イスラム教の結婚ルール。実は男性はラクじゃない

イスラム教徒女性の結婚式

チュニジアの結婚式の花嫁。イスラムでは結婚が奨励されているため、独身を謳歌する女性は日本に比べて少ない。

イスラムは男性優位・女性蔑視の宗教だと思われています。

しかし結婚を例にとれば、男性の責任が重く、女性に有利な制度になっています。

イスラムは女性保護の思想が根底にあるからです。

具体的には、以下の点です。

・結婚前に男性が家を用意する。

・男性が女性にマフル(婚資)を払う。

・結婚時に離婚時の慰謝料を決める。

・生活費は男性の負担。

イスラムの結婚制度について詳しくご紹介します。

男性が家を用意する

多くのイスラム圏では、結婚時に男性が「家」を用意することになっています。

それも賃貸ではなく、たいていは持ち家です。

日本ならローンを組んで何年もかけて買うものを、結婚時に用意する必要があるのです。

家具は男女で分担が分かれているケースが多いですが、ベッドやテーブルなど大型家具はたいてい男性側の負担です。

中東の国ヨルダンでは、家具もすべて男性が用意します。

結婚時にマフルを払う

さらに男性は女性に「マフル」(婚資金)を払います。

これは日本では結納金のように訳されていることが多いのですが、具体的には花嫁への贈り物です。

花嫁側ではなく花嫁個人に贈られるもので、結婚後は彼女の個人財産になります。

このマハルは国によって違いがありますが、月収の数十倍になる場合もあり、結婚に際しての男性への金銭的負担はかなりのもの。

結婚資金を貯めるためにサウジアラビアや湾岸諸国に出稼ぎに行く男性もたくさんいます。

離婚の慰謝料を決める

イスラムの結婚では、離婚時の慰謝料をあらかじめ決めておきます。

先ほど書いたマハルには「前払い」と「後払い」があり、後払いがこれにあたります。

離婚した場合に夫が妻に払うお金です。

女性が離婚後に生活に困らないためのものです。

そして「後払い」は「前払い」より高額なのが普通です。

お金がない男性は、離婚も簡単にできないシステムになっているのです。

イスラムの法では離婚する場合、男性の側は女性に生活の補償を与えることを義務づけているし、また女性の側からも離婚の申し立てをすることができる。これも当時の世界では他に類を見ない女性尊重である。

イスラム教団が短期間にして、あれだけの急成長を遂げた背景には、こうした平等思想があったと見る学者は少なくない。

アッラーの前には富貴の差も、男女の差もないととく教えが、当時の人々意にとってどれだけ衝撃的で、威力的であったかは想像にかたくない。

(「日本人のためのイスラム言論」)

「結婚する前から離婚のことを決めておくなんて縁起でもない」と日本人なら思いがちです。

しかし男女の愛ほどアテにならないのも、また事実。

現に離婚して慰謝料や子供の養育費を受け取れない女性は多いと聞きます。

「あからさまにお金のことを話題にするなんて‥‥」
と思いますが、大事なことだからこそ、うやむやにしないのです。

この「前払い」「後払い」のマフルの額は、結婚契約の際に、新郎新婦の親同士が決めます。

本人同士はたいてい「結婚だ!」などと心が浮かれているため、冷静な話し合いができないからです。

生活費は夫の負担

イスラムでは結婚したら夫が家計を担う義務があります。

聖典コーランにはこう書かれています。

 『アッラーはもともと男と(女)の間には優劣をおおつけになったのだし、また(生活に必要な)金は男がだすのだから、この点で男のほうが女の上に立つべきもの』

(4章34節)

「男が上」とありますが、これは肉体的な優劣のこと。

男性の方が体力がある。だから「男が稼げ」となったわけです。

イスラムでは男女平等が基本理念です。男女は平等だが違うもの。その違いに応じた役割があると考えるのです。

「生活費は、すべて男性の義務とされているから、仕事を持っている女性はもちろんのこと、一般に「女性の方が金持ち」だといわれる。

家族の経済生活は男がうけもつこととされ、これもイスラームにおいて法律上の義務としてとりきめられた。

家族の生活を保証できなければ、多額の費用がかかるメッカへの巡礼も、してはいならないと禁止されている。」

(「イスラームの日常世界」)

だから専業主婦が変な引け目を感じることもありません

もちろんイスラム圏でも最近は物価が高騰し、妻も働いて家計を助けるケースももちろんあります。

しかしそういう事情がなければ、女性は働かなくてもいいし、働いても家にお金を入れる義務はありません。

 

イラン人男性と結婚した日本女性から「夫が家にお金を入れてくれない。離婚したい」と相談を受けたことがあります。

日本の場合、男が家族を養うのはあくまで慣習。

しかしイスラムでは神の命令です。

そのイラン人男性は「神の命令」に反していることになるのです。

これでは女性ばかり得をする?

代わりに出産・子育てという仕事があります。

イスラムでは上に書いたように、男女の違いと、それに応じた役割分担を重視しています。

男は外で働き、女性は家で家事と育児をする。
(この点、一昔前の日本と似ています)

だから子供が産めない女性は、肩身のせまい思いをします。

場合によっては離婚というケースも。

イスラムでは子作りを重視しているからです。

女性が収入が上でも夫が生活費を負担

イスラムでは女性が働くことを禁止していません。

そして妻の方が収入が多くても、夫が家計を負担します。

知人のパキスタン女性は、ある金融関連会社の取締役。月収は約100万円です。彼女の夫は銀行員で月収70万円。それでも生活費を負担するのは夫です。

(参考:パキスタンの働く女性インタビュー(3)投資銀行の経営責任者

彼女はそのお金で趣味のアート作品を買ったり、子どもや自分の両親へのプレゼントを買ったりするそうです。

他にも女性たち数人にインタビューしましたが、「家計を支出するのは夫」という答えは同じでした。

「1962年にエジプトには、すでに女性大臣が誕生しているが、彼女は「夫の収入より、自分の方が多いけれども、家計はすべて夫がまかないます。それは、イスラームにおける男の義務だからです」と話していた。

(「イスラームの日常世界」)

もちろん彼女たちのように恵まれた環境にいる女性がすべてというわけではありません。

妻が家計を助けるために働きに出ざるを得ないケースも少なくない。

しかしそれは多くの場合、女性の自主的な意思で働きに出ているのであって、夫が無理やり「お前も働いて家に金を入れろ」と要求しているケースは極めて少ないです。

妻が外で働くことに引け目を感じる男性も大勢います。自分に家族を養う力がないと世間に公表することになるからです。

 

イスラムの結婚について興味がある方の参考になれば嬉しいです。

 

【関連記事】イスラム教の結婚について知りたい方は、こちらもどうぞ。

【永久保存版】イスラムの結婚ルールとは? 

イスラム教では結婚は 「契約関係」として扱い、契約書を作成します。

イスラム教徒が語る幸せな初夜と幸せな結婚観 

イスラムでは婚前交渉はご法度。顔を見ない結婚もあり。しかしなぜか結婚後はラブラブ。

 

★イスラムの結婚・女性などについて、こちらの本で詳しく解説しています。ぜひお読みください。

イスラム流幸せな生き方』
なぜ世界でイスラム教徒が増え続けているのか?その魅力を中学生でもわかるように易しく書いた本。この一冊でイスラムのイメージが変わります。

日本人のためのイスラム言論

ソビエト連邦の崩壊を、その崩壊10年前に予言した社会科学者・小室直樹氏による本。

イスラム教は男女平等を説いた宗教」「イスラム教は欲望を禁止しない」など、日本人にありがちなイスラムに対する偏見を正し、その本質を正しく理解させてくれる本です。

 

『イスラームの日常世界』 

女性民族学者・片倉もとこ氏によるイスラム教徒の生活を紹介する本。

ともに暮らしたサウジアラビアとそれ以外のイスラム世界のイスラム教徒との交遊も豊富で、イスラム教徒の暮らしぶりについて包括的な知識を得ることができる。

特にイスラム女性とその暮らしについて知るには最適の書

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA