世界でイスラム教徒が増える理由

イスラム教徒が増える理由

なぜ世界中でイスラム教徒が増えているのか?

厳しい戒律なのに、なぜ入信者が増加しているのか?

そんな疑問にわかりやすくお答えします。

この記事を書いている私は、結婚でなく勉強して2009年イスラム教に入信。

イスラム入門書「イスラム流 幸せな生き方」など多数の本を出版しています。


2050年までに世界の3分の1がイスラム教徒になると予測されています。

(出典:Pew Research Center)

この記事では、イスラム教の入信者が増えている理由を、イスラム教の特性をもとにわかりやすくご紹介します。

イスラムは入信が容易

イスラム教徒になるのはとても簡単です。

2人のイスラム教徒の前で、信仰告白をするだけです。

その信仰告白とは、「アッラーは唯一であり、ムハンマドはアッラーの使徒である」と言うだけ。

時間は30分ほどです。

平等主義

イスラムでは神の前ですべての人が平等だと考えます。

「われらは一人の男と一人の女からあなた方を創り、さまざまな種族と部族に分けました。

それはあなた方が、互いに知り合いになるためです。」

(「コーラン」49章13節)

イスラムには他の宗教にあるような聖職者はいません。

「イマーム」と呼ばれる人がいますが、イスラムの知識に優れた人であったり、モスクでの集団礼拝の指揮をするだけの人です。

(参考:イスラムの基本思想② 信者間の「平等」・聖職者がいない

弱い者にやさしい

弱者救済がイスラムの基本理念です。

貧しい人に施しをすること(喜捨)は、コーランに定められたイスラム教徒の義務です。

「アッラーの道に専心し、(商売の目的で)大地を巡ることができない貧しい人たちのため(に施しなさい)」

(2章73節)

社会的弱者には老人や妊婦、孤児などはもちろん、旅人も含まれます。

「喜捨(きしゃ)の用途は、まず貧者に困窮者、それを徴収して廻る人、心を協調させた人、(途中略)、旅人、これだけに限る」(

9章60節)

電車の中でお年寄りが立っていることは、イスラム圏ではまずありません。

男性は座っていても、自分の前に女性が来たら、さっと席をゆずります。

これは宗教の教え以前に、人々の間に根付いた社会習慣のようなものです。

(参考:イスラム教の特色③「人は弱い」という根本思想と社会的弱者の救済

柔軟な戒律

イスラムでは「人間は弱い者」とされているため、信徒に厳しい戒律を課すことはありません。

豚を食べることは禁止されていますが、他に食べるものがなければ食べても良いとされています。

ラマダン月の断食は、病人や妊婦、老人は免除されています。

イスラム教徒は生前の行いによって、死後天国に行くか地獄に行くかが決まります。

たとえ悪行をしてしまっても、善行して挽回すれば良く、善行が悪行を上回れば天国へ行けるのです。

しかも善行の方が悪行よりも、ずっと大きくカウントされることになっています

以上のように、イスラムは非常にゆるく、人に寛容な宗教であるということがわかります。

(参考:イスラムの基本思想① 人は弱く、イスラムの戒律はゆるい)

神に責任を転嫁できる

イスラムでは、この世に起こるすべての事は神のしわざと考えます。

失敗も神様の思し召しです。

(参考:神にすべてをゆだねる「天命」とは?)

リストラされたのも、神様の思し召しであって自分が至らないからではない。

悪いことがあっても、神の望んだことと受け入れ、自分を責めないのです。

何かに失敗して自分を責めるのと、神様に責任転嫁する、どちらが楽な生き方でしょうか?

イスラム圏はとても自殺が少ないと言います。その背景には、神にゆだねてしまうという心の救いが、大きく関係しているのです。

(参考:イスラム教徒はなぜ自殺しないのか?

【関連記事】

★イスラム教徒は?初心者にも100%わかるよう優しく解説します。
イスラム教とはどんな宗教?を簡単にわかりやすく解説【初心者歓迎】

★コーランの著者は神、アラビア語からの翻訳は不可など「日本人が知らない」事実をわかりやすく解説。
聖典コーランとは?日本人が知らない真実」

【イスラム教を学べる入門書】

【厳選5冊】イスラム初心者におすすめな本

★『イスラム流幸せな生き方

中学生でもわかるようにやさしく書いたイスラム入門書です。世界でなぜイスラム教徒が増え続けているかがわかります。これ1冊でイスラムのイメージが変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA