クサールの魅力を徹底紹介<チュニジア南部>

 

クサール・ウレド・スルタン

クサール・ウレド・スルタン

サハラ砂漠の入り口にあたるチュニジア南部。

ここでの見所の1つに「クサール(ksar)」があります。

この記事では、クサールとは何か?どんな種類があるかなどについて、詳しく紹介します。

クサールとは

クサール・ウレド・スルタン

クサール・ウレド・スルタン

クサールは伝統的な穀物倉庫です。

北アフリカに以前から暮らしてきた先住民ベルベル人が、侵攻してきたアラブ・イスラム勢力から逃れるために建てたのがクサールです。

そんなクサールは、次のような目的で利用されていました。

・小麦やオリーブオイルなどの収穫物を略奪されないよう保存しておく共同穀物倉庫

・攻撃から身を守る避難場所

・住居

チュニジア南部には150ほどのクサールが残されているそうです。

1つのクサールにはワンルームほどの部屋がいくつも連なり、マンションのような造りになっています。

チュニジアのクサールの種類

クサールには大きく分けて次の2つがあります。

①山岳クサール(山の上に造られた)

②平原クサール(平地に造られている)

それぞれについて紹介します。

 

①山岳クサール:シェニニ、ドイレット、ゲルメッサ、ゴムラッセン

ドウイレット

ドウイレット のクサール

初期のクサールで、10〜12,3世紀、アラブ・イスラム族が侵入してきた頃に築かれたもの。

アラブ勢のの侵攻や略奪を逃れるため、山の頂上付近に築かれました。

(例:シェニニ、ドイレット、ゲルメッサ、ゴムラッセン)

シェニニのクサールは、まだ人が住んでいますが、ドイレット、ゲルメッサは廃墟になっています。

シェニニはレストランがありますが、ホテルはありません。

ドイレットにはホテルがあり、宿泊が可能です。

ゲルメッサはホテル・レストランともありません。

 

②平原クサール:クサール・ウレド・スルタン、メタムール、クサール・ジュムア

クサール・ウレド・スルタン

クサール・ウレド・スルタン

16〜17世紀、アラブ族との対立も薄まると、平原に築かれるようになりました。

山岳部では水や食料を得るのが大変だったためです。

 平原クサールは、倉庫群としてだけでなく、マーケットや社交の場としても利用されていました。

写真の2つのクサール周辺にはホテルがないため、タタウィンの町から日帰りになります。

 

 

【関連記事】

【完全版】チュニジアの観光・基本情報 徹底ガイド

 

『女ひとり、イスラム旅』

チュニジアの一人旅、旅行情報について知りたい方は、こちらの本をどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA