2017-10-09

パキスタン・フンザの結婚式

 

パキスタンのフンザ。日本でも「長寿の里」、「桃源郷」などで知られる場所です。

そのフンザで結婚式に参加しました。

結婚式の一部始終

新郎の村でのパーティー

パキスタン・フンザの結婚式
始まりは、新郎の暮らす「シスーニー村」から。

時期は夏でしたが、この日は小雨が降る肌寒い日。ダウンジャケットを着込んで村に向かいます。

パキスタン・フンザの結婚式

新郎の実家で、村の人全体が集まってのダンスパーティが行われます。

 

パキスタン・フンザの結婚式
踊るのは主に男性。そんな中、小さな女の子も飛び入り参加。華麗な踊りに目が奪われます。

花嫁の住む村へ

 

新郎の自宅でのパーティが終わると、村の代表者たちが揃って花嫁の住む村パスーに向かいます。

パキスタン・フンザの結婚式

パスー村に到着すると、村の女性達が花の首飾りを持ってシスーニー村の人たちを出迎えます。

パキスタン・フンザの結婚式

なんと驚いたことに、女性たちが他の村の男性たちの手にキスをしています。こういうのは戒律がゆるいフンザならでは、でしょう。

フンザの人々は、イスラム教シーア派の中の一派であるイスマイリ派。女性の教育水準が高く、戒律はゆるやかなことで知られています。

パキスタン・フンザの結婚式

男性たちは村の中心部の集会所に集合。2つの村の男性たちがそろって挨拶を行います。

その後、新郎と新婦は村のモスクで結婚契約の儀式を行います。
(その場には、新郎新婦の肉親しか立ち会えません)

屋外のダンスパーティー

パキスタン・フンザの結婚式

結婚契約の儀式が終わると、村の広場でダンスパーティが行われます。踊るのは主に男性で、両方の村の男性すべてが参加します。

昼食会

パキスタン・フンザの結婚式

ダンスパーティの後は、花嫁の実家での昼食会です。

それから、村の広場でダンスパーティが行われます。

花嫁の手に描かれたヘナ(染料)。おめでたい時に描きます。

ふたたび新郎の村へ

昼食会が終わると、新婦の村の代表者たちが新郎の村へ向かいます。

パキスタン・フンザの結婚式

これから新郎の村へ移動する花嫁。親族に涙で別れを惜しみます。

 

パキスタン・フンザの結婚式

シスーニー村でも、同じようにダンスパーティが行われます。

パキスタン・フンザの結婚式

夕食を用意する男性たち。バターと小麦粉をまぜた「バート」という料理です。

パキスタン・フンザの結婚式

花婿の母親。

シスーニー村の楽団。フンザのどの村にも、必ず楽団がいるそうです。

新郎の村での夕食会

 

パキスタン・フンザの結婚式

この日の夕食です。先ほどのバートの上にパンが置かれます。

 

パキスタン・フンザの結婚式

結婚に過剰な夢を抱かないフンザの結婚

「ここの女性って、淡々と結婚していくのよね。結婚にあまり夢を抱かないみたい」。

この結婚式に参加したとき、私を結婚式を紹介してくれた、現地で長年調査する女性研究者がポツリとつぶやきました。

フンザはイスラムの戒律が緩やかなことで知られていますが、多くの結婚は親が決めた見合い結婚です。ここで紹介したカップルもそう。

これはイスラム圏で共通することです。

「大恋愛の末に結婚」というのは、あまり聞きません。

恋愛結婚が当たり前となった今の日本人からみると、(楽しいのか?)と思わないでもありません。

しかし、見合いには恋愛結婚にないメリットもあるようです。

先日、こんなツイートを見ました。

付き合っているときは、お互い良い顔を見せているもの。いわば幻想の中で付き合ってると言っても過言ではないでしょう。

見合いは過剰な夢や期待を描かないからこそ、失望もそれほどない。

淡々と結婚し、淡々と2人で幸せな慎ましい生活を築いていく。
今の日本人が忘れた素朴な幸せを、このフンザの結婚式は思い出させてくれました。

 

【関連記事】

【永久保存版】イスラムの結婚ルールとは?

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!