アブダビ シェイク・イード・グランドモスク

イスラム

「定命」と「イン・シャー・アッラー」:すべて決めるのは神

「定命」とは、イスラム教徒が信じるべき「六信」のうちの一つです。

(参考:イスラムの「六信五行」とは?

「定命」を詳しくご紹介します。


定命とは?

「定命」とは「この世の物事は全てによって創られ、予定される」という意味です。

未来を決めるのもです。

コーランにはこう書かれています。

「アッラーは天と地のはじまりです。かれ(神)が万事を定めるとき、有れといえば即ち有るのです。」(2章117節)

「我々にふりかかって来るものは、すべてアッラーが特に定め給うたものばかり。‥されば信者たるものはみなアッラーにこそ一切をお委せ申すべきだ」(9章5節)

そもそもイスラム(「イスラーム」)は、「神にすべてを委ねる」という意味です。

神は全知全能で、この世の全てを決めるのは神。人間はそれに全面的に従う。これがイスラムの基本です。

(参考:イスラム教とはどんな宗教?を簡単にわかりやすく解説【初心者向け】

インシャー・アッラーとは?

インシャー・アッラー」はアラビア語で「神が望えば」の意味です。

イスラムでは未来を決めるのも。だから人々は未来のことを言う時、必ず「インシャー・アッラー」を付け加えることになっています。

「インシャー・アッラーという言葉を付け加えないで、明日それをすると言ってならない」(18章・23・24節)

人の力ではどうにもならないこともある

アラブの国でタクシーに乗り、目的地を告げると、運転手は必ず「インシャー・アッラー」と言います。

が望めば〜へ着くだろう」と言うのですから、「なんとも頼りない」と最初は思いました。

もし着けなかったら神のせいなのか?

遅刻しても「神がそう望んだから」といえばすむ。それは責任逃れじゃないかと。

しかし実際、突発的な事故が起きたり、車が故障したりして目的地に着けないことも起こります。

パキスタン北部を旅していた時、乗り合いタクシーに乗ったら、途中で下ろされてしまいました。連日の雨で川が氾濫し、道が壊されてしまったのです。

人間の力ではどうしようもできないことも起こり得ます

インシャー・アッラーと人間の自由意志

未来は全て神が決めること。では人間の自由意志はどうなるのか?

失敗しても、それは全て神のせいにすればいいのか?人間は努力しなくてもいい?

インシャー・アッラーは「出来ることはする、それでも不可能なことがある」という意味です。

人間の奢りを戒める教えなのです。

自分を過度に責めない

この「全ての物事はが決めること、成功も失敗もの仕業」という思想は、人の救いにもなります。

何かに失敗しても「がそう望まれたから」と思えるからです。

病気になっても、「これもアッラーのおぼしめしだ」と考えられる。

自分を必要以上に責めなくてすみます。

ムスリムは何かに失敗した時でも神のせいにする。試験に落ちた、リストラにあった‥‥日本人なら「努力が足りなかった」と自分を責めるけれど、ムスリムは「神様が望んだこと」でおわり。 

何かつらいことがあれば、神のせいにする。必要以上に自分を責めない。

イスラム圏は自殺が少ないと言われるが、きっとこれも関係しているだろう。

イスラム流幸せな生き方』

生きていれば思い通りにならないことは、たくさんあります。

そんな時、「神が望んだこと」と思えれば、自分を必要以上に責めなくていい。

悲しみをやわらげる知恵

身近な人が亡くなった時、ムスリムは「神様の思し召しで天国へ行った」と言います。
 

そうやって死を受け入れるのです。

悲しいことには変わりがありません。大切な人がいなくなるのは、とてつもない空虚感です。

しかしイスラム教徒は来世を信じているから、「自分が天国へ行った時、再会できる」と思える。

死は永遠の別れではなくなります。

生きるのが楽になる 

長生きするか、病気になるかも全て神が決めることです。

そうであれば、「なぜ病気になったんだろう」と悩まずにすみます。

もちろん健康に配慮することも大切です。しかしそれでも病気になる時はなる。

健康に執着しすぎると不幸になります

ほどほどに健やかに生きられるよう気を付け、あとは神に任せる。

こういう気持ちの方が楽です。

世界中でムスリム人口が増えているのは、きっと「この宗教といっしょに生きていれば楽になる」と思うからでしょう。

神のせいにするのは都合の良い考え方だと感じられるかもしれません。

しかしそこには、生きる上で誰もが直面する悲しみや苦しみを少しでも和らげようとする「人の知恵」があるように思います。

 

イスラムの「定命」について知りたい方の参考になれば嬉しいです。

【関連記事】

★イスラム教徒は?初心者にも100%わかるよう優しく解説します。
イスラム教とはどんな宗教?を簡単にわかりやすく解説【初心者歓迎】

★コーランの著者は神、アラビア語からの翻訳は不可。「日本人が知らない」事実をわかりやすく解説
「コーランとは?日本人が知らない真実」

【イスラム教を学べる入門書】

【厳選5冊】イスラム初心者におすすめな本

★『イスラム流幸せな生き方

中学生でもわかるようにやさしく書いたイスラム入門書です。世界でなぜイスラム教徒が増え続けているかがわかります。これ1冊でイスラムのイメージが変わります。

 

関連記事

  1. ハディース(中公文庫)

    イスラム

    ハディースとは?イスラム第2の聖典

    ハディースは預言者ムハンマドの言行を記録した書物で、『コーラン』に次ぐ…

  2. メッカ サウジアラビア

    イスラム

    個人主義と集団主義のバランス<イスラムはどんな宗教?>

    イスラム教のどんな点が魅力的か?と聞かれたら「個人主義と集団主義がバラ…

  3. イスラム教の礼拝

    イスラム

    イスラム教徒の礼拝と祈りが心にもたらすもの

    イスラム教徒はなぜ1日5回も礼拝するのか?場所や時間の決まりは?その方…

  4. 一夫多妻のメリット

    イスラム

    イスラムの一夫多妻。そのメリット・デメリットを考察

    イスラム教では一夫多妻が認められており、男性が4人まで妻を持つことがで…

  5. 預言者ムハンマド

    イスラム

    預言者ムハンマド:最後で最大の預言者

    フランスの週刊新聞『シャルリー・エブド』がムハンマドの風刺画を掲載して…

  6. チュニジアの結婚式

    イスラム

    チュニジアの結婚式:初夜のクライマックスまでの1週間の一部始終を密着取材!

    アラブ世界では結婚式は人生最大のイベント。特にチュニジアの結婚式は盛大…

最近の記事

  1. 福岡マスジド 福岡のモスク
  2. ムスリム女性に救援は必要か?
  3. パキスタンフンザの結婚式
  4. バングラデシュの結婚式
  5. アブダビ女性 アブダビのカップル アラブ首長国連邦

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
  2. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  3. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  4. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
PAGE TOP
error: Content is protected !!