コーラン日本語訳を読めるようになるには、どんな勉強をしたらいいのか?

コーラン

エジプトの家庭のリビングに飾られたコーラン。イスラム圏の家庭には必ず1冊はコーランがあり、大切に保管されている。

コーランの日本語訳を読もうとしましたが、とても難しくて読み進められません。

どんなふうに勉強したらよいでしょう?

お勧めの勉強方法があれば、教えてください。

そんな疑問に答えます。

(コーランの基礎知識は、「聖典コーランとは?日本人が知らない真実」をお読みください)

コーランは日本語訳であっても、理解するのが難しい書物です。私も読むのに苦労しました。

具体的に「何が」難しいのか? 

まず順序だったストーリーがなく、色々な内容がごちゃ混ぜになっています。全部で114章ありますが、1つの章が同じ内容で統一されてはいません。

そしてコーラン特有の表現があります

というわけで、いきなり読んでも意味不明なのです。


コーラン日本語訳を読む上で行うべきことがあります。

①まずコーラン(あるいはイスラム)の入門書を読む。

②最初から順番に読まなくても良い

①←予備知識がないと理解が難しいからです。

まずは入門書を読み、コーランの特質を理解し、独特の表現方法などを知る必要があります。

②←順序だったストーリーがないためです。

逆に言えば、どこから読んでもOKということです。

(実際コーランには「やさしい章句から読め」という教えもあります)

この記事では、コーランを読むためのおすすめの入門書、コーラン日本語訳の特徴などについて、わかりやすく解説します。

おすすめのコーラン入門書は?

「コーランとは何か?」、「イスラムとは何か?」を平易に語りつつ、コーランからの引用が多い本です。

それを読めば「コーランにはこんな内容が書かれているんだな」というのがわかり、その後でコーランを読めば、理解度がぐんと上がります。

とはいっても、その「やさしく書かれた本」を見つけるのが実は大変なのです。

入門書と銘打っていながら、難しいものも多いからです。

そんな中で、いくつかおすすめを紹介します。

★『イスラームとコーラン

文庫なので入手しやすいです。「コーランに何が書かれているか?」を知るには、この本が最適です。

★『クルアーン語りかけるイスラーム

 

「コーランの独特の表現方法」を知るなら、この本です。

ただ専門書の部類に入るので、少し難解です。

★『コーランを知っていますか

作家の阿刀田高さんが書いた本で、楽しみながら読めます。

ただ私には最初、難しかったです。何度かトライして、挫折したの後、やっと読み終えたら、とても良い本でした。(阿刀田さん、ごめんなさい)。

本を読み慣れた人なら、スラスラ読めると思います。

★『イスラーム信仰とその基礎概念

仰々しいタイトルの本ですが、やさしく書かれていて、コーランからの引用も多い本。

巻末に本で引用したコーランの章句と該当ページが書いてあるのも良いです。

著者の水谷周さんは日本ムスリム協会の理事で、日本にイスラム教をなじみやすい形で紹介するのをモットーにしている方です。

 

あとはご自身で書店に行き、本を色々と手に取ってみて、気に入ったものを読めば良いと思います。

コーラン日本語訳のおすすめは?

私は岩波文庫の『コーラン(上)(中)(下)』をメインで読んできましたが、3冊に分かれているのが少々難点です。

日本イスラム協会の『聖クルアーン―日亜対訳・注解1冊にまとまっており、節が分かれているのが良いです。

ただ「注」の文字が小さいのが残念です。

日亜対訳 クルアーン』も優れていますが、厚さ6cmほどあり、ハードカバーのため重いです。

クルアーン やさしい和訳』の訳は、いちばんわかりやすいです。

どれがお勧めなのか?

私は複数持っています。というのも、同じ章句でも微妙に訳が違い、1つの本で理解できなかったものが、他を読んでわかることもあるからです。

これも実際に手にとって、使いやすいものを持つと良いでしょう。

 

そしてコーラン入門書を読みつつ、日本語訳をひもといてみる、というやり方が良いかと思います。

 

コーランを読んでみようという方の参考になれば嬉しいです。

【関連記事】

聖典コーランとは?日本人が知らない真実

コーラン日本語訳を読むための予備知識