パキスタン人男性との結婚で知っておくべきこと

パキスタンの結婚式 メヘンディ

「パキスタン人の彼との結婚を考えている」という方から時々相談を受けることがあります。

日本に出稼ぎにきている方と恋におちて、というパターンです。

「結婚して欲しいと言われていますが」

「ネットを見ると、ビザ目的に騙そうとしているとの情報がたくさんあり、不安なんです」等々。

たしかにビザ目的の人もいるかもしれません。

でも日本にもセックス目的で甘い言葉をささやく男性もいますし、それと変わりません。

信頼できる相手かどうかは、自分の感覚や直感を頼りにするしかありません。

それより大事なのは、「パキスタン人男性と結婚した場合、どんな生活が待っているか」です。

私自身はパキスタン人と結婚していませんが、パキスタン人と結婚した友人知人がいるので、わかる範囲でご説明します。

イスラム教への改宗が必要

パキスタン人のほとんどはイスラム教徒です。

イスラム教徒男性と結婚する場合、女性がイスラム教に改宗する必要があります。

(参考:イスラム教徒との国際結婚には改宗が必要?) 

ここで、注意が必要です。

もし彼が「いいよ、あなたは改宗しなくて」と言ったら、ビザ目的かもしれません。

真面目なパキスタン人男性は「イスラム教徒と結婚したい」と思うものだからです。

イスラム教は生活のすべてにかかわる宗教です。

(参考:イスラム教とはどんな宗教?を簡単にわかりやすく解説【初心者向け】

いわば暮らしの中心に宗教があります。

妻が異教徒であった場合、その生活は色々な問題が生じることになります。

人生を一緒に歩んでいく相手がイスラム教徒であってほしいと思うのは当然です。

しかし同時に、日本女性がイスラム教に改宗するのに、大きな決意が必要なことも知っています。

それでもなお、ともに生きていく相手がイスラム教徒であってほしいと望むのです。

しかし中には、ともかく日本女性と結婚したいために「改宗しなくていいから、結婚しよう」という男性もいます。

日本人女性と結婚すれば、日本の永住ビザが取れるからです。

真面目な男性なら、決してそんなことは言いません。

そして総じてパキスタン男性は信仰心が篤い人が多いです。

その人がビザ目的かどうか、信頼できる人かどうかは、簡単には判断できません。

これまで生きてきて培ってきた、自分自身の「人を見る目」だけが頼りです。

そんな中で、唯一判断材料があるとしたら、「改宗してください」と言うかどうかです。

改宗した後、どのくらい戒律を守るかどうかは、これは相手次第です。

礼拝もスカーフも、パキスタンに住むようにってから初めてやったという女性もけっこういます。

一方で改宗後にとても熱心にイスラム教を勉強する女性も少なくありません。

またパキスタン人のすべてがコーランをすみずみまで読んでいるわけではなく(コーランはアラビア語なので)、日本人妻の方がイスラム教に詳しくなってしまうという逆転現象も起こったりします。

パキスタンに住む可能性も

パキスタン人と結婚したら、当然将来パキスタンに暮らす可能性はあります。

パキスタン人なら多かれ少なかれ誰でも、いずれは祖国に帰りたいと思っているでしょうから。

だから結婚前に必ずパキスタンを訪れてみることです。そして彼の実家に最低1週間くらいは滞在してみましょう。

それなくして、結婚を決意しない方が良いです。

妻子だけがパキスタンに

パキスタン人男性との結婚に関しては、夫だけ日本に残して妻子がパキスタンに移住するというパターンが、実はとても多いです。

結婚当初は日本で暮らしていても、子どもが生まれたら妻子がパキスタンに移住する、というのが。

パキスタンの方がイスラム教徒としての子育てがしやすいからです。

たとえば食べ物の問題。
子どもの学校で給食がある場合、(イスラム教徒は豚や豚由来のものは食べることができませんから)、自分の子にだけお弁当を持たせる必要が生じたりします。

なにより女の子の場合、日本の「性の乱れ」の悪影響にさらされることを心配し、パキスタンで育てることを強く望む父親が多いのです。

夫は日本で働く方が収入が良いですから、日本に残って働き続けます。

相手の家族との同居

日本人妻だけがパキスタンに移住した場合、たいていは夫の家族と同居となります。

パキスタンは家族関係が非常に密接ですから、結婚しても親と同居が普通です。

その時は姑や兄弟の嫁と仲良く暮らしていかなければなりません。ウマ合えばいいですが、苦労も多いようです。

その意味からも、結婚前に相手の家族と一緒に過ごしてみることです。

結婚後もパキスタンに仕送り

妻子が日本にいる場合でも、パキスタン男性は本国の家族に仕送りするケースも多いようです。

親の面倒を見るのは、パキスタン男性にとって神聖な義務。
長男であれば、親や妹、弟への義務もあり、親や兄弟に生活費を送ったりします。

定期的に仕送りしなくても、たとえば親がメッカ巡礼に行ったり、弟や妹が結婚した場合に結婚費用を送ったり、帰国時に親戚の子供たちに「在日者」として、多めに小遣いを渡したりもします。

これに悩む妻もいるようです。

日本人女性はパキスタン人男性の「家族思い」「家族を大切にする」部分にひかれることが多いのですが、これが悩みの種になることも多いのです。

パキスタンでの暮らしぶり

とはいっても、何人かの日本人妻にパキスタンで会った印象は、「とても優雅な暮らしをしている」ということです。

もちろんそれぞれに苦労はあるでしょう。

一方で、日本に比べてあくせくすることなく暮らせるようです。

まず、お手伝いさんを安く雇えます。

大家族ゆえ、子育ても家族が手伝ってくれます。
狭いマンションで閉じこもって孤独に子育てしたり、育児ノイローゼになったりはしないようです。

子どもを有名私立校で学ばせる際も、日本に比べて格段に安い学費で通わせることができます。

最善策:パキスタン人と結婚した人に話を聞く

パキスタンの彼との結婚を考えたら、一番良いのはパキスタン人と結婚した女性に話を聞くことです。

日本パキスタン協会」などに相談してみても良いでしょうし、近くのモスクに行ってみるのも良いでしょう。

モスクでは男女別でイスラムの勉強会が行われることも多く、イスラム教徒の男性と結婚した女性も多く参加しています。(日本のモスク一覧

ベストなのは、パキスタンに行って、現地に暮らす日本人妻に話を聞くことです。

ブログを書いている女性もいますから、見つけてコンタクトをとってみましょう。そして旅行がてら、彼女たちに話を聞いてみるのです。

必要ならば知人をご紹介できますので、その時はご連絡ください!

ご参考になりましたら幸いです。

【関連記事】

【永久保存版】イスラムの結婚ルールとは?

パキスタンの恋愛・結婚事情とは?(実例コミで紹介)

【イスラム教徒との結婚】その前に知っておきたい4つのこと

【参考図書】

イスラームを知る32章

結婚や恋愛を含むイスラム教徒の暮らしについて知るには最適な入門書です。

パキスタンを知るための60章 エリア・スタディーズ

パキスタンの政治、経済、文化について詳しく紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA