チュニジア マトマタ 私がイスラム圏を取材する理由

イスラム圏の旅

私がイスラム圏を取材する理由

私は主にイスラム圏(イスラム教徒が多く暮らす国や地域)を取材しています。現地の暮らしを調査・取材し、写真展や本で発表しています。

「イスラム圏」「イスラム社会」と聞くと、どんなイメージを持たれるでしょう?

きっと「戦争ばかりして危ない所」「とても怖い場所」ーそんなふうに思われるのではないでしょうか。

私も行く前は、そう思っていました。だから行く前はとても怖かったのです。

取材のテーマを探して世界を放浪

私が初めてイスラム圏と呼ばれる場所に行ったのは、もう20年くらい前です。その時、世界一周しようと思っていました。

当時、大学を卒業し、会社員をしていました。しかし今のような海外取材の仕事がしたいと思っていたのです。

ちょうどその頃、フリーランスのフォトジャーナリストの方々と接する機会がありました。そしてその仕事ぶりを身近に見ることができました。

彼らは皆、自分独自のテーマを持って取材していました。インドネシアの熱帯雨林で暮らす人、パレスチナの難民問題‥。

そんな彼らを見て、私も自分なりのテーマを持ちたいと思うようになりました。

でも何をテーマにしたらいいか、わからない。そこで、世界一周してみようと思ったのです。いろんな国を見ているうちに、テーマが見つかるんじゃないか、とない頭で考えたのです。

                       *

まず初めに、タイという国に行きました。そしてそこから陸づたいで西へ移動することにしました。飛行機ではなく、バスや電車を使って。

その方が、時間もかかりますが、周りの風景もよく見えるし、人々と接する機会も多いと思ったからです。

タイからミャンマーに行き、そしてバングラデシュ、インド、スリランカ、パキスタン、トルコ‥。こうしてイスラムの国々に出会ったのです。

インドとスリランカはそれぞれヒンズー教と仏教の国ですが、その後のパキスタンからは、ずっとイスラム教の国が続きます。

パキスタン、イラン、トルコ、シリア、ヨルダン、エジプト‥。

温かなイスラムの人々

実際これらの国に行ってどうだったか?イメージしていたのと、全く違っていました。人々がとても温かいのです。

たとえば道に迷って、通りすがりの人に道をたずねます。すると、私に質問された人は、ただ口で説明するだけでなく、その場所までつれていってくれたりする。

喫茶店でお茶を飲んで、レジでお会計をしようとすると、店主が「お金はいらないよ」と言ってくれたりします。他の客がさりげなく払ってくれることもある。

さらに、知り合って少し話しただけで、「うちにきなさいよ」「泊まっていきなさい」と言われたりします。

私の方も、私も地元の人がどんな家に暮らしているのか?どんなものを食べているのか?興味がありますから、誘われればついていきます。

こうして、イランでも、シリアでも、パキスタンでも、たくさんの人の家に泊まりました。

知り合ったばかりの人について行って、危なくないのか?と思われるかもしれません。

「家にきなさいよ」と声をかけてくれるのは、たいていおばさんです。だから危ないということは、ほとんどありません。実際、危ない目にあったことは、一度もありません。

場数を踏んでいくうちに、この人は危ない・危なくないというのが、わかるようになってきます。

シリアの村長さんの家
これはシリアのある村の村長さんの家です。この世界一周の旅で初めてシリアにいったとき、この村長さんの家に呼ばれました。

そしてその後、また2009年にもシリアを訪れ、その時も、この村長さんの家にお世話になりました。

その間15年の月日がたっていて、2回目に村長さんの家に呼ばれたときは、以前呼ばれたことを、すっかり忘れていたのです。でも村長さんは、しっかり私のことを覚えていてくれました。

このようにイスラム圏に暮らす人々は、イメージと全く違っていた。

「この現実を伝えたい」と思うようになりました。

イスラムをテーマにしようと。

エジプトでアラビア語を勉強

そこでエジプトにたどり着いた時に、ここに住んでアラビア語を勉強しようと思いました。

世界一周するつもりでしたが、テーマは見つかりました。そしてそろそろ旅にも飽きてくる頃でした。日本を出て10ヶ月くらい経っていました。

イスラム圏の多くの国は、アラビア語を話します。イランはペルシャ語、トルコはトルコ語ですが、アラビア半島の国々はアラビア語を話します。北アフリカのエジプト、チュニジア、モロッコ、スーダンなどもアラビア語です。

またイスラム教の聖典コーランは、アラビア語で書かれています。だからアラビア語を勉強しようと。

また人々の暮らしをテーマにしようと思っていました。ニュースやジャーナリスティックな出来事より、人の暮らしの方に興味があったんです。それならばなおさら、言葉が話せた方がいいと思いました。そこでエジプトのカイロで1年アラビア語を勉強することにしました。

関連記事

  1. イスラム女性 ヒジャブ ブルカ

    イスラム圏の旅

    オマーン女性一人旅の服装と観光の注意点

    中東の真珠を言われるオマーン。女性一人旅はできる?女性の理想的な服装は…

  2. エジプトの結婚式

    イスラム

    イスラム圏にセックスレスがない理由

    イスラム教では結婚まで男女交際や婚前交渉はご法度(基本的に)。禁欲的な…

  3. イランのスイーツ イランのアイスクリーム

    イスラム圏の旅

    イランの人気スイーツ&お菓子は上品で甘過ぎない味!

    中東の人たちは甘い物好き。イラン人も例外ではありません。イラン人に…

  4. エジプト・ソハーグ

    イスラム圏の旅

    ソハーグ(中部エジプト)への旅

    エジプト南部のルクソールからカイロに鉄道で北上する途中で、ソハーグとい…

  5. イスラム圏の旅

    モロッコ産「アルガンオイル」の栄養価と選び方

    モロッコといえばアルガンオイル。日本では、もっぱら、その美容効果、アン…

  6. チュニジアのモスク

    イスラム圏の旅

    トズール*アルジェリア国境に近い砂漠の中のオアシス都市はフランス人の憧れの町。

    チュニジアのおすすめの町の1つはトズール(Tozeur)です。サハラ砂…

最近の記事

  1. エジプト・ソハーグ
  2. oman-game-man
  3. インドネシア ボロブドゥール
  4. サウジアラビアの観光

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  2. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
  3. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
  4. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
PAGE TOP
error: Content is protected !!