タフロウト 民族衣装の女性

イスラム圏の旅

タフロウト*美しい村々に囲まれたオアシスの町【ホテルとレストラン情報】

モロッコ南西部にあるオアシスの町タフロウト(Tafraout)。

タフロウト自体はとても小さな町ですが、近郊には小さな美しい村々が点在しています。

そこには独特な伝統家屋があり、建築学的にも非常にユニークな場所です。

タフロウトはモロッコの中でも5本の指に入るほど好きな町。

エキゾチックさに溢れ、人もおだやか。本当にのんびりと過ごせます。

【タフロウトの場所↓】

そんなタフロウトの魅力とおすすめのホテルやレストラン等をご紹介します。

タフロウトの町

タフロウトの町は、こんなカラフルでアフリカンチックなお店が並んでいます。

 

タフロウトの魅力

奇岩の風景と美しい自然

 

モロッコ タフロウト

タフロウトは標高1200mのアンチ・アトラス山脈の中にあります。

周囲を奇岩や大きな岩山が取り囲んでいて、少し町をはなれれば珍しい形の岩や素朴な村々が。

標高が高いために空気が澄み、空がすぐ近くに感じられます。

タフロウトのホテルの上からの風景

朝早く目覚めて、ホテルの屋上のテラスに登って周囲を見渡すと、とても気持ちいいです。

人が素朴で親切

タフロウトはのどかでとても平和な田舎町。

そのためか、人々は素朴で親切な人が多いです。

モロッコは残念ながら、マラケシュやフェズなどの大都市は犯罪がないわけでもありません。

その点アフロウトは観光客が犯罪に遭う機会は限りなく少ないのではと思います。

 

静かでおっとりした空気に癒される

 

タフロウトの中心部

タフロウトのメインストリートもこんなに静か。

静かでのんびりした町なので、何日か滞在してゆったり過ごすには最適。

ここにいると時間の流れがとてもゆっくりに感じられます。

気が向いたら町中を散策したり、少し田舎に足を伸ばしたりして過ごしましょう。

旅の疲れを癒すには、とても良い場所です。

タフロウトと周辺の見所

タフロウト市内の水曜市

タフロウトのマーケット

毎週水曜日に、市内でマーケットが開かれます。

売っているものは家畜から野菜・果物、家電製品まで実に様々。

タフロウトの水曜市

タフロウトや周辺の村々の女性は、買い物の時にカゴを頭からしょっている。

タフロウト

近隣の村々から大勢の人が買い物に訪れます。

アディ村 

モロッコ タフロウト

アメルン地域で一番美しいと言われている村。

タフロウトから3kmの場所にあります。

タズカ遺跡

古代ローマ時代の壁画があります。

タフロウト近郊のタズカ村

タフロウト近郊のタズカ村

近くには小さな村もあります。

(詳しくはタズカ村でお茶にお呼ばれ(タフロウト近郊➀)

ナポレオンの帽子(奇岩)

ナポレオンの奇岩

タフロウト郊外にある奇岩。

タフロウト市内から自転車で5分くらいで到着。歩いて20~30分ほどです。

アメルン渓谷 

モロッコ タフロウト

標高2000mの山すそに小さな古い村々が点在しています。

個人的にはタフロウトの中で最もおすすめの場所です。

アメルン渓谷の古く美しい村々(タフロウト近郊の見どころ②)

 

タフロウトのホテル

タフロウトのホテル

モロッコ南部の町タフロウト(Tafraout)で泊まったのは、「MAISON TIGMI OZRO」という宿です。

ここに決めたのは、ネットでの評判が良かったから。

ボウシェラさんという英語堪能なモロッコ女性がオーナーです。

宿の外観。手前がボウシェラさんたちが暮らす家。奥が宿。

この家には、ボウシェラさんとフランス人のご主人、ボウシェラさんのお母さん、2人のお嬢さんが暮らしています。

客室は3部屋のみ。1階がキッチン付きのアパートメント、2階が普通の客室(バス・トイレ付き)。

私は2階に泊まりました。

タフロウトのホテル

ボウシェラさん手作りの朝食。

アムロ(アルガンオイルと蜂蜜、アーモンドを混ぜたもの)のオーダーも可能です。

屋上のテラスからは、タフロウト の町が一望できます。

 

【「MAISON TIGMI OZRO」】

ホテルの場所↓

場所は少々わかりずらいので、あらかじめ連絡して迎えに来てもらうのが良いです。

【「MAISON TIGMI OZRO」】

住所:Boulevard mokhtar soussi tafraout 85450 Tafraout, Tiznit, Morocco
TEL: +212 699-916979
e-mail:boushra2.hani@gmail.com

タフロウトのレストラン

タフロウトのレストラン

 

タフロウトのおすすめのレストランは「CHEZ HARBAZ」です。

ここは「MAISON TIGMI OZRO」のオーナーに教えていただきました。

私が入ったのはちょうどお昼時。

店内はほぼ満席で(けっこう待たされるかな。。)と思ってましたが、オーダーして10分くらいで料理が出てきました。

ボーイは1人だけですが、とてもテキパキやっていて好感が持てます。なんだかモロッコらしくない。。。。

タフロウトのレストラン
モロッコサラダ。きゅうりとトマト、ゆでたまご、ビーツ(赤い色の野菜)、ポテトなどが入っています。

そしてヤギのタジン。

タフロウトのレストラン
タジンはチキンとヤギがあります。

上にポテトフライが載っていて、全体がよく見えませんが(それほど美味しそうに見えないかもしれませんが)、まさに絶品!

底にプルーン、レーズンなどが入っていて、やわらかくなったレーズンの甘みとタマネギ、スパイスがとけあって、なんとも言えないおいしさ!

こんな芸当、モロッコでしかできません。

オリーブも入っていて栄養満点。

ヤギ肉は臭みがなく、やわらかでした。

サラダ、タジン、アダスで60ディルハム(約700円)。

タフロウトへの行き方

私は大西洋岸の町アガディール(Agadir)から向かいました。

このルート、旅行者は「CTM(国営バス)」を使うことが多いのですが、「グランタクシー」の方がおすすめです。

CTMよりグランタクシーが良い理由

タフロウトへのグランタクシー

アガディールのグランタクシー乗り場

「グランタクシー」とは乗合タクシーのことです。

車が乗客でいっぱいになったら随時出発する乗り物です。

なぜグランタクシーの方がおすすめなのか?

まず早いからです。

アガディール発タフロウト行きCTMは、午後3時に出発。タフロウトに着くのは夜の8時。

5時間かかります。

グランタクシーは3時間半です

午前9時にアガディールを出て、12時半にタフロウトに着きました。

CTMは出発までに市内の複数のターミナルや荷物のオフィスに寄ったりするため、時間がかかるのです。

本数もCTMは午後3時出発の1便だけ。

早い時間にタフロウトに着きたいと思っても無理なのです。

一方、グランタクシーは人が集まればいつでも出発しますから、思い立った時に出発できます。

ただグランタクシーは途中「ティズニット」で乗り換える必要があります。

でも、この乗り継ぎも非常にスムーズでした。

CTMは冷房はありますが、グランタクシーはありません。

ただ往々にして海外のバスの冷房は強いこと多く、寒いくらいですので、冷房なしの方が「私は」よかったです。

もちろんCTMとグランタクシー、どちらが良いかは、ルートや状況によってケースバイケース。

ただアガディール〜タフロウト間は、私は断然グランタクシーをおすすめします。

ちなみに料金は、グランタクシーもCTMもさほど変わりません。

アガディールからタフロウトへのグランタクシーの旅

〈①アガディール→ティズニット 〉

グランタクシー乗り場は、「バトワールBatoire」と呼ばれています。

9時にタクシー乗り場に行くと、私を加えて満席になった車はすぐに出発。

10時半ティズニットに到着しました。ここまでの料金は35ディルハム。

ティズニットでタフロウト行きに乗り換えます。

〈②ティズニット →タフロウト 〉

ティズニットのターミナルでは、タイミングよくタフロウト行きのグランタクシーは、私が乗ると即出発しました。

ティズニット →タフロウト間の景色について、ネットでは「左側の方が風景が良い」と書いてあったので、左側の席を確保したかったものの、すでに先客あり。

確かに左側の方が良かった気がしますが、車の中から右も左も見えますから、あまり問題ではありません。

12時半にタフロウトに到着。

アガディールを出てから3時間半で着いてしまいました。

CTMに乗るなら、今頃アガディールにいる時間です。

さて、ここから宿に向かうわけですが、少々わかりずらい場所にあるため、タクシーで一緒だった男性が心配してついて来てくれました。

タフロウトの人は本当に親切ですね。

【関連記事】

モロッコはどんな国?治安と旅行の基本情報 

 

女ひとり、イスラム旅

女ひとりでモロッコ、チュニジア、オマーンなどを旅した旅行記。ラバトのプー太郎青年と知り合い、その自宅や古い邸宅に暮らす友人宅を訪ねた歩いた体験、カスバ街道の美女とハマムで汗を流した話などが書かれています。

イスラム流 幸せな生き方

イスラムの魅力を中学生でもわかるように書いた入門書。この一冊でイスラムのイメージが変わります。

関連記事

  1. イランの家庭 iran-house

    イスラム圏の旅

    シーラーズ*年金生活夫婦の家におじゃましました

    イラン旅行で、年金生活を送るご夫婦の家におじゃましまし…

  2. イランのレストラン

    イスラム圏の旅

    イランの外食は「安い店ほど美味しい」が鉄則

    「安い店ほど美味しい」がイランにおける外食の原則です。雰囲気の良い…

  3. イランのキャンドバーン村 iran-kandovan

    イスラム圏の旅

    キャンドバーン*奇岩の中に今も人が暮らすイランのミニカッパドキア

    イラン北西部にあるキャンドバーン村。トルコのカッパドキアのよう…

  4. 旅が自分を変える indonesia

    イスラム圏の旅

    旅が自分を変える?引っ込み思案の私を変えた「インドネシア放浪の旅」

    「旅は人を変え、人生を変える」と思っています。人生初の一人旅はインドネ…

  5. チュニジア ケリビア

    イスラム圏の旅

    ボン岬半島*「美しい半島」とローマ人に呼ばれた場所を乗合タクシーで一周

    ローマ人が「美しい半島」と呼んだボン岬半島。チュニジア北部の地…

  6. イスラム圏の旅

    【イスラム圏・旅の楽しみ方】急ぐことは時間を失うこと。バーザールで値切るのも旅の楽しみ

    中東イスラム圏の楽しみの一つ、それはバーザール(マーケット)で商品を値…

最近の記事

  1. エジプト・ソハーグ
  2. oman-game-man
  3. インドネシア ボロブドゥール
  4. サウジアラビアの観光

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
  2. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  3. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  4. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
PAGE TOP
error: Content is protected !!