婚前交渉禁止のイスラムは「禁欲的」な宗教なのか?

イスラムでは結婚前の男女付き合いは禁止。男女がつき合うのは結婚が前提です。

女性は外出時に肌の露出をひかえることになっています。

ラマダン。一ヶ月の間、日中は飲み食いできません‥‥。

だから「イスラムはなんて禁欲的な宗教なんだろう」。
そう思われる方も多いことでしょう。

果たしてそうでしょうか?

各種の予測によれば、イスラム人口は増え続けていて、2050年には世界の3人に1人はイスラム教徒になるそうです

人に苦行や禁欲を強いるばかりの宗教なら、これだけ信者が増えるでしょうか?

禁欲ばかりしていて、子どもがどんどん増えるでしょうか?

実はイスラムは、人々の欲望を大いに認める、人にやさしい宗教なのです。

そこにイスラム教徒が増え続ける理由があります。

イスラムは性に厳格?

婚外交渉を厳しく禁じるイスラムは、性に厳格であり、禁欲的なイメージがあります。しかし果たしてそうでしょうか?

夫婦の性を奨励

イスラムでは夫婦の性生活は善行とされています。

 
『夫婦が情愛を交わせば、報償としてアッラーのお恵みが与えられる。禁じられた性にうつつを抜かしていれば罰せられるように』

(『ムスリムのハディース』)*「ハディース」とは預言者ムハンマドの言行録。イスラム教徒は、ムハンマドの言行を手本としています。

「善行」とは宗教上の良い行いのこと。夫婦に対して積極的に交わるように勧めているのです。

これは「禁欲」とは言えないでしょう。

宗教において「性」について扱うこれがイスラムの最大の特徴です。

「禁欲を尊んだ初期キリスト教の父祖たちとちがって、(預言者)ムハンマドはセックスが人生最大の喜びのひとつで、結婚は男女を不審心な交から守ってくれると考えた

そこで、彼は信者に結婚をすすめた。
彼はこう宣言した。そこで、イスラム社会では、禁欲はないことになった。

(『愛はなぜ終わるのか』)

夫婦という「安定した関係」の中で性を楽しむために、イスラムでは結婚前の性交渉を禁じたのです。

イスラムでは、「性」を非常に大切なものと考えるからです。

日本では性は大切にされていないため、町中に性が氾濫し、だれとやるのもOKなのです。

セクシー下着は風物詩

 

イスラムの女性下着

下着ショップのショーウィンドーを見入る夫婦

イスラム圏の町中を歩いておどろくのは、セクシー下着ショップが当たり前のようにあることです。

日本人ならとても正視できないような下着が、堂々と売られています。しかも目抜き通りに。

これらの下着は、結婚したマダムのものです。

夫婦の夜を楽しむために、セクシー下着は欠かせません。

夫婦のセックスは「善行」ですから、セクシー下着も宗教的に全く問題はなく、むしろ大いに奨励されるべきものなのです。

初夜のベッドに花を飾る

以上のように、イスラムでは性について「恥ずかしい」、「汚らわしい」などの考えはありません。

神聖なもの」「素晴らしいものなのです。

イスラムの結婚式の初夜

チュニジアの結婚式における初夜のベッド。姉たちが結婚する妹のために、初夜のために飾り立てる。

結婚式の初夜には、夫婦のベッドを花やキャンディーで飾りたてます。

これはインドネシアやマレーシアなどアジアのイスラム圏でも同様です。

初夜は初めて2人が結ばれる神聖な夜だからです。

寝室の「お披露目」は、結婚式の時だけではありません。

ふだんでも、イスラム圏の家に招待されると、美しく飾り立てられた寝室を自慢げに見せられます。

ベッドが花柄のベッドカバーで美しく飾り立てられていたりします。寝室は家の中でも一段と「力」が入っている場所です。

それを他人に見せることに躊躇はありません。

以上のように、イスラム圏では日本と性の考え方が対照的です。

日本は婚前交渉は自由、性風俗産業が盛んで、一見「性にオープン」なように見えますが、反面「性=汚らわしいもの」というネガティブな考えがあります。

イスラム圏にはこういう考えはありません。性はあくまで「素晴らしいもの」「神聖なもの」なのです。

女性の服装

以上、セックスについて見てきましたが、女性が肌や髪を隠すことについては、どうでしょう?

たしかにこれは女性の自由を制限しているように見えます。「禁欲的」と言えなくもありません。

しかし女性たちは家の中では、タンクトップや短パンなど私たちと同じか、それ以上に派手な服装をしています。

「おしゃれをする場所がちがう」だけなのです。

美しさは夫だけに見せる

イスラムでは、女性の美しさは夫など「大切な人」だけに見せるものです
(→「女性は宝石」。イスラム女性がヒジャーブで髪や肌を隠す本当の理由

自分を愛し、大切にしてくれる人だけのために着飾る。

見ず知らずの男の目を楽しませるものではありません。

肌を隠すメリット

肌の露出を控えることで、痴漢にあう確率も減ります。

社会生活では、女性は外見で判断されずに実力で勝負することができる。

男性にジロジロ見られる機会が減り、のびのびと暮らすことができます。

外では黒づくめ。でも家の中では愛する人のために思う存分に着飾る。

これこそが真の意味でのおしゃれではないでしょうか。

 

ラマダンは苦行?

ではラマダンはどうでしょう?

一ヶ月も断食する。日中だけとはいえ、これはかなりの苦行です。

しかし日没後は、毎日宴会です。食卓には普段より豪華な食事が並びます。

昼間断食しているから、夜は豪勢なものを食べたいというのは当然の心理。

そのためラマダン中はかえって太ってしまう人が多いのです。

断食した後だからこそ、食事の美味しさが何倍にも増すのです。

天国では処女が待っている

イスラムでは、人は死後天国か地獄に行くことになっています。

その天国と地獄の描写がコーランにありありと描かれており、天国はまさに官能の世界です。

 『一段高い臥だいがあって(そこで天上の処女妻たちと歓をまじえる)。

我ら(アッラー)が特に新しく創っておいたもの、この女たちは(地上の女のように両親から生まれたものでなく、この目的のために特別に新しく創った女である)。

特に作った処女ばかり愛情こまやかに、年齢も頃合い

『コーラン』(下)56章34~37節)

 

しかもコーランには、同じような内容が表現を変えて何度も出てくるのです。

「美酒」が飲み放題、「天国の処女」と好きなだけ交われる‥‥

天国に行けば美女が待ってるんだから、生きている間はちょっとは節制しなさいと、

「馬の鼻先に人参をぶらさげる」みたいなものでしょうか。

 

イスラム的禁欲と「快楽」

オンとオフ。これが「イスラム流人生の楽しみ方」なのです。

オンがあるからオフが楽しめる。

ウィークデーに仕事を頑張るからこそ、週末のレジャーが楽しくなる。

もし毎日が日曜日だったら、どうでしょう? レジャーもそのうち飽きてしまうのではないでしょうか。

一定の節制があってこそ、快楽が増すのです。

ラマダン。一定期間食を断つことで、食事の美味しさが一段と増す

セックス。「やりたいけど、できない」という期間があるからこそ、いざ夫婦になった時の喜びが倍増する。

欲望を心から楽しむために、一定の節制は必要なのです。

人生のスパイスです。

節制は、人を美しくもします。

いくら服装が自由でも、パンツが見えるようなミニスカートの女性は美しいでしょうか?

肌の露出をひかえめにすることで、女性らしい慎みや美しさが生まれるのです。

一見禁欲的に見えるイスラムのルールと節制。

それが人生を賢く味う秘訣なのです。

 

【関連記事】

「女性は宝石」。イスラム女性がヒジャーブで髪や肌を隠す本当の理由

日本人が知らないイスラム 

★イスラムの「性」や「結婚」についてイスラム流幸せな生き方』で詳しく紹介しました。ぜひお手にとっていただけると嬉しいです。

★本文中のコーランは、こちらから引用しました。コーランは神アッラーの言葉を集めたもの。その言葉は本文中にあるとおり、本当に味わいぶかい。そしてユーモアにあふれています。

★「愛はなぜ終わるのかー結婚・不倫・離婚の自然史」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です