日本人が知らないイスラム(1)婚前交渉が禁止されたイスラムは「禁欲的」なのか?

イスラム圏の「男女付き合い」とは?

イスラム教徒にとって、結婚前の男女付き合いは、原則認められていません。男女が合うのは、必ず結婚が前提。「婚約」しないと会えないのです。

男女の交わりは夫婦だけに許されています。日本のように「付き合っても結婚するかわからない」状況は、向こうの人にはとても理解しがたいこと。

また女性は外出時に肌を見せません。
だから「イスラムは禁欲的だ」と思われているようです。

ところで、各種の予測によれば、イスラム教徒の人口は増え続けている。2050年には世界の3人に1人はイスラム教徒になるそうです

禁欲ばかりで、子どもがどんどん増えるでしょうか?

イスラムは性に寛容

「結婚したら大いにセックスを楽しめ」。これがイスラムの教えです。夫婦間のセックスは人生最大の喜び。信仰の一部とまでされている。イスラムは実は禁欲とは正反対。

「禁欲を尊んだ初期キリスト教の父祖たちとちがって、(預言者)ムハンマドはセックスが人生最大の喜びのひとつで、結婚は男女を不審心な交から守ってくれると考えた。そこで、彼は信者に結婚をすすめた。彼はこう宣言した。そこで、イスラム社会では、禁欲はないことになった。」(「愛はなぜ終わるのか」)

子作り目的でなく、性欲を満たすためのセックスも肯定されています。

自己の配偶者との交わりもサダカ(善行)である。教友達は「アッラーのみ使いよ、誰かがただ性欲を満たすために行っても報酬はあるのですか」といった。み使いは「もしそれが不法に行われたとすれば、その者は(精神的な)重荷を負った、とは考えないのか。同様に、もしそれが正当に行われたとすれば彼には当然報酬がある」と申された。」(「サヒーフ ムスリム」133~134ページ。
(「サヒーフムスリム」とは、イスラム教の預言者ムハンマドの言行録の一つで、信者の行動の手本になるもの。)

宗教が「性」について扱う。日本人にはなじみのない考え方ですが、これがイスラムの最大の特徴なのです。

女性の性欲を認める

イスラムでは女性にも性欲があることを認め、それを満たすことを奨励しています。

「預言者ムハンマドの時代、ある男性イスラム教徒は昼も夜も礼拝や断食などに明け暮れていて、妻をほったらかしにしていました。妻から不平を聞いた預言者ムハンマドは男性に「あなたは妻の相手をする義務がある」と述べました」(イスラム世界の人生相談)

女性の性欲について、あってないフリする日本とはだいぶ違います。

「キリスト教も、明治以降の日本も、女性が快楽を得ることに対して抑圧的な態度をとったことを思うと、イスラムの性観念のほうが、はるかに男女の平等性を担保していることになる。」(「イスラム-癒やしの知恵」165ページ)

初夜のベッドに花

このように、イスラム圏では、性について「恥ずかしい」とか「汚らわしい」といった考えはありません。

たとえば結婚式。あちらでは初夜が最も大事なイベントなのですが、このとき新郎新婦のベッドを花やキャンデーでかざり立てます。
25825589_255953チュニジアの結婚式で、新郎新婦のベッドをハートマークで飾り付ける新婦のお姉さんたち

インドネシアやマレーシアなどアジアのイスラム圏でも、同じように寝室を「おひろめ」するそうです。

「2人の夜を楽しんでね」という周囲の温かなまなざしがあります。
日本だったら、ちょっと恥ずかしくて、こんなことできませんが。

セクシー下着は必須アイテム

イスラム圏でよくあるのが、セクシー下着ショップです。
053ピンクのシースルーのベビードール、フリルレースの真っ赤なパンティなどを身につけたマネキンが、ショーウィンドーに平然と陳列されている。

まるでアダルトショップ顔負け。日本人の感覚では、正視するのがはばかられますが、向こうの男女にとっては、まったく普通なことです。

この下着は主に結婚した女性のもの。上に書いたように、夫婦のセックスは神がすすめるところで、夫婦の夜を楽しむのに欠かせないのがセクシー下着。宗教的には全くノープロブレム。むしろ大いに奨励されるべき?ものだったりします。

ちなみにエジプト人の男友だちに「ああいう下着見て欲情したり、恥ずかしい気持ちになったりしないの?」と聞くと、「どうして?普通じゃん」と、こちらの質問の意図すら理解できない様子でした。

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

記事に共感していただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださると、更新の情報が受け取れます。また読んでくださると嬉しいです。

follow us in feedly