イスラム圏にセックスレスがない理由

イスラム教では、結婚まで基本的に男女交際やセックスはご法度です。

だから禁欲的なように思われていますが、実は違います。

たとえば「夫婦の性」は大いに奨励されています。
(参考:婚前交渉禁止のイスラムは果たして「禁欲的」なのか?

そして、夫婦の夜を楽しむのに欠かせないセクシー下着は非常に重要視されています。

「勝負」下着は結婚後

イスラム教徒の女性たちは、結婚が決まったら夜の下着をどっさり買いあさります。

嫁入り前の女子たちの「マスト・アイテム」です。
エジプトの下着ショップ
「勝負下着」といえば、日本では主に結婚前に着るもの、結婚後はどちらかといえば色気より「実用優先」です。

その点イスラム圏では、結婚後が勝負。日本とは正反対なのです。

シリア人男性と結婚した私の友人は、結婚前に彼のお母さんからピンクや赤のパンティをどっさりプレゼントされたそう。日本人なら恥ずかしくて着られないデザインのモノばかり。

新郎の母親が新婦に下着を買い与えるのは、イスラム圏でよくある話です。

もちろん新婦のお母さんからも、たっぷりと。

「どんどん励んで、早くかわいい子(孫)を産んでね」というプレッシャーをひしひしと感じます。

化粧は夫の前だけ

「寝るときはパジャマを着る」と私がいうと、イスラム圏の女性たちは「信じられない!」と驚きます。

ベッドの中ではセクシー・ネグリジェときまっているからです

外では地味、家では派手。これがあちらの女性のスタイルなのです。

美しさは夫だけに見せるもの。外ではすっぴんで、家の中でバッチリ化粧をするという主婦も多いです。

つまり、イスラム女性のおしゃれは、夫にだけに向けた「集中投資」

日本は、不特定多数の人に向けた「分散投資」。

どちらかというと前者の方が「費用対効果が高い」かもしれません。

顔を見ないで結婚しても「ラブラブ」

イスラムの国では見合い結婚が多く、都市部でも結婚までろくに会ったこともないという夫婦も少なくありません。

でも結婚後はラブラブな生活を送っている。

理由は、まず1つは先に書いた妻から夫への「集中投資」でしょう。

加えて外では黒づくめの女性ばかり。(イスラム圏の女性は外では肌を見せず、黒など地味な色のコートを着ています。)

‥とくれば、自分の妻が美しく見えてしまうもの。

さらに婚前セックス禁止ですから、晴れて結婚したらセックスレスになっている場合じゃありません。

そしてすぐに子どもができる。

日本では婚前セックスは当たり前。結婚する頃には新鮮味を失い、減少傾向すら見られたりする。

外には綺麗な女性がいっぱい。妻はといえば、いつもジャージ姿……。

気付けばいつしかセックスレスに。

こんな文化の違いを感じられるのが、イスラム圏の旅の楽しみなのです!

【関連記事】

「女性は宝石」。イスラム女性がスカーフやヴェールで髪や肌を隠す本当の理由

婚前交渉禁止のイスラムは「禁欲的」な宗教なのか?

イスラムの性や結婚については、こちらに詳しく記載しました。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です