コーラン日本語訳を読むための予備知識

コーラン日本語訳を読むための予備知識

コーラン日本語訳は読破するのに予備知識は必要でしょうか?

中学生や高校生にも理解できる内容ですか?

コーランの教えを簡単にまとめた書物はありますか?

そんな疑問にわかりやすく答えます。

この記事を書いている私は、イスラム入門書『イスラム流幸せな生き方など多数の本を出版しています。

 

イスラム教のエッセンスが凝縮されたコーラン。イスラムを知るにはコーランを読むのが不可欠です。

が、その日本語訳でさえ、いきなり読もうとして読めるものではありません。

なぜならとても難しいから。コーランは普通の書物ではありません。

内容も構成も表現方法も、日本人になじみのないものばかり。

読む前に知っておくべき事柄があり、これを知らずに読むと、あれ?ということになります。

コーランの基本は「コーランとは?日本人が知らない真実」でお伝えしたので、

ここでは、日本語訳を読むための事前の予備知識、おすすめの入門書などを紹介し、コーラン読解にスムーズに入っていけるお手伝いをします。

コーランがわかりにくい理由

なぜコーランが難しいのか?以下がその理由です。

状況説明がない

コーランは全文「神の言葉」ですが、その発言の状況説明がほとんどありません。

そこで理解に苦しむことになります。

ストーリー仕立てではない。

聖書や小説のように一貫したストーリーがあるわけではありません。

話がコロコロとぶ。

ある内容を話していると思ったら、突然別の内容になります。

各章は時系列ではない

コーランは全部で114章。時代順ではなく、各章に様々な内容が入っています。

だからコーランを最初から順に読んでいくことに、あまり意味はありません。

コーランを読む前の予備知識

これを知っておけば、コーラン日本語訳の読解がスムーズになります。

①コーランのあらすじ 

「神を信じて日々信仰、善行に励めば、最後の審判を経て天国に入れるよ」。

あくまでざっくりですが、これがコーランのテーマです。

話のスタイルは神が語りかけるものです。

その相手は、預言者ムハンマド、信者、人々全般です。

<コーランの内容>

・神(唯一&世界の創造主)

・最後の審判

・人々の生活規範

旧約聖書のストーリー

←これらの詳しい内容は、「コーランとは?日本人が知らない真実」にあります。

②コーランの構成

・全部で114章。

各章に複数の「節」があります。

・「メッカ期」と「メディナ期」

コーランが書かれた時期は、大きく「メッカ期」・「メディナ期」に分けられます。

それぞれで内容や文調も大きく異なります。

メッカ期は終末論的で恐ろしい雰囲気、メディナ期は共同体が出来上がってきた頃で、生活の規範を述べたものが多いです。

時代はメッカ期が先ですが、コーランでは(おおむね)「メディナ啓示」→「メッカ啓示」の順になっています。

・章の長さは様々。

最長は2章(コーラン全体の12分の1に相当)、最短は108章。

長い章は、それぞれの節も長めになっています。

コーランの前の方に長い章が配列されています。

・章の名前

章にはそれぞれ名前がついています。(例:4章=「女性章」)

章の名前は何らかの特徴をとらえたものが多いですが、必ずしも内容と一致するとは限りません。

・重要な章

コーランの中にも、特に重要と言われる章があります。

36章(ヤーシーン章)」は「コーランの心臓」と呼ばれ、全体の内容の3分の1を含んでいると言われています。

③コーラン独特の表現

・主語

コーランの主語は神ですが、その主語は「われ」「かれ」「われら」など変わります。

ややこしいのは、同じ章句の中で「われ」と言ったり、「かれ」になったりすることです。

かれこそは天から雨をふらせる方である。われは水によってすべての(植物)の芽を吹かせ、青葉を出させ、粒々と実った(穀物の)穂を出させる。

「われ」「かれ」は神のことを指しています。

・語りかける相手

 ムハンマド、信徒全体、人々全体です。それぞれ以下のように記されています。

 ムハンマド=「汝は~」「預言者よ」

 信徒全体=「汝らは」「信仰する者たちよ」」

 人間一般=「人びとよ」

・「コーラン」を意味する言葉

文中では、コーランが色々な言葉で表現されています。

「キターブ(書)」「クルアーン(誦まレルもの)「フルカーン(識別するもの)」「啓示」「天啓」「叡智」「規範」「秤」「光り輝くもの」

・「言え~」ではじまる章句

何かについての神の回答や反論です。

・商人言葉

コーランが下された当時のメッカは商業都市だったため、商業言葉がたくさん出てきます。

イスラムでは商売でもうけることは良いこととされています。

「アッラーの啓典を読み、礼拝を確立し、われが恵として与えたものから密かにあるいは公然と施す者は、失敗のない商売を願っている(のと同じである)(創造主章29節)

「商売」は信仰のことです。

「アッラーによい貸付をなす者は誰であろうか。かれ(アッラー)はそれを倍にして返し、さらに気前のよい報奨が与えられる。(鉄章11節)

「貸付」はコーランに12回登場します。

「その日には、アッラーが当然の報酬をあますところなく支払って下さろう」(24章25節)

「最後の審判の日に、天国へ入れてくださるだろう」という意味です。

<コーラン日本語訳を読むための入門書>

まず入門書をしっかり読み、内容を頭に入れてからコーランを読む。これがおすすめの読み方です。そうしないと必ず挫折します。

おすすめの入門書はこちらです。できれば3、4冊を、やさしいものから読むことをお勧めします。「やさしいものから読む」は何かを学ぶ時の基本です。

イスラームとコーラン

最もやさしいコーラン入門書です。

「コーランとは何か」「どのような内容は?」等が読みやすく書かれています。

コーランを知っていますか

作家・阿刀田高さんの楽しいコーラン紹介の本。

ユーモアたっぷりに、時に脱線しながらコーランの内容をやさしく紹介しています。

『クルアーン』語りかけるイスラーム

上記2冊よりさらに深い内容を知りたい人におすすめ。

六信五行など基本的な信仰内容をコーランの章句と照らし合わせつつ学べます。

『コーラン』を読む

イスラム研究の第一人者がコーランの最初の一節を読み解きながらイスラム教とは何かを語った書。

コーランが下された当時の風土と生活にまで視点を広げて解説。

「これ1冊でコーランを読んだのに匹敵する」とも言える充実した内容。

<コーラン日本語訳のおすすめ>

日本語訳のコーラン(翻訳書)には、以下のものがあります。

どれを選ぶべきか?そのポイントをご紹介します。

コーラン(上)(中)(下)

世界的なイスラム研究者である井筒俊彦氏によるもの。1957年に出版され、今でも版を重ねているロングセラー。文庫本サイズで携帯もしやすい。

ただ上・中・下の3冊に分かれているため、やや使いづらさはあります。しかし井筒氏の訳はとても味があり、読み物としてもおすすめです。

コーラン 〈1〉〈2〉

節ごと行が分かれていて見やすいです。

訳も簡潔で読みやすく、上記井筒氏の本より新しい訳を求める方におすすめです。

クルアーン やさしい和訳

1冊にまとめられており、単行本とほぼ同じサイズで利便性が高い。訳もわかりやすいです。

日亜対訳 クルアーン

こちらも1冊にまとめられているもの。中田考氏(イスラム法学者)の訳。ただアラビア語原文を含んでいるために厚さ6cmほどあり、ハードカバーのため重いのが難点。

コーラン研究を志す方やアラビア語の原文も読みたい方向けです。