イスラム教を簡単に言うとどんな宗教?【日本の道徳に似ている】

イスラム教徒はどんな宗教?

イスラム教はどんな宗教ですか?

わかりやすく説明してもらえませんか?

そんな疑問に答えます。

この記事を書いている私は、イスラム入門書『イスラム流幸せな生き方など多数の本を出版しています。

イスラム教とは?日本の道徳のようなもの

イスラム教は「生活のルール」という側面があります。

(→イスラム教の特色②生きるルール:聖と俗を分けない

コーランには礼拝など宗教的なことから、商売、結婚、相続、人間関係まであらゆることが書かれています

日本の「道徳」のようなものもあります。

「親孝行せよ」、「嘘をつくな」、「人を殺すな」などです。

コーランにおける「10の命令」と言われるものがあります(第6章151~153節)。

「人として大切なこと」を説いたものです。

1 アッラーの他に一切の神を認めないこと

2 両親にやさしくすること

3 いくら貧乏でも自分の子供を殺さないこと

4 性的な不品行なことに近づかないこと(婚外交渉など)

5 人を殺さないこと

6 孤児の財産を守ること

7 商売において計量をごまかさないこと

8 公正な発言をすること

9 神との契約を履行すること

10 イスラームとの教えに従うこと

この他にもコーランには「人生訓」とも呼ぶべきものがたくさんあります。いくつか例をあげます。

貧しい人を助けよ

「(あなたがたの良い施しは)アッラーの道に、専従しているため、大地を闊歩できない困窮者のため」

(2章273節)

情けは人のためならず

「あなたがたが施す良いものは、みなあなたがた自身のためである。」

(2章272節)

お金を使う時のマナー

「金を使うにも、浪費せず、かといってけちけちするでもなく、その中間をいく」

(25章64節)

←お金をつかうときは、むだつかいせず、ケチケチせず、「ほどほど」がいい。

あいさつについて

「誰かに丁寧に挨拶されたら、それよりもっと丁寧に挨拶し返すか、せめて同じ程度の挨拶を返せ」

(4章88節)

公衆でのエチケット

「あなた方が互いに大声なほどには、かれに大声で話してはいけません。自分の善行が知らないうちに帳消しにならないために。」

(49章2節)

←まわりにひびきわたるような大きな声で話さないようにしよう。

足を知る

「何事も規(のり)を越してはいけない。アッラーは規を越す人を好み給わぬぞ」(5章87節)

 

いかがでしたか?

日本人にもけっこう「しっくり」くるのではないでしょうか?

イスラムを信じるとは、よりよく生きることと言っても良いかもしれません。

以上、「イスラム教ってわかりにくい」という方の参考になれば嬉しいです。