「断食せよ」となりました。

このようにラマダンはとても「神聖」で特別な月。イスラム教徒にとって最も大事な行事です。信仰心が高まる時期でもあります。

性交は禁止

飲食に加えてセックスも夜まで禁止です。

『断食の夜、汝らが妻と交わることは許してやろうぞ。彼女らは汝らの着物、汝らはまた彼女らの着物。アッラーは汝らが無理しているのをご承知になって、思い返して、許し給うのじゃ。だから、さあ今度は。彼女らと交わるがよい、そしてアッラーがお定めくださったままに、欲情を充たすがよい』(2章183節)

 日中は禁止だが、夜がくれば「思う存分楽しめばいい」とコーランで説いています。

性交はダメならキスや愛撫はどうなのか?

これはハディースという預言者ムハンマドの言行録から。

『サウム(断食中)、(妻たちと)キスしたり接触を持ったりしました。そして彼はあなた方の中で、最も自制心のお強いかたでした』(アル・ブハーリーとムスリムのハディース)

 挿入しないならOKとされるそうです。

ただし射精してしまったら断食は無効です。だから預言者のように「自制心が強い」方でなければ、抱擁などはやめておいた方がよいかも。

ちなみに、日中射精してしまった場合、後で埋め合わせしなければなりません。

ハディースによれば、まず「2ヶ月間の断食」。それができなければ「貧者への施し」を。

それが無理なほど貧しければ、結局は「しかたない」となるそう。

また夜間にセックスしていて、夜が明けてしまうことがあります。本来夜が開けてしまったら、性交は禁止。

ただし(夜が開けたことに)気づいていなければ、断食は無効ではないそう。

イスラムってなんだかゆるいですね。

ラマダンの時期は毎年ずれる

ラマダンは(太陰暦)にそっています。これは太陽歴より11日ほど短いため、ラマダンは毎年11日くらいずつ前倒しになります。

ラマダンが冬に当たる時もあれば、夏になる時もあるということ。

イスラム教徒の方々は「色々な時期のラマダンが体験できて楽しい」と言います。

とはいうものの、冬はいいけど夏はつらい。

どんなに暑くても、水を飲むことはできません。しかも日が長い。それだけ断食時間が長くなる。

主婦の中には、日中に掃除や洗濯などをするとお腹がすいて喉もかわくから、断食が明けてから家事をするという人もいます。

断食を免除される人も

「苦行を強いない」というのがイスラムの特徴です。

病人、高齢者、妊娠中の女性などはラマダンの免除が認められています。

代わりに貧しい人への施しをするよう教えられています。

また旅行者は断食が免除されます。

ラマダンはお祭り

日の出から日の入りまですべての飲食を断つなんて、日本人なら「さぞかし苦行ではないか?」と思います。

が、これが違うのです。

ふだんお祈りをあまりしないようなイスラム教徒でも、ラマダンはなぜかしっかり守る。

そして口々に言います。「ラマダンが楽しみだ!」と。

最初はやせがまんかと思っていましたが、どうやら本当らしい。

なぜか?

まず家族そろって食べる断食明けの食事があります。

これはふだんよりもごちそうが並ぶ。

ラマダン中はラマダンセールとかテレビのラマダン特別番組とか、楽しいことが目白押し。つまり、ラマダンとはお祭りなのです。

みんな「ラマダンが大好き!」

1ヶ月の断食と聞くと、私たちは(さぞかしつらいのでは?)と思います。

実際はほとんどの信者がラマダンを心待ちにしているのです。空腹を感じるのも最初の三日間くらいだそう。

ムスリム(イスラム教徒)の中には、礼拝しない人いるし、こっそりお酒を飲む人もいます。

でも断食をしない人には会ったことがありません。

なぜなら断食することが「楽しいから」。

特に日没後の食事「イフタール」。どこの家もラマダン中は家族そろって食べます。

さらにこれには、ふだんよりごちそうが並ぶ。

日中断食しているのだから、夜くらいちょっと豪華なものを食べたいというのは当然の心理です。

実はラマダン中は食料の消費量がぐんと増える。逆に太ってしまう人もいるくらいなのです。

 

禁欲なくして楽しみなし

そして重要なこと。日中食べることを我慢したからこそ、断食明けの食事がよりいっそうおいしくなるのです。

食を楽しむ一番のスパイスは禁欲・断食です。

その意味で、イスラムは「いかに人生を楽しむか」の教えといえるでしょう。

禁欲的と思われるイスラムですが、実は全く違うのです。

 

イスラムのラマダンや性については、こちらに詳しく記載しました。ご興味あれば、ぜひお読みください。

イスラム圏の旅行情報については、この本で詳しく記載しています。

コメントを残す