ウラマーとは?イマームとは?2つの違いとは?

ウラマーとイマーム

オマーンのサラーラにあるモスク。小さく見える白い服の男性がモスクのイマーム。

イスラムにウラマーという人がいるそうですが、偉い人ですか?

どんな役目をしているんですか?

イマームとウラマーの違いは何ですか?

そんな疑問にわかりやすく答えます。

この記事を書いている著者は、イスラム入門書『イスラム流幸せな生き方など多数の本を出版しています。

ここではウラマーの意味や役割、イマームの意味と役割、それぞれの違い、さらにウラマーの中で最も多いイスラム法学者にインタビューした記事をご紹介します!

 

ウラマーとは?

ウラマーとはイスラム学者のこと。

具体的にはイスラム法学者、神学者、コーラン解釈の専門家、ハディース学者などです。

現在は宗教系の大学や学部を卒業している人が多いです。

他の宗教でいえば「聖職者」に近い存在。

ただしイスラム教には聖職者階級はないので、僧侶や神父、牧師などとは違います。

偉いか?といえば、イスラムの知識をたくさん持ってはいますが、身分的に偉いわけではありません。

ウラマーで一番多いのが法学者です。8割くらいを占めています。

だからウラマーといえば、一般的には「イスラム法学者」のことを指します。

シーア派の場合、ウラマーのことを「モッラー」といいます。

イマームとは?

スンニ派ではモスクの礼拝導師のことです。礼拝を先導したり、モスクの管理、金曜日の説教にあたります。

ウラマーがイマームを兼ねていることもあります。

シーア派では、ムハンマドの従兄弟で女婿であったアリーの直系子孫から選ばれる指導者のことです。

つまりトップに当たる人のこと。

イスラム革命の指導者だった故ホメイニ師も、イマームと呼ばれていました。

つまりイマームの意味するところは、スンニ派とシーア派で大きく違うのです。

イスラム法学者(ウラマー)の役割

ウラマーとは一般的に「イスラム法学者」のことを指すと書きましたが、その役割を具体的に言うと?

「人々のよろず相談所」がイメージに近いでしょう。

人々が日常生活で判断に迷った時、ウラマーにたずねるのです。

「インターネットでエッチな画像を見ることはイスラム的に良いか悪いか?」などです。

自分の行いがイスラム的に正しいかどうか、イスラム教徒の人たちはいつも気にしています。

その答えはコーランやハディース(預言者ムハンマドの言行録)に書かれていますが、書かれていないこともある。

コーランやハディースがが書かれたのは7~8世紀です。

当然、現代はその時になかった状況も生まれています。

そういったとき判断に迷って、人々はウラマーに答えを求めるのです。

ウラマーはコーランやハディースを参照したり、過去の学者の意見を参考にしながらアドバイスをします。

「鼻の形が気に入らないけど、整形しても良いか?」

「主人が家にお金を入れてくれない。どうしたらいいでしょうか?」

「女の子がいるが、割礼した方がよいでしょうか?」

「私は妻も子供もいるが、最近職場の若い女性が気になってしまいます。私は悪いムスリムでしょうか?」

こんな質問が寄せられます。

いわば日本の新聞やラジオの人生相コーナーのよう。

ところで、ウラマーは「イスラム法学者」と書きましたが、つまり「イスラム法(シャリーア)」を扱う学者のことです。

イスラム法は、日本の法律よりかなり広範囲です。(参考:シャリーアとは?)

宗教のことだけでなく、結婚、相続、商売、取引、社会関係、衣服や挨拶の仕方など人間生活のほとんど全てを扱います。

もちろん今はどの国でも近代法が導入されていて、全ての領域でシャリーアを適用するわけではありません。

しかし結婚、離婚、遺産相続など私的な領域はシャリーアを適用します。その判断を下すのが、イスラム法学者です。

シャリーアは日常生活のかなり広範囲にわたる。だから社会的需要も多く、そのためにイスラム法学者がたくさん必要とされるのです。

ウラマーに質問してみよう!

ウラマーはモスクや自宅で人々の相談にのります。

素晴らしいのは、その相談は「無料」だということ。

今なら電話やインターネットで相談を受け付けているウラマーもいます。

かくいう私も、ウラマーにイスラムについて質問したことがあります。

その時の様子を、少し長いのですが引用します。

話はエジプトです。エジプトではウラマーのことをシャイフということがあります。

シャディアの家から歩いて10分ほどの住宅街の中にあった。隣には彼が毎週金曜日に説教を行うモスクが建っている。

 私はさっそく、自分のノートに記した質問事項の一つ目からシャイフ(ウラマーのこと)に聞いた。

「イスラム教徒の女性は、夫が外出するなと言ったら外出しないそうですが、イスラムでは、なぜそう教えているのですか?」

 シャイフはゆっくりと、よく通る大きな声で話し始めた。

「女性は金のようなものです。高価なものを持っていたら、家において大切にしますね。むやみやたらに外に出さない。夫が妻のことを愛し、大切にしていたら、同じような扱いをします。イスラムは、妻を宝物のように大事にしなさいと教えています。男は外出します。なぜなら家族のためにお金を稼がなければならないからです」

「でも女性も働くことはできるのですか?」

「夫婦で話し合って合意すれば、できます。イスラムは、女性が働くことを禁止してはいません。イスラムでは、家庭生活の金銭的負担は、すべて男性が受け持ちます。女性は働いても働かなくても自由です。家にお金を入れる必要がありません。だから相続権は男性の半分なのです」

「ここでは、男女が結婚前に2人だけで会うのは難しいですね。それはなぜですか?」

「女性は宝石のようなものです。結婚もしないのに男と外出するのは心配です。男女が結婚前に一緒に寝て、女性が妊娠し、男が逃げてしまうこともあります」

「質問は変わりまして、シャイフ、なぜ女性は、生理中に礼拝してはいけないのでしょう? 生理中の女性の体は汚いのですか?」

「腹痛があるし、疲れているからです。正常な状態でない。女性の体を気遣う教えです」

「でも生理の血は汚いのでしょうか?」 

「良くない成分も含まれているから、外に出されるのです。でも体の中を流れている血液は汚くはありません」

「結婚したら、女性は体中の毛を剃りますね。これはイスラムの教えですか?」

「違います。でも毛を剃った方が美しいし、香りも良くなる。美しくきれいになりたいと思う女性はやります。ただハディースには、陰部と腋毛は剃るべきだと書いてあります(11)。ここに毛があると雑菌が入りやすく、良くない香りが生まれやすくなります」

 シャイフからは流れるようによどみない返事が返ってくる。

「イスラム教徒の女性は、出産の時に男性の医者に行ってはいけないと聞きましたが、本当ですか?」

「男でも女でも問題ありません。ただ、イスラム教徒の方が好ましいとされています。イスラム教徒の女性への接し方をよくわかっているからです。また生まれた赤ん坊の耳元でコーランを唱えれば、バラカ(神の祝福)があり、良いイスラム教徒になると信じられています。イスラム教徒の医者がいなければ、キリスト教徒でもかまいません」

「妊娠している女性が、お腹の赤ん坊の性別を知るのは、ハラームになりますか?」

「ハラームではありません。ただ、男女の産み分けを人為的に操作するのはハラームです。神の意志に反するからです」

「ところで、イスラムでは男性は4人妻を持って良いとされていますが、それは預言者ムハンマドの時代の社会状況を反映したもので、今の社会には合わないのではないですか?」

 私は次々と話の流れを無視して質問し、内心、彼の気を悪くしないか冷や冷やする。

(『女ノマド、一人砂漠に生きる』)

 

 

といった具合に、ウラマーは私の質問にスラスラと答えてくれたのでした。

【関連記事】

★イスラム教徒は?初心者にも100%わかるよう優しく解説します。
イスラム教とはどんな宗教?を簡単にわかりやすく解説【初心者歓迎】

★コーランの著者は神、アラビア語からの翻訳は不可など「日本人が知らない」事実をわかりやすく解説。
聖典コーランとは?日本人が知らない真実」

【イスラム教を学ぶ入門書】

【厳選5冊】イスラム初心者におすすめな本

★『イスラム流幸せな生き方

中学生でもわかるようにやさしく書いたイスラム入門書です。世界でなぜイスラム教徒が増え続けているかがわかります。これ1冊でイスラムのイメージが変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA