2020-08-10

聖職者の性的虐待はイスラム教社会において存在するのか?

聖職者の性的虐待

エジプトのコプト教会の神父。

カトリックの聖職者の性的虐待が世界的に問題になっていますよね?

バチカンでローマ法王が謝罪してましたけど。

チベット密教や仏教でも聖職者のそういった犯罪はあるようです。

イスラムでは聖職者の性的虐待とかありますか?

こんな質問をいただきましたので、お答えします。

この記事を書いている私は、これまで20年以上イスラム圏を取材し、「イスラム流幸せな生き方」など多数の本を出版しています。

この記事では、イスラム教の聖職者に性的虐待はあるのか?イスラム教とキリスト教の性に対する考え方の違いなどを、わかりやすく紹介します。

イスラム教には聖職者がいない

イスラム教では聖職者の性犯罪はありません。聖職者がいないからです。

聖職者的な仕事をする人はいます。モスクで礼拝の導師をしたり(イマーム)や、宗教に詳しい学者(ウラマー)などです。

しかしあくまで一般人で、聖職者のような「特別階級」の人ではありません。

預言者ムハンマドはただの一般人です。

キリスト教ではイエスに神聖を認めますが、これがイスラム教徒の大きな違いです。

ムハンマドは尊敬の対象であっても崇拝の対象ではありません。

(参考:イスラム教の特色①信徒間の平等/ 聖職者がいない) 

イスラム教の性に対する考え方は?

「性」への考え方が、イスラム教とキリスト教の大きな違いです。

キリスト教は「食欲、金銭欲、性欲をなるべく控えよ」が教えです。

聖俗を分けて考え、「聖は俗より上」です。

カトリックの聖職者は結婚が禁じられています。

聖なる領域を司る聖職者は、俗なセックスや夫婦関係にまみれるべきではない、という考えなのでしょうか。

それでも困らない人が聖職者になるのでしょうが、やはり人間は欲望を持つ存在、時にはムリも生じるでしょう。

イスラムでは人間が本来持つ欲望(食欲、金銭欲、性欲)を否定しません。

コーランには性交について多く記述があります。

(参考:イスラムのセックスや性生活のルール。体位に決まりはある?禁止事項は?

俗の領域も宗教の領域なのです

性を後ろめたいものとする考えはありません。

ある遊牧民の夫婦と話していたときのことです。

夫に「日本では妻が病気でセックスできない場合、どうするのか?」と聞かれて、私が「夫が我慢するか‥」と返事をすると、「それはハラーム(宗教的に許されない行為)!」と強く言われたのには驚きました。

「ハラーム!」と言ったのは女の方です。

イスラムでは性欲を我慢するのはよくない行為なのです。

楽しむなら一定のルールのもとで

性欲を満たすことは大いに奨励しますが、ただし夫婦の間だけです。

イスラム教は婚前交渉が禁止されており、性に厳しいイメージがあるかもしれませんが、ルールを設けているだけです。

ヤるなら夫婦の間だけにしろという。

夫婦外の関係では、望まない妊娠を招いたりと問題が起こるうるからです。

家族に価値を置いているためでもあります。

婚外交渉は、家族の価値を破壊する行為。だから禁止したのです。

 

つまりイスラムの考え方は、「食欲、金銭欲、性欲などの欲望は大いに満たされるべき、ただしそれには一定のルールのもとで」です。

人間は弱い生き物だから、無制限に欲望を満たせるとなると、あちこちの女に手を出したり、酒乱になったり、富の偏在が起こるからです。

そういうわけで、ルールを設けています。

・「金儲けも大いにけっこう。ただし儲けたらそのぶん、少し貧しい人に与えろよ

・「セックスも大いにやれ、でも夫婦の間だけにしろ」

・「神が与えてくれた食物を大いに楽しみなさい、ただし死肉などは食べるな

(上記、詳しくは「イスラム教のルールは厳しい?その教えは人にやさしく合理的」をお読みください。)

 

車の運転にもルールがあります。野球やサッカーにもルールがある。

ルールがあるからこそ、楽しめます。

セックスを含む人間生活にもルールがあって当然、というわけです。

 

性については、誰とでもやれる状況に比べれば、たしかに不自由です。

しかし100%の自由が人間にとって良いことなのかどうか?

も考えてみる必要があります。

有り余る自由が人間を本当に幸福にするのか?ということを。

 

【参考図書】

イスラーム ヴェールの向こう

20年間にわたり取材したイスラム女性たちのリアルな日常を紹介。モロッコ、チュニジア、エジプト、イラン、パキスタン、モルディブ‥‥。歌あり踊りありデートあり。「抑圧」などメディアによって作られたイメージと違う、生き生きした女性たちの実像を紹介します。

【関連記事】

【厳選】イスラム教初心者におすすめな本

 

 

 

関連記事
error: Content is protected !!