パキスタンの働く女性インタビュー(4)警察一等司令官

シャバナ・ジラニさん(36歳)。写真中央

パキスタン南部の都市カラチで、警察の一等司令官として働く彼女に、お話を聞きました。

以下はそのインタビューです。

初の女性一等司令官

カラチがあるシンド州には、計15人の一等司令官がいます。女性は私一人。初めての女性の一等司令官です。16人の部下がいます。カラチ全体で、女性警察官は千人ほどだそう。

 

カラチ大学経済学部を96年に卒業。警察官になったのは、幼い頃から社会問題に興味があったからです。社会のために役立つ仕事がしたいと思っていました。母親は医者で、私にちゃんとした職業に就いてもらいたいと思っていました。

今のポストにつけたのは、日ごろから正直であることに努めたからでしょうか。pakistan-workingwoman-13女性の地位については、教育が一番大事だと思います。教育があれば、どう自分の権利を行使してよいのかわかる。

ふだん9時に出勤します。仕事はマネジメント業務が主で、昨晩自分が留守の間に起きた事件などをチェックしたり、ミーティングに出たり。

何かあるとすぐに現場へ行きます。1日に40件くらい電話があります。泥棒が家に入ってきたとか、近くに死体があるとか。泥棒と対面して捕まりそうになったりしたことが何度もあります。

一番危なかったのは、ある村で、誘拐された女性を救いに行ったときです。その女性と結婚させようとした男性の家族が、女性側に結婚を断られたため女性を誘拐したのです。

女性を救うために私のチームが現場に向かいましたが、撃ち合いになりました。部下も何人か男の家族にとらえらた。そこで追加要員を要請。あの時は本当に怖かったです。

写真はスポットチェック。カラチでは銃や麻薬、爆弾の所持が多いため、一日に1~2回スポットチェックを行う。

家庭生活

結婚は18歳の時。相手はいとこですが、互いに好意をもっていました。

双子を授かり、今12歳です。この国では、女性は出産したら3~4ヶ月の産休があります。

夫は私の仕事にとても理解があり、私が働く姿を見るのを楽しんでいてくれています。

【関連記事】
パキスタンの働く女性(1)新聞記者として働く一男一女の母
パキスタンの働く女性(2)イスラム商工会議所・事務総長補佐に「結婚観」を聞く
パキスタンの働く女性インタビュー(3)投資銀行の経営責任者

コメントを残す