2016-06-13

陰毛の処理は男女のたしなみ。イスラム圏の脱毛事情

イスラム圏では男女ともアソコの毛を処理するって聞いたけど本当?

それはどうして? お手入れはどうしてる? 

そんな疑問にお答えいたします。

アラブでは昔から「ハラーワ」(キャラメル)というシュガーワックスが使われています。

 

アンダーヘアの処理は男女のエチケット

忘れもしない、私が結婚するとエジプトの友人に告げた時のこと。彼女からかえってきた言葉がこれでした。

「フジヨ、ちゃんと毛を剃った?」

「うん、脇の下とかでしょ」と私。

「ちがうわよ、あそこの毛よ」

 ええ!?

「あそこも剃るの?」

「そうよ。男は毛がきらいなのよ

結婚するイスラム女性は、必ず下の毛の処理するのです。旦那さまへのエチケット。

男性はそんなの気にしないんじゃない?

とんでもない!

ためしに彼女の夫に「毛のある女性はどう思う?」と聞いてみたところ、ものすごーくイヤそうな顔をして「ありえないよ」とボソ。

女性としてのエチケットさ。処理しないなんて不潔だよ。男も剃ってるよ

と聞いて、2度びっくりです。

イスラム圏には胸毛を誇らしけにシャツのボタンの合間から見せている男性もいたりするのですが、アンダーヘアはちゃんと剃っているそう。

大切な夫婦のセックスで、ムダ毛を生やしたままでは失礼なのです。

陰毛のお手入れは信仰の一部 

陰毛を処理することは、イスラム教の教えから来ています。

彼らが日々行いの手本にしているハディース」(預言者ムハンマドの言行録)に「陰毛、脇毛を処理するように」とあるのです。

これは男女の両方が対象。ただし男性は、胸毛、足のすね毛を処理する必要はありません。

なぜこうした内容が規定されたのか?

かつてシャワーや風呂に入れなかった時代、毛じらみにたかられないよう、また体臭をやわらげるためなどの理由があったようです。

実際ムダ毛を処理することで、汗や汚物がたまりがちな部分をきれいに保てるし、性交の際の感染症予防にもなります。

女性は生理中に毛があるとムレの原因になったり、かゆみが出たりすることがありますが、デリケートゾーンを処理することで清潔感をキープできる。

あの部分の処理は、理にかなったものなのです。

それを預言者ムハンマドは体感し、千年以上も前に信者に指示していた。

まさに卓見です!

アラビアンワックス絶大な美肌効果

ではその処理はどうしている? 

アラブで昔から使われてきたのが「ハラーワ」(キャラメル)です。

(アラビア語で「甘いお菓子」)

その名の通り、レモンと砂糖を煮付めた甘いネバネバしたワックスです。

アラビアンワックス」などの名称で薬局などで売られていますが、たいていの女性は家で手作りしています。

材料は水と砂糖とレモンだけ。

まず水と砂糖をフライパンに入れて煮込み、トロトロになってきたらレモン汁を加え、深いアメ色になったら出来上がりです。

これを両手でこねたりして粘着力を出させます。イメージとしては、モチを両手で持ってびよーんと引っ張る感じです。

これを肌にベッタリ力強く押し付け、後でガムテープをはがすがごとく、ベリっと剥がす。

こんな具合ですね↓

思わず「イタッ!」と叫んでしまう痛さですが、これがやがて快感に変わります。

処理した後の肌を触るとスベスベになっている!

ワックスに含まれるのは天然素材だけ。肌にとても優しく、レモンに含まれるビタミンCで美肌効果絶大です。

「カミソリでそったらすぐに毛が生えてきちゃうけど、これならなかなか次の毛がはえてこないのよ」と友人。

ワックスなら毛が根本から取れるのです。

カミソリ負けで肌が荒れたり、かゆみが出ることもありません。

最近は便利なレーザー脱毛などあるものの、今でもハラーワがアラブ女性たちに愛されているのは、こういうわけなのです。

 

イスラム圏の脱毛事情に興味ある方の参考になりましたら嬉しいです。

【参考図書】

イスラーム ヴェールの向こう

20年間にわたり取材したイスラム女性たちのリアルな日常を紹介。モロッコ、チュニジア、エジプト、イラン、パキスタン、モルディブ‥‥。歌あり踊りありデートあり。「抑圧」などメディアによって作られたイメージと違う、生き生きした女性たちの実像を紹介します。

天然のハチミツを使用した脱毛ワックス。これならデリケートな部分にも安心ですね。

 

 

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!