イランの暮らしが日本と違いすぎて面白い!

イランの家庭のリビング

イラン人は客人を招くのが大好き。相手が外国人であろうと同じです。

こうして数えきれないくらい現地の家庭に招かれる中で見た、「イラン人の暮らし」をご紹介します!

家が広い

イラン人の家に招かれて驚くのは、とにかく家が広いこと。庶民の家でも、です。

上の写真は、これはごくごく普通の家庭。

特にリビングが広いですね。

そして多目的に使われます。

客間、食卓、親戚が集まってパーティ‥。ここに布団を敷いて寝ることも。

イランの家は全体的に家具が少ないため、さらに広く感じます。

シンプルライフというのは、もしかしたらイラン人のためにあるのでは?と思うくらいです。

引越しする時は、随分楽だろうなあと思います。

これはいつも移動していた遊牧民時代の名残でしょうか。

パーティーが大好き

イランの家

家にお客を呼んでパーティを開く。これがイラン人の最大の娯楽です。

とにかくお客さんが好き。見知らぬ外国人でさえ気軽に招待します。

ほとんど週末ごとに親戚知人を招いてパーティ。

イラン人は親戚が多いため、20〜30人が集まります。

お酒はありませんが、音楽をかけて陽気に踊り、果物、紅茶や甘いお菓子や美味しい食事をたっぷりいただきます。

イラン人はピクニックも大好き↓

冷蔵庫が2つ

イランの家の冷蔵庫

↑ドアに何かがはりつけてある。こういうの、日本といっしょですね。

毎週末のように家族や親戚が大勢集まるイラン人の家庭では、作る食事も大量!

お店からのテイクアウトもないことはないものの、大切なお客様には手料理でもてなすのが普通です。

そのためか、家にはたいてい冷蔵庫が2つあります。

ごくごく普通の庶民の家もです。

あるご家庭の主婦は、「夜遅く突然お客がくることがあって、そういう時に食事を出すのに、いちいち食材を買いに行っていられないから、冷凍庫は必要なの」。

夜遅くに人の家を訪問するなど、日本では考えられませんが、そんな不意のお客にも手料理でもてなすのが、イラン人のホスピタリティ!なのです。

床に座って食事

イラン人の食事風景

食事は床にソフレというシートを敷き、その上に料理を並べていただきます。

シートは布の場合もあれば、ビニールの場合もあります。

ビニールは1回1回使い捨てるタイプのものも。洗濯する必要がなくて便利ですね。

床に座って食事するため、イラン人はあぐらをかくのにも慣れています。

食べたら昼寝

イランの昼食はたいてい午後1時から2時くらい。

そのあとは必ず昼寝します。

砂漠気候のイランでは、季節にもよりますが、日中はとても暑い。

日中の暑い時間に昼間をして体を休めるのは、理にかなっているのです。

イラン人がいう「午後」とは、昼寝後の夕方4時か5時くらいのことです。

一晩中ストーブをつけている

イランの家庭のリビングとストーブ

写真の右にあるのがストーブです。

イランは潜在的に非常に豊かな国です。

産油国のため、石油はふんだんにあります。

日本人なら冬でも布団に入ったらストーブを消しますが、イランでは一晩中つけています。

料理も長時間煮込むタイプが多い。

あるご家庭にお世話になった時のこと。

奥さんがアーブグーシュト(肉とじゃがいものトマト煮込み)を火にかけ、そのまま仕事にでかけてしまったことがあって非常に驚きました。

夕方帰ってくるまでそのままなのです。

「だいじょうぶなの?」ときくと、私が驚いていることに逆に驚いている様子でした。

「ガス代がもったいない」というのは日本人の杞憂。

資源大国イランでは、そんなことはどこ吹く風なのです。

 

【関連記事】

イランのスーパーマーケットが面白い!

イランの観光・基本情報 徹底ガイド

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA