【完全版】チュニジアの観光・基本情報 徹底ガイド

チュニジア女性

中東でどこの国がおすすめ?と聞かれたら、真っ先に「チュニジア」と答えます。

旅がしやすく、人が親切で温かく、見所も豊富。

旅がしやすい国はイランやオマーンもありますが、チュニジアの「人」の魅力には勝てません。

特に女性が気さくでオープンで温かい。

日本ではまだまだ知られていない「未知の国チュニジア」。

その魅力と観光情報を紹介します。

 

【チュニジアってどんな国?】

チュニジア

チュニジアは地中海とローマ遺跡と砂漠の国です。

リビアとアルジェリアに挟まれ、面積は日本の5分の2くらい。

その小さな中に、ローマ遺跡、サハラ砂漠、地中海リゾート、北アフリカの先住民ベルベル人の古い住居など、見どころがつまっています。

そして北から南まで実に自然や気候の変化に富んでいます。

「近代と伝統の共存」もチュニジアの魅力のひとつ。

1週間続く結婚式では、結婚式の間、花嫁はその地方に古くから伝わる伝統衣装を身に着けます。他の国なら博物館の中にしかないような衣装です。

また同じ北アフリカでも観光地化されてしつこい客引きが多いエジプトやモロッコに比べ、チュニジアの人々はとても素朴です。

気持ちよく旅をすることができまます。

チュニジア

 

 

【チュニジアの治安は?】

 

Tunis 3 チュニジア

チュニスの旧市街のカフェでくつろぐ若者たち。若い男女のデートスポットにもなっている。

2010年12月のジャスミン革命以降、政府が治安対策を大幅に強化したため、治安はかなり回復しています。

革命後に私は何度かチュニジアを旅していますが、危ない目に遭遇したことは一度もありません。

それでも(どこでもそうですが)行く前には必ずニュース等で安全を確認するようにしてください。

チュニジアの女性一人旅

女性の一人旅についても、基本的なこと(人通りの少ない夜道を1人で歩かない・露出の多い服装をさける)に気をつければ全く問題ありません。

ただ男女付き合いが日本ほど自由でないために、外国人女性と見るとナンパしてくる男性も、ごくまれにいます。

安易な気持ちでお茶や食事に付き合うと、「脈あり」と誤解されることもあるのでご注意を。

 

【チュニジアの主な観光地】

シティブサイド

Sidi bou said シディブサイド

シディブサイドの丘から望む地中海

チュニジアで最も美しいといわれる町。

「チュニジアン・ブルー」の青と白で統一された建物が並びます。

チュニスのメディナ(旧市街)

Tunis チュニスのメディナ

メディナ(旧市街)は細い路地に土産物屋、古くからのカフェなどが軒を連ねています。

古都ケロアン

Kairouan ケロアンのモスク

メディナの中心部にあるグランド・モスク。670年に建てられている。

北アフリカにおけるイスラム発祥の地であり、イスラム教の聖地。

街全体が世界文化遺産に登録されています。

ジェルバ島

Jerba ジェルバ島

ジェルバ島の中心フームスークの町のスーク(市場)で買い物する女性。

チュニジアの代表的なリゾート地の1つ。

またイスラム教国チュニジアで唯一ユダヤ人が住む場所。独特の文化があり、女性たちは白いワンピースのような民族衣装に身を包んでいます。

ハマメット

Hammamet ハマメット

ハマメットのメディナの中にあるブリックの店。ブリックはチュニジアの軽食で、クレープの生地の中に卵やツナを入れて揚げたもの。

 

ここもチュニジアを代表するリゾートの1つ。

海のそばのメディナは静かで、可愛らしい雑貨を売る店も点在。散歩するのが楽しい場所です。

タタウィンやシェニニのクサール

Kusar クサール

クサールとは伝統的な穀物倉庫。

北アフリカの先住民ベルベル人が、侵攻してきたアラブ・イスラム勢力から逃れるために建てたものです。

チュニジア南部には150ほどのクサールが残っています。

ドーズ近郊の砂漠

Douz ドウズの砂漠

ドウズは南部のオアシスの町。

町外れに砂丘が広がっています。手軽に砂漠を楽しめる町といえます。

マトマタの巨穴住居

Matmata マトマタ

マトマタ近郊の村に残る巨穴住居には、今でも人が住み続けている。

映画「スターウォーズ」のロケ地となった場所。

ここに地面に丸い大きな穴を掘り、そこから横に穴を掘って部屋にした「巨穴住居」がいくつも残っています。

 

【チュニジア旅行情報】

ビザ

日本人がチュニジアを訪れるには、ビザは不要です。

ただしチュニジア入国時にパスポートの残存期間が、3か月+滞在日数あることが必要です。

行き方

直行便はなく、イスタンブール(トルコ)やドーハ(カタール)、パリ(フランス)などで乗り換えます。

お金

通貨はチュニジア・ディナール(TND)。1TND=約37円(2020年2月現在)。

都市部では日本円の両替も可能ですが、地方では少々難しい場合もあります。

ドルやユーロも持参するのがベターです。

物価

日本の半分くらいです。

節約すれば1人1日50ドルで(それ以下でも)で旅は十分可能です。

地方なら2千円くらいで女性が安心して泊まれる宿があります。5000円も出せば、かなり良いホテルです。

食事はチュニスの定食屋でフルコースを食べて500円くらいです。

言語

公用語はアラビア語(チュニジア方言)。フランス語もよく通じます。

マーケットの野菜売りおじさん、タクシー運転手なども、ごくごく当たり前にフランス語を話します。

英語はあまり通じません。

宗教

国民のほとんどがイスラム教スンニ派。

ラマダン(断食月)期間中は銀行や博物館などは営業時間が短縮されます。

チュニジアはアラブで最も西洋化されている国と言われますが、意外に敬虔な人が多いです。

お酒は飲める?

リゾート地域や観光地のレストランでは飲酒が可能ですが,一般のレストランや公共の場での飲酒は認められていません。

休日

日曜日。この日はメディナ(旧市街)の中の店は閉まるところが多いので注意。

おすすめの旅行シーズン

基本的に10月、11月、2月、3月が過ごしやすい気候。

北部と南部どちらに行くかで違います。

北部の地中海沿いなどは、夏がベストシーズン。

ただしヨーロッパからバカンス客で混み合います。冬は雨が多くなります。

南部の砂漠方面は秋から冬にかけてが気温が下がり、過ごしやすくなります。夏は非常に暑いです。

チュニジア料理

代表的な料理はクスクスやタジンです。

チュニジアでは「ハリッサ」という唐辛子ベースのソースを使うため、同じクスクスやタジンでもモロッコなどと比べてやや辛めです。

Tunisian food チュニジアのクスクス

チュニジアのクスクスの作り方

チュニジアの庶民料理「ラブラビ」
ラブラビ

ひよこ豆がたっぷりと入った上に半熟卵をトッピング。栄養満点。

煮たひよこ豆に、レモンや赤唐辛子、半熟卵などをトッピングして食べるもの。

チュニジア人は、これにパンを細かくちぎって入れます。

パンがスープを吸ってふにゃふにゃになり、これがまたおいしい。

ラブラビの店はたいていの町にあります。

値段も1杯100円くらいと、お財布にもお腹にもやさしいチュニジアのソールフードです。

国内の交通

バスもありますが、町から町への移動はルアージュ(乗り合いのミニバス)が便利。

バスより速いことが多く、乗り心地も悪くない。

南部はバスやルアージュの便が限られています。

時間に余裕のない場合はレンタカーを借りるか、宿泊しているホテルに頼んで車をチャーターするのが良いです。

 

『女ひとり、イスラム旅』

チュニジアを含むイスラム圏の旅行記。チュニジア女性一人旅を計画中の方、旅行情報を知りたい方に最適の本です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA