【イスラム入門書】イスラムを知るのに最適な5冊の本

イスラム初心者に最適」な本を厳選して紹介します。

イスラム入門書は多く出版されているものの、教義の説明が主であったりと、私たちの実生活からかけ離れ、入り込めないものが多いと感じています。

まずは「イスラムとはどういうものか?」が気になる方に、とっておきの良書を取り上げます。

『イスラーム文化』

日本のイスラム研究の第一人者・井筒俊彦氏による第一級の入門書。
イスラムを知ろうと思ったら、まずこの本から入るのが最良です。

経団連の方への講演をまとめたものであり、やさしい語り口調で書かれ、イスラムを全く知らない人でもスムーズに入っていけます。

「宗教」、「法と倫理」、「内面への道」の三部から成っています。
イスラムを真にイスラムたらしめているもの(イスラムは宗教というより一つの文化体系であること、人間生活の日常茶飯事まで宗教の範囲に入りこんでいること、預言者ムハンマドは一般人であることなど)を掘り下げ、とてもわかりやすく解説。

コーランの中身や戒律などの具体的な内容の記述はないものの、イスラムの根底にある思想を知ることができます。イスラムの本質を学ぶには最適な本です。

イスラムの世界的権威が書いた入門書が、文庫でこの値段で手に入るのは本当に素晴らしいことだと思います。

★井筒俊彦氏は日本で最初の『コーラン』の原典訳を刊行したイスラーム学者、言語学者、東洋思想研究者。

『イスラームとコーラン』

イスラムの本質を知るという点では「イスラーム文化」と共通しているものの、こちらの方がより信仰内容が詳しく書かれ、実用的です。

内容は
・「イスラームとは何か」
・「コーランとは何か」
・「コーランのメインテーマ(「唯一なる神について」「最後の審判」「神への感謝」「日々行うべきこと」など)

イスラムの基礎的な事柄をカバーしながら平易な表現で解説。
コーランからの引用も豊富で、優れたコーラン入門書と言えます。

『イスラーム文化』を読んだ後で読むと、より深くイスラムとコーランについて理解できるでしょう。

『イスラームを読む』

『イスラームを読む』

created by Rinker

イスラム研究者であり、ロングセラー『イスラームとは何かーその宗教・社会・文化』(講談社現代新書)の著者による本です。

40年間に渡り様々なイスラム世界を訪れてきた著者が、その経験を交えながら、イスラムの各要素をわかりやすく解説。

それらは「コーラン」「モスク」から始まり、「子づくり力」「乞う者の権利」「男女の結びつき」など多岐にわたります。

「大事なのは、現地の人々と付き合い、彼らの話をきくこと」と前書きにあるとおり、現地のイスラム教徒たちの生き生きとした暮らしぶりが描写され、単なる宗教入門書にはない親しみがあふれています。

添えられた写真も非常に魅力的。

『イスラームとは何かー』を書いた当時は、ムスリム人口の6分の1だったが、今日では4分の1、そして21世紀半ばには3分の一になると予測されるそうです。

日本人のためのイスラム言論

ソビエト連邦の崩壊を、その崩壊10年前に予言した社会科学者・小室直樹氏による本。

「イスラムとは何か?」「コーランとは何か?」といった基礎的な理解から始まり、イスラム教をキリスト教、仏教、儒教などと対比させながら、わかりやすく解説する書。

「イスラム教は男女平等を説いた宗教」「宗教に無理強いは禁物」「イスラム教は欲望を禁止しない」など、日本人にありがちなイスラムに対する偏見を正し、その本質を正しく理解させてくれる本です。

『イスラームの日常世界』

『イスラームの日常世界』

created by Rinker

女性民族学者・片倉もとこ氏によるイスラム教徒の生活を紹介する本。

サウジアラビアの遊牧民と長く暮らした民族学者。

本書では彼女が暮らしたサウジアラビアとそれ以外のイスラム世界、欧米のイスラム教徒との交遊も豊富で、イスラム教徒の暮らしぶりについて包括的な知識を得ることができる。

特にイスラム女性とその暮らしについて知るには最適の書。

本書によれば、「イスラム世界では家計はすべて男性の役目。働いている女性も家にお金を入れる必要がありません」とのこと。

そのため一般的にイスラム社会では「女性の方がお金持ち」なのだそう。

コメントを残す