サウジアラビアを女性一人旅して驚いたことあれこれ。

サウジアラビアの観光

昨年サウジアラビアを例のごとく女性1人旅しまして、驚いたことがいくつかありましたので、ご紹介します。

最初に断っておくと、サウジについては「金満国家」など行くまで良い印象はもっていませんでした。

それが良い意味で覆されました。

サウジアラビアの観光

南部アブハー近郊の風景。

驚いたことの1つ目。南部のアブハーという町でサンドイッチ屋に入った時のことです。

この店は自分の好みの具(ツナやチキンや卵など)を店員に伝え、パンに挟んで作ってもらい、持ち帰ります。

店に入ると、先客の若い男性がいました。その彼がサンドイッチを店員から受け取り、会計をする時のこと。

「これ、彼女のぶん」と私の分も払っているのです。私と彼とは1言も口をきいていないのに。

私が店に入ってから、1分くらいの出来事です。

なぜそんなことをしたのか、理由はわかりません。

似たような経験は、他のイスラム圏で何度もあります。

カフェに入ってお茶を飲み、会計しようとすると、「あの人が払っておいてくれたよ」とか。

払ってくれた人は、見ず知らずの人。その人とは店で一言も話をしていないこともあります。

それらと今回の違いは、今回があまりにも「一瞬」だったことです。

 

イスラムには、「旅人に親切にせよ」という教えがあります。

コーランが下された時代、旅は困難なものだったからです。

しかし今の時代、それは当たりません。むしろ現代の旅人は、現地の人より恵まれている(旅する余裕やお金があるという意味で)とすら思います。

それでも今も「旅人を助けよ」の教えが生きているということなのでしょうか。

それにしても、彼の頭の中でわずか2、3秒のうちに「あ、外国人だよし、彼女の分も払ってあげよう」という機転が働いたというのは、なかなか驚くべきことです。

 

サウジアラビアの観光

リヤドの古いスーク(市場)で店番をしていた男性。

もう一つの体験はジェッダです。紅海沿岸のサウジアラビアで最も開放的といわれる町です。

ここでデザイナーとして働く友人女性のオフィスに訪ねました。

近くまでタクシーで行き、そこから歩いてオフィスを探しました。

しかし同じようなビルが林立していて、どのビルかわからず、たまたま通りかかった若者に住所を見せると案内してくれることになりました。

その時、向こうから40歳ぐらいの男性が近づいてきたのです。そして若者に話しかけました。

すると若者は自分のポケットから紙幣を取り出し、その男性に渡したのです。

事情はわかりませんが、お金に困っていて、それを若者に訴えたのでしょう。

もちろん2人は赤の他人です。

初対面の相手に道で「お金をくれ」と言われ、渡してしまうのにもびっくりしましたし、見ず知らずの若者に「お金くれ」と言えるのにも驚きました。

男性はイエメンから内戦を逃れてきた人なのかもしれません。

が、本当に困窮しているどうかは、確かめるすべがありません。

彼はオフィス街を歩いている他のサウジ人と見分けがつかないような、こぎれいな格好をしていたのです。

にもかかわらず、さっとお金を渡してしまうことに、意表をつかれました。

そしてこうやって何人かのビジネスマンに声をかけていれば、かなりの金額が稼げるのではないか?

一瞬、「私もやろうかな」と思ったくらいです。

 

「貧しい人には施せ」もイスラムの教えで、これまで色々な場所で施しのシーンを見てきました。

エジプトでは、食堂に物乞いがやってきて、店主が料理を渡している場面をしばしば目撃します。

パキスタンでは無料の食事配布サービスをやっている食堂も多く、食事時には店の前に行列ができます。

しかし道で会った人に、いきなり「お金くれ」という場面は、初めて体験しました。

サウジでは、結婚式の時などに余った食事を貧しい人に運ぶNGOもあるそうです。

結婚式は人生の一大イベントというのはイスラム圏共通です。

そして結婚式は誰でもウェルカムのようなところがあり、招待客は膨大で、人数があらかじめ把握できないこともしばしばです。

そういうわけで、主催する側は、残すのを見込んで大量の食事を用意します。そしてNGOに連絡をしておくのです。

宴が終わる頃にNGOスタッフが式場に到着し、余った食事をトラックに載せ、貧しい人たちに配って回ります。

資源、食材の有効活用という意味では、なかなか良いシステムですね。

コロナ状況下で今は衛生状況が気になりはしますが、日本にもこういうのがあってもいいかなと思ったりします。

【関連記事】

サウジアラビア女性の服装や車の運転