ラマダン イスラム教のラマダン

イスラム圏の旅

イスラム世界から見た日本社会の素晴らしさ

ラマダン イスラム教のラマダン

イランのラマダン風景。断食明けには家族や親戚と揃って食事する。

今回はイスラム世界から見た「日本社会の素晴らしさ」について語ります。

このサイトでは、主に日本人が知らないイスラム世界の良さ、それと比較した日本社会の至らなさを主に書いています。

そのため私が日本嫌いに見えるかもですが、私は日本が大好きです。

海外から日本に帰ると、いつもほっとします。

ちなみに私はこれまで20年以上イスラム圏を旅し、女ひとり、イスラム旅イランの家めし、いただきます!』など旅の本を書いています。

エジプトに暮らしていたこともありますし、一時的に外国に住むのはありだと思います。

が、永住は無理だなと思っています。何より日本が良いからです。

というわけで、今回は、イスラム世界から見た「日本社会の素晴らしさ」について書きます。

一人になれる

日本の良さは、なんといっても一人になれることです。

イスラム社会では、なかなかそうはいきません。

道で出会うと、しばしば地元の人に呼び止められ、「どこから?日本?家によってお茶飲んでけ」となります。

イランのバスターミナルでバスを待っていた時のこと。隣に座っていた若い女性が、携帯電話で誰かと話をしていました。そして突然、携帯を私に手渡したのです。

一瞬何のことかわらず?でしたら、電話に出てみると、相手は男性でした。

「私は彼女の兄です。妹が何かあなたが困っているんじゃないかと心配しています。彼女は英語が話せません。

そこで私に代わりに聞いて欲しいと言っているんです」

こういう具合に、ただぼうっと考え事をしていたくても、なかなかそれができません。

イスラム圏の人は人好き、とても寂しがり屋です。いつも誰かと一緒でいないと寂しくてしかたがない。

昨今携帯電話が爆発的に普及したおかげで、始終誰かと携帯で話しをしています。

そこで一人でいる外国人を見ると、短絡的に「寂しいに違いない」と思ってしまうらしいのです。

「まだ結婚しないの?」と言われない

イスラムでは結婚は宗教における推奨行為。年頃になれば、ほとんどの人が結婚します。

お気楽に独身を貫くのは、なかなか難しいです。

年頃になると周囲がほっておきません。

「なぜ結婚しないの?」「誰か良い相手紹介してあげるわ」‥。

エジプトに暮らしていた時、頼みもしないのに、勝手に相手を連れてこられたこともあります。

独身女性の一人暮らしも無理です。

もしやるとしたら、周囲から間違いなく「売春婦で男を連れ込むのではないか?」と思われます。

日本では女性が一人でカフェに入って、ぼうっとすることもできますし、吸いたいならタバコを吸うこともできますが、あちらではありえません。

アラブイスラム圏のカフェは、外国人用やスタバなど現代風のカフェは別として)男性の場です。

女性がふらりと一人で入ることは、社会の目が許しません。はしたないと思われます。

これは女性差別とは一概に言えない問題で、それについてはここでは詳しく触れません。

とにかく日本は独身女性が気楽に生きていける良い国なのです。

健康的な生活ができる

日本人ほど健康に関心のある国民はいないでしょう。本屋に行けば、『病気にならない~』とか、『100歳まで生きる~』などの本が溢れています。

イスラム圏の人はそこまで健康に関心がありません。

第一の関心事はなんといってもイスラムです。いかに神の意思にそった良い行いをするか、それが最も大事なことです。

そのせいかはわかりませんが、「健康」にはそれほど重きを置いていません。

日本人の感覚からしたら、「そこまで砂糖を入れるの?」「そんなに油たっぷり使って大丈夫?」という状況が、よくあります。

ふだん3杯、4杯飲む紅茶には、コップ1杯にスプーン大さじ3杯くらい砂糖を入れるのはあたりまえ。まるで砂糖水を飲んでいるようです。

料理には、油が浮かぶほど油やバターを入れます。油はたくさん使えば使うほど料理が美味しくなると信じているかのよう(たしかに、そうですが)。

そんな感じですから、しばらくイスラム圏に滞在すると、間違いなく太ります。

また「健康のために運動する」という考えもあまりありません。歩いて5分くらいの距離でも、必ず車・バスに乗ります。

アパートの目の前にマーケットがあっても、階段を降りるのがめんどくさいので、降りないで買い物します。

ひものついたカゴをベランダからするすると下ろし、下にいる野菜売りのおじさんに「トマト1キロちょうだい!」と言うのです。

バスケットには「トマト1キロ分」のお金が入っています。

トマトを入れてもらったら、またするするとひもをひっぱって、バスケットを引き上げます。

そこまでして動きたくないの?と思います。

本に囲まれて暮らせる

本好きの私にとっては、ありとあらゆる日本語の本がふんだんに手に入る日本は、まさに天国です。

日本の1日の出版点数は200点だそうです。

本屋に行けば旅行書、エッセイ、ビジネス書、自己啓発書など、ありとあらゆる本が並んでいる。

イスラム圏では、本といえばコーランです。

それ以外の書物ももちろん売られていますが、イスラム関連の本が多い。それにもちろん日本語の本は売られていません。

オマーンの山奥の村に行った時、そこの村長さんにライブラリーに案内されました。

「おお、こんなところにもライブラリーが!」と喜びました。

が、並んでいる本はほとんどすべて宗教書だったのです。

 

イスラム圏に20年以上通って見えてきた「日本社会の不思議」

 

【関連記事】

★イスラム教徒は?初心者にも100%わかるよう優しく解説します。
イスラム教とはどんな宗教?を簡単にわかりやすく解説【初心者歓迎】

★コーランの著者は神、アラビア語からの翻訳は不可など「日本人が知らない」事実をわかりやすく解説。
聖典コーランとは?日本人が知らない真実」

【イスラム教を学べる入門書】

【厳選5冊】イスラム初心者におすすめな本

★『イスラム流幸せな生き方

中学生でもわかるようにやさしく書いたイスラム入門書です。世界でなぜイスラム教徒が増え続けているかがわかります。これ1冊でイスラムのイメージが変わります。[itemlink post_id=”35125″]

 

関連記事

  1. デーツ(なつめやし)

    イスラム圏の旅

    モロッコ産デーツの買い方と味わい方

    モロッコに来たら、ぜひ食べたいものに「デーツ」があります。別名「なつめ…

  2. インドネシア バンドン

    イスラム圏の旅

    避暑地バンドンの観光やホテルなど<インドネシア>

    インドネシアの避暑地として知られるバンドン。第一回アジア・アフリカ…

  3. インドネシア indonesia-ゴジェック

    イスラム圏の旅

    インドネシアでは「ゴジェック GOJEK」を使いたおすべき

    インドネシアの町中の移動では主に「ゴジェックGOJEK 」を使いました…

  4. イラン女性 チャドル

    イスラム圏の旅

    イランを旅する女性の服装は?【チャドルは不要】

    チャドルを着なければいけないと思われがちですが、そんなことはありません…

  5. イスラム圏の旅

    カイロの伝統的なアイロン店

    カイロの下町「オールドカイロ」地区に今でも残る伝統的なクリーニング…

  6. ロンボク島・テテバト

    イスラム圏の旅

    テテバト村滞在記<ロンボク島>

    ロンボク島のテテバトというリンジャニ山のふもとにある村を訪れました…

最近の記事

  1. エジプト・ソハーグ
  2. oman-game-man
  3. インドネシア ボロブドゥール
  4. サウジアラビアの観光

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  2. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
  3. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
  4. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
PAGE TOP
error: Content is protected !!