イラン人はどんな人たち?【イランの魅力は「人」】

イラン人の家庭と家族

イラン人家族。休日は親戚同士が集まって楽しく歓談して過ごす。

イランの魅力は、なんといっても人です。


おせっかいで温かくて、限りなく面白い。

そんなイラン人の性格や国民性について実体験を元に詳しく紹介します。

度を超えたホスピタリティ

イラン人は旅人に対してとにかく親切です。

こんなことがありました。夜10時にとある町にバスで到着した時のことです。

泊まるホテルは町に着いてから探そうと思っていたため、決めていませんでした。

そんな無鉄砲な外国人女性を心配し、バスで一緒だった男子学生がホテル探しを手伝ってくれることになったのですが‥‥。

2人でホテルを探して夜道を歩いていると、1台の車がすーっと私たちの横に止まったのです。

そして運転席にいた男性が言いました。

「こんな夜中に何をしているのですか? よかったらうちに来なさい。ホテルは明日探せば良い」。

家族を大切にする

イスラム圏どこでもそうですが、家族を非常に大切にします。

休日は必ず家族や親戚をたずね合って過ごします。

年頃になったら結婚する、子供を持つのが、イラン人にとっての「当たり前」です。

だから「子供がいない」というと、けっこうズバズバ質問していきます。「どうして子供がいないの?」と。

これはイラン人同士でも同じです。最近はイランでも子供がいない、1人だけという夫婦が増えています

あるイラン人夫婦(子供1人)と、遊牧民に間に行った時のこと。

遊牧民が彼女達に聞きました。「どうして子どもが1人だけなんじゃ?」

夫婦が答えに詰まっていると、彼は説教します。

「子どもはいいぞ。すべての幸福は子どもたちが持ってくる。一人がパンを、一人がメロンを、一人がコメを‥‥仕事のため、お金のためだけに生きてはいけない」

ペルシャとしてのプライド

中東というと私たちは一括りにしてしまいがちですが、中東の多くの国はアラブ民族の国。

イランは中央アジアからやってきたアーリア人の国です。

言葉もイランはアラビア語ではなく、ペルシャ語です。

イラン人のメンタリティとしては「一緒にしないで」という感じ。

「自分たちは(遊牧民の)アラブとは違う」と思っているのです。

イラン人は「ペルシャ帝国の末裔」のプライドがとても高い。

ペルシャ帝国とは、イランに紀元前から興ったアケメネス朝やサーサーン朝の総称です。

紀元前550年頃にできた初の統一国家アケメネス朝は、東はパキスタンあたりから西はエジプトのナイル川にまで広がる大帝国となりました。

226年に興ったササン朝では、東西の文明が交流するシルクロードの中継地となり、栄華を極めたそう。

そういった過去の栄光をイラン人はとても誇りにしています。

「私たちは(遊牧民の)アラブとは歴史も文化も違う」という感じなのです。

おしんが大好き

イラン人たちは熱狂的な「おしん」ファンです。


これは、ある人に聞いた話です。イランで交通事故があり、警察官を交えての示談が行われました。


途中、警察官が突然「大事な用があるから中断します。続きは1時間後」と帰ってしまったそうです。

彼は家で「おしん」が見たかったのです。


「おしん」の放映時間になると、町から人がいなくなってしまうくらいだったそう。

視聴率は聞いたところによれば80%だったとか。

イラン人は日本人のことを今でもおしんみたいな人々だと思っているそうで、とても親日的です。

イラン人によく聞かれることは?

①「子どもはいるの?」

イラン人と知り合うと、たいてい聞かれます。

ふつう「結婚してるのか?」先ですが、不思議とこれはあまり聞かれません。

先に書いたように、イランにとって家族は一番の関心ごと。

人はいい年になったら、結婚して子どもを生むもの。

旅行は家族といっしょにするもの。だから一人で(特に女性が)旅しているのは、とてもイレギュラーです。

一人旅の場合は、相手が納得する説明をした方が良いかもしれません。

夫は仕事で忙しくて来れないから「しかたなく」一人で旅行しているとか、毎日電話してるとか。

子供がいないことについては、「まだいないけど、将来は2人くらいほしい」とかです。

②「イランに来る前イランをどう思っていた?」

イランのことをとても誇りに思っているイラン人達。

そして自分たちの国が欧米メディアでどう報道されているかも、よく知っています。

だいぶ婉曲されて伝えられているらしい、ということを。

実際、報道と現実がこれほどかけ離れている国もめずらしいのですが。

そこで、イランにきた外国人が「実際にイランを見て、どう思ったか」を、知りたい。

そして「イメージと全然違った!」という答えを期待しているのです。

そこで「来る前はすごくコワい国かと思ってたけど、来てみたら人は親切だし、とても良い国でビックリー!」などと答えると、すごく喜んでもらえます。
 

【関連記事】

イランの観光・基本情報 徹底ガイド

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA