セブ島のお宅拝見。日系リゾート横の竹小屋

_MG_3715
セブ島南部、青い澄んだ海が眼前に迫る海岸沿いに、この竹を編んでつくった家はあります。

すぐ横には日本人が経営するダイビングショップを兼ねたリゾートホテルが。

竹小屋を拝見

IMG_3711

ちょうど家の人がいたので、「フィリピンの家に興味があるんです。家の中見てもいいですか?」ときくと、「いいよいいよ、あがって見てって」と気さくな返事。

この家に12人で暮らしているそうです。

(私)「12人!?」

「床に寝るとかね(笑)」

(私)「ところで、今日は仕事お休みですか?」

「仕事なんてないよ。おやじがトライシクル(オート三輪車)で働いてるから、米を持ってくるのを待ってるんだ。お客がつけば食べるものを買ってくる。そうじゃなきゃ、食べるものがないから、あそこに生えているバナナを食べるんだ。タダだからね」

IMG_3710寝室

このお兄さんは35歳。結婚しているが、なぜか奥さんとは別居。

彼女は実家で子供と暮らしているそうです。

「仕事はないけど、あ、これがある」。

家の中につるしてあったバッグから、バリカンを取り出しました。

「これ持って、いろいろな村に出張に行くんだ。あっちの山の方の村が多いね。あそこには床屋がないから。一回散髪して25ペソ(約60円)もらうよ。」

「よくて一日1人だね。追い払われることもあるよ」

「大きな声で言えないけどさ(と、お兄さんは急に声をひそめて)、山の人たちはすごく貧しい。女性はパンティを買えない人もいるんだ」。

でも今はバイクのガソリンがなくなってしまって、行けないそうです。

フィリピンの現実を伝えてくれ

「あなたみたいな暮らししてる人、このへんにたくさんいるんですか?」

「そうだね。でもバナナがあるから、なんとか生きてるよ」と、まだ青いバナナを指しながら笑うお兄さん。

IMG_3712離れの台所

(私)「写真撮っていいですか?」

「いいよ。これがフィリピンの現実だ。ぜひ写真撮って伝えてくれ!」

そのあと、私はお兄さん宅のすぐ横の日系リゾートで、サンミゲルビールを飲みました。

60ペソ。

「お兄さんのバリカン代の2回分か~」などと、ちょっぴり複雑な心境になりました。

ちなみに、このあたりのホテルの従業員の給料は一日50~100ペソ

こんど行ったら、お兄さんに山の上の村へつれてってもらおうかな。

 

【関連記事】

ダイビングで有名なフィリピン・アポ島に滞在

フィリピン・アポ島への行き方とホテル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA