ジェルバ島*フームスークはローカル色満載な町<チュニジア>

ジェルバ島の市

ジェルバ島はどんな場所?

チュニジア随一のリゾートで、ヨーロッパ人にとって「地中海ナンバーワン」の観光地です。

ジェルバ島の場所

いわゆるリゾートは苦手ですが、「近くに来たから行ってみるか」くらいの気持ちでした。

実際には、とても土着色あふれる所だったんです。

ジェルバ島の民族衣装を着た女性

中心はフームスーク

ただ、これには少し説明が必要です。

私が滞在したのは、島の中心である「フームスーク」という町です。

リゾートホテルが集まるのは、ツーリスティックゾーンというエリアです。

そのゾーンこそリゾートリゾートしているのでしょうが、フームスークなどは、とても民族色あふれる場所なのです。
ジェルバ島・フームスークのメディナ

フームスークの中心メディナ(旧市街)は、完全にジェルバ島民の生活・買い物の場です。

上の写真のような民族衣装を着た女性たちが多勢行き交っています。

ジェルバ島の観光地

①フームスークのメディナ

チュニジア・ジェルバ島のスーク

メディナのスーク(市場)には、写真のように屋根がある所と、そうでない屋外の場所があります。

土産物店が並ぶ、そぞろ歩きに楽しい場所。

ただメディナの店はほとんどは、午後5時半あたりから店じまいを始めてしまいます。

観光地の商店街は夜遅くまでやっているという勝手なイメージがあったので、少し驚きました。健全で良いですね。

②曜日市

ジェルバ島の市
フームスークでは、月曜・木曜に市が開かれます。

チュニジア各地で、毎週曜日を決めて「市」が開かれるのです。

フームスークの市の場所は、メディナの北から港に続く道沿い。

市は朝7時くらいからオープンです。

午前中の早い時間の方が活気があります。

tunisia-jerba-9

私はついつい、トルコ製のカラフルなスカーフを2枚も衝動買いしてしまいました。1枚5ディナール(約240円)。

ジェルバ島の曜日市

ニンジンが束で売られている。

売り物は衣料品、日用雑貨、食料品、中古家具までバラエティ豊か。

ぶらぶらひやかしながら歩いているうちに、あっという間に時間がたってしまいます。

ゲララ博物館 Guellala Museum

ジェルバ島のゲララ博物館

博物館にはカフェ&レストランもあります

島の南方「ゲララ」という町にあります。町外れの高台の、広大な敷地を利用した美術館です。

展示は、ジェルバ島の文化、チュニジア各地の結婚式の衣装、お祭りや伝統音楽などの風俗の紹介と、かなり見応えがあります。

また敷地内から海やゲララの街が見下ろせ、その景色を眺めるだけでも来る価値があります。

ジェルバ島の伝統民芸博物館

結婚式を前に花嫁がムダ毛を処理してもらい、植物染料「ヘナ」を塗ってもらっている様子

ジェルバ島のゲララ博物館

スーフィー教団の演奏

スーフィーとは、「イスラム神秘主義」とも言われます。

(ごく簡単に説明すると)舞踏など身体的な修行によって、神に近づこうとする活動です。

スーフィー教団の活動はモロッコやエジプトなどで盛んですが、チュニジアでもあるとは知らず、その点でも興味深かったです。

余談ですが、フランスの植民地だったチュニジアは、アラブ諸国の中では最も西洋化されていると言われていますが、一方でかなりイスラムの信仰心が篤い人も多いです。

美術館のカフェ・レストランからは、青い海とゲララの町を見下ろすことができます。

ゲララ博物館への行き方

フームスーク市内からタクシーを拾うのがベター。バスもありますが、本数が限られています。

車で30分ほど。ゲララ市の中心部から歩いて15分くらいかかります。

フームスークからタクシーに乗る場合、直接美術館へ行ってもらった方が良いです。

帰りはゲララ市中心部まで歩き、そこでタクシーを拾いました。博物館近辺で流しのタクシーを拾おうと目論みましたが、ほとんど通らなかったのです。

それが面倒な方は、行き帰りのタクシーをチャーターしてしまうしか、ありません。

ジェルバ島のホテル:エリアダ(Erriadh

 

ジェルバ島のホテル

フームスークのメディナの中にあるホテル。メディナ歩きの拠点に最適です。

中庭に面して部屋が配置されている。

便利な場所にあるにもかかわらず、中に一方足を踏み込むと、外の喧騒がうそのように静か。

ジェルバ島のホテル

部屋でwifiが使えます。
難点は、シャワーの湯量が少な目なこと。
 
それ以外は、とても快適でした。
シャイでやさしそうな従業員の男性が出迎えてくれますよ
 
Erriada
住所: 10 Rue Mohamed El Ferjani
電話番号: +216 75 650 756

 

【関連記事】

【完全版】チュニジアの観光・基本情報 徹底ガイド

 

『女ひとり、イスラム旅』

チュニジアの一人旅、旅行情報について知りたい方は、こちらの本をどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA