Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日本人が知らないイスラムの「愛」と「性」から、彼らの幸せの秘密を解き明かす

日本人がイスラムについて最も誤解しているのは「性」についてです。
イスラムほど「性に対しておおらかな」宗教はありません。

たしかに、イスラムでは婚前交渉は禁止。
好きになっても男女のお付き合いもままならない。

そこから「イスラム=禁欲的」とイメージされる方は少なくないのでは?と思います。

たしかに結婚までは禁欲です。

が、「結婚したら真逆になる」のです。

スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告

夫婦の性を奨励

イスラムは夫婦の交わりを大いに症例しています。

なぜなら「性」をとても大切なものと考えているからです。

だからこそ、「聖典コーラン」にセックスについての詳細な記載があります。

 『妻はあなたがたの耕地である。だから意のままに耕地に赴け』(コーラン2章233節)。

これは「性行為の方法や体位は自由」という意味。

聖典にセックスのことを書くなんて!と驚かれるかもしれませんが、聖と俗を分けないのがイスラムの最大の特徴です。

性は大事だからこそ、夫婦という安定した関係に限定し、婚外・婚前セックスを禁止したわけです。

それが女性の望まぬ妊娠を避けることにもなる。イスラムでは「女性保護が大事な柱」です。

さらに夫婦がセックスに励むことで子孫繁栄にもつながります。これがイスラム教徒人口が世界で増え続けている理由の一つです。

婚前交渉禁止というと、「イスラムは禁欲的」と思われがちですが、こういう事情があるのです。

妻の体を農地にたとえる牧歌的な表現に、イスラムのセックス観が垣間見れます。

初夜のベッドに花

イスラム圏では多くの男女は結婚まで童貞・処女。初めての経験は結婚式の初夜となります。

その初夜は、とても晴れがましくおめでたいもの。結婚式では初夜のベッドを花などで飾り付け、お披露目します。

チュニジアの結婚式の初夜のベッド。その上にキャンデーでハートマークが描かれています。

日本人の目から見たら、ちょっと気恥ずかしい気もしますが、向こうの人にそういう気持ちはありません。性をとても温かな目で見ているのです。

結婚の中心がセックス

セックスは夫婦の間でしかできない。裏を返せば夫婦間でのセックスがとても大切な要素となるということです。事実イスラムの結婚の中心はセックスです。

 『私たちの場合、結婚式の後はまずは新婚旅行だが、ムスリムの場合「やること」だ。
 エジプトで観光業を営むアフマドさんは、結婚式の翌日から1週間ホテルのスイートルームを借り切った。新妻と2人だけで濃密な時間を過ごすため。「ホテルで過ごすだけなんて退屈」と日本人なら考えるかもしれないが、そこが私たちとは違う点。
 私が聞いた一昔前のモロッコの村の結婚はこうだった。初夜の後夫婦は1週間新居で2人きりで過ごす。その間、妻はいっさい外出しない。料理もしない。食事は家族か夫が運んできてくれる。ひたすらベッドの上で夫と過ごすのだ。』(イスラム流幸せな生き方』143ページ)

日本ではセックスレス夫婦も仲良く結婚生活を続けていますが、向こうではそういうわけにはいきません。

一方がやりたくて他方が拒み続ける場合、離婚の正当な理由になります

ほのぼのした結婚観

イスラムの結婚は、男女が一緒になって安らぎと温もりを得るためです。

コーランにはこういう章句があります。

『彼女らはあなたがたの衣であり、あなた方は彼女らの衣である』(第2章187節)

「夫婦は互いの体を温め合う衣のようなもの」だそう。

結婚は、愛と情がベースにあります。

『お前たちのために、お前たちの体の一部から妻を創り出し、安んじて馴染める相手となし、二人の間には愛と情を置き給うたとは。考えぶかい人間なら、これこそ有難い神兆よとさとるであろう』(第30章21節)

だからイスラム社会には「結婚は良いもの・楽しいもの」という価値観が満ちあふれています。

「結婚は墓場」などという言葉は、思いつきもしないでしょう。

エジプトのカップル。遠くに見えるのはムハンマド・アリモスク。

こうしてみると、なぜイスラム人口が世界で増え続けているのかが、わかると思います。

性や結婚に肯定的で、男女が対う(つがう)ことに積極的な価値を見出す社会では、当然結婚・出産する人が増えて、人口が増えます。

日本はフリーセックスでありながら、「性」を語る時にどこか後ろめたさがつきまとう。性がとても軽んじられていると感じます。

結婚への憧れがうすれてしまった日本で、晩婚化・少子化が進むのは当然かもしれません。

私たちも一度、イスラムの幸せな生き方に触れてみてもいいかもしれません。

【関連記事】

★イスラムの「性」や「結婚」についてイスラム流幸せな生き方』で詳しく紹介しました。ぜひお手にとっていただけると嬉しいです。

 
【関連記事一覧】日本人が知らないイスラム
スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告
当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

記事に共感していただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださると、更新の情報が受け取れます。また読んでくださると嬉しいです。

follow us in feedly
スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告