2020-08-30

イスラムの天使とは?

イスラム教の天使とは?

イスラムでは天使を信じることが、「六信五行」(イスラム教の基本的な義務)の1つです。

天使はどんな存在?

天使に性別はありません。(私はなんとなく、女のイメージを持っていました)

天使も人間と同じく、神が創ったものの1つです。そして神のために色々と働きます。

人間を守ったり、神の言葉を人間に伝えたり、神の周囲にあって常に神を称えたり‥。

役割ごとに、専門の天使がいます。

どんな天使がいる?

最も有名なのは「天使ジブリール(ガブリエル)」で、預言者ムハンマドに神の啓示コーランを伝えました。

「ミーカーイール(ミカエル)」は、人間の体のために食べ物を与え、人間の心に知識を与えた天使。

「イスラフィール」は、最後の審判の日にラッパを吹く天使です。

さらに、最後の審判の時に墓場で死者に色々と質問する天使もいて、ムンカルとナキールという名前です。

人間には必ず2人の天使がいつも付き添っています。人の言動をすべて記録しているのです。どんな良いことをしたか、悪いことをしたか?

最後の審判のためです。

人間の右には善行を記録する天使が、左には悪行を記録する天使がいて、この記録によって、善行が多かった人は天国へ、悪行が多かった人は地獄へ入るのです。

イスラムの礼拝では必ず最後に首を右、左に曲げます。それぞれの天使に挨拶するためです。

この右肩、左肩にいる天使には名前がありません。

人間と天使の違いは?

まず天使には自由意志はありません。良いことしかできません。神の言われたとおりに忠実に働きます。

人間は、良いことも悪いこともできます。だから不完全な存在です。

神は人間を「地上での代理人」としました。そして、この世の全てのものを、人間のために神は用意したとされています

それを知った天使がやきもちをやきます。

「あなたは地上で悪を行い、血を流すものをおかれるのですか?私たちはあなたを称えて娼念し、あなたの神聖を賛美しているのに!」。

世界は人間を喜ばすために

天使と比べると、人間が地球上に存在する意義はきわだってきます。

地上の全てのものの代表として存在し、人間以外のものは、人間を喜ばすために存在する。ということにイスラムではなっています。

人間は神から自由意志と知識を与えられている。良いことをするのも自由、悪いことをするのも自由。

しかしせっかく生きるなら、神様がたくさんのものを与えてくれたのだから、良いことをしながら生きていきたい。

そんなふうに私は勝手に考えます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!