パキスタン人の恋愛結婚事情【結婚まで顔を見ないことも】

パキスタンの家族

パキスタンの結婚はどんな感じ?

デートはできる?

どうやって結婚相手を見つけるの?

そんな疑問にお答えします。

後半では若いパキスタン・カップルのインタビューもあります。

パキスタンの結婚事情概要

主流は見合い

パキスタンでは親が決める見合いが主流です。

結婚前に肉体関係を持つカップルはまだまだ少数派。

大都市の場合も同様です。

その見合いは伝統的に「いとこ」との結婚が好まれてきました。

しかし最近はいとこ以外が良いと考える人も増えているそうです。それによって、一族のネットワークを広ることができるからです。

いとこ婚は中東などで好まれる結婚形態ですが、これについては後で書きたいと思います)

見合い結婚が多いわけ

見合い結婚が多い理由は、まず「素性がわかっている相手なら安心」というのがあります。

またパキスタンでは家庭内の年長者を敬う習慣が非常に強く、年長者が子どもの結婚にも大きな決定権を持っています。

子にとっては、年長者が決めた相手と結婚することが敬意を示すことになります。

それによって年長者の名誉が保たれる。

恋愛結婚は親の尊厳を踏みにじる不遜行為で、社会的「」とされます。

親を尊重するので、結婚しても親と同居が当たり前。長男だけでなく次男もです。

両親と長男・次男家族などが同居し、これが「合同家族」、「大家族制」などと呼ばれます。

増える「半見合い」結婚

見合いが主流ですが、最近は都市部を中心に恋愛結婚が増えています。

しかしこれは日本でいう「恋愛結婚」とは少し違います。

2人が好意をもったら互いの両親に相手を紹介し、見合いの形に持っていくのです。

これは「半見合い」といわれます。

親の反対を押し切って結婚する場合だけが「恋愛結婚」とされます。

南部の大都市カラチの場合、私が聞いたケースでは約60%が「完全な見合い」、残りが「半見合い」結婚です。

女性が見合いを好むわけ

パキスタンでは、かなり高学歴な女性も見合いを希望します。

私が聞いた理由です。

・親が決めてくれた相手と結婚した方が、あとあと家族親戚関係が良好に進む。

・恋愛結婚は限られた中でたまたま知り合った狭い選択肢の中から相手を見つけるが、見合いは多くの候補の中から、学歴や家柄などを考慮してベストな相手を見つけられる

・恋愛の場合、男性が二股をかけていた、妻がいた、男性が心変わりして彼女のもとを去ってしまう、などといったことも起こり得る。見合いなら、こういうこともないし、相手の家族や家柄がよくわかっていて安心できる。

・経験や知識がある両親が決める方が、自分で選ぶより良い相手が見つかる。

・(ある父親の意見)「若い人同士は相手の容姿に目が向きがちだが、そういう魅力は2~3年だけのもの。両親はもっと長いスパンのことを考えている」。

見合い自体はイスラム教とは関係なく、地域の慣習です。

実際のパキスタンカップルの結婚例

パキスタンの家族

サナさんの家族。左からサナさんと長男、イムランさんのお母さん、イムランさんと長女、イムランさんのお兄さん。

私が実際に見聞きした結婚のケースをご紹介します。

サナさん(妻)とイムランさん(夫)は、結婚斡旋所を通じて知り合いました。

このケースを見ると、かなり高学歴な女性でも、今だに結婚まで相手の顔をほとんど見ないこともあることに、驚きます。

【2人の結婚までの流れ】

結婚相談所と両家の顔合わせ

イムランさんの母親が、結婚相談所に出向いて花嫁候補の紹介をお願いしました。

そこで3~4人の女性を紹介され、彼らの家に会いに行ったものの、学歴や家柄の点で気に入った女性はいなかったそうです。

そして最後に会ったのがサナさん。大学院で英語学を学び、銀行に勤める女性です。
 
イムランさんのお母さんは、長女を連れてサナさんの家を訪れましたた。(イムランさん本人ではありません)

そしてサナさんのお母さんから「サナさんの教育レベル、両親の仕事、兄弟仕事のことなど」などを聞き出します。

パキスタンでは、相手の女性の学歴がとても重視されているのです。

その結果に満足したお母さんは、自分の家にサナさんの家族を招待しました。
 
1週間後、サナさんのご両親、おじさんがイムランさんの家へ。
(サナさん本人は同行していません)。

ここで話し合いは、主にイムランさんの仕事のこと、給料の額など。新郎の重要事項はどこでも同じ。仕事であり、家族を養って行けるのかどうか、です。
 
サナさんの両親とおじさんは帰宅後、この日の会合について話し合いました。
(相手の家族の印象、彼がサナさんに合っているか、家族同士の相性はどうか・・・)

これはサナさん抜きで行われました。

結果、イムランさんが理想的な結婚相手ということになりました。

新郎の信用調査

サナさんのお父さんが、イムランさんについての調査を開始します。

イムランさんが働くオフィスに出向き、確かにそこで働いていることを確認(彼は銀行で働いています)。

職場の人にも、彼の人柄を聞き出します。娘の人生がかかっているので、父親も真剣なわけです。

その結果、お父さんは満足。

こういう信用調査は、パキスタンで一般的に行われているそうです。

その後の交流と結婚まで

この後、互いの家族が家を訪ねあう交流が重ねられ、7回目くらいに婚約したそうです。

驚くのは、この婚約の日まで肝心の2人はいっさい合わなかったことです。

婚約の時に初めて会ったわけですが、それも数秒程度。

サナさんが居間にお茶を出すために入ってきて、出したらすぐに退出してしまったそう。会話もしていません。

互いの写真も、この時まで見ていませんでした。

 もし相手が好みではなかったら?とサナさんに聞くと、
「容姿はあまり関係ないわ。ハンサムでも1~2日で飽きるもの。人柄がそれ以上に大事」

はじめて会話したのは、ニカ(結婚契約式)のとき。これはサナさんの家で行いました。

この時の会話も、あいさつ程度でした。

日本人なら、「相手のことをもっと知る必要があるのではないか?」と思いますよね。

これについてはサナさん:

「結婚までに彼の家族が家に何度か来てよく知っていたし、思いやりのある温かい人たちだなと思ったわ。私の家族と似ている思った。話し方とか服装とか色んなことにも好感が持てたわ。

私はこの家族と仲良くやっていける、自分をそれほど変えなくても幸せに暮らしていけそうだなって思ったの」

と、彼女の評価はあくまで「彼の家族」について。

これが大家族制のゆえんなのでしょう。

夫との相性も大事ですが、相手の家族とうまくやっていけるかどうかがパキスタンの結婚では大事です。

肝心のムハンマドさんのことについてはどうだったのでしょう?

「両親は彼のこと、性格が良いくらいしか言っていなかったわ。でも両親が彼のことすごく気に入ってたし、それで私には十分だったわ。両親を信用してるし、彼らの判断なら間違いないもの」

このように、結婚前にほとんど会っていなかった2人ですが、今では2人のお子さんに恵まれ、幸せに暮らしています。

 

もちろん、彼女のようなケースが大多数というわけではありません。

婚約までに何度か会う場合もあるでしょうし、2人だけでデートすることもあるでしょう。

とはいえ、基本は両親の選択を信頼して、それに従う、とうこと。

そして私の印象では、いわゆる「両家の子女」ほど、親が決めた相手との見合いを好む傾向があるようです。

お見合いは古くさい?

サナさんの結婚について、「古くさい」「婚約まで顔を見ないなんて、信じられない」と思う方もいるかもしれません。

しかし私は、ただひたすら両親の選択を信頼して結婚し、その後淡々と幸せを築いているサナさんを見ていると、「こういう結婚も悪くないな」と思うのです。

大恋愛で「この人しかいない!」と思って結婚しても、後々いろいろアラが見えてきたり、ということもあるもの。

でも結婚前に相手のことを知らなければ、「ガッカリ」はありません。毎日が発見の連続です。

人生経験がある親が子供のために最良の相手を見つけ、子供はそれを受け入れる。

一見古風なパキスタンの結婚に、人類の叡智がかい見える気がしないでもありません。

 

以上、パキスタンの結婚事情についてご紹介しました。

ご参考になったら嬉しいです。

【関連記事】

イスラム教徒が語る【幸せな初夜と幸せな結婚観】

ボリウッドも顔負け!パキスタンの結婚式

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA