2021-12-12

チャンスをつかむことの本質

チュニジア マトマタ

チュニジアの家庭の食事風景。お茶は炭火でいれる。炭をおこす火鉢は「カヌーン」という名前。

「コロナ禍で海外に行けなくて、つらくないですか?」と言われることがあります。意外にも一度もそう思ったことがなく、自分でも驚いています。

海外は、昨年2月にオマーンに行ったのが最後です。現地で歩きスマホが原因でシビアな捻挫をしてしまい、車椅子で帰国しました。その後、半年近く、普通に歩けないような状態が続きました。

しばらくは、自宅から徒歩2分のスーパーに行くのがやっとという状態。海外どころか、となり町にすら行けません。

1時間続けて歩けるようになったのは、2、3ヶ月後です。その間も道路を横切る時に車が怖くて仕方がありませんでした。ノロノロ歩いていて車にぶつけられるのではないか?などと、わけもない恐怖心にとらわれたりして。

初めて電車に乗ったのは、ケガから4ヶ月後です。何度も乗っている路線なのに窓からの風景が違って見えました。

この間、満足に出歩けなくて退屈しなかったかというと、なんだかんだやることがあり、そこそこ忙しかったです。撮りっぱなしだった写真を整理したり、積読本を読破したり。原稿を書いたり。

本屋でたまたま手に取った哲学者の本を読み、それまでの人生観が変わるほどの衝撃を受けたことがあります。続けてその著者の本を読み、それまで心の隅にあった人生の迷いがほぼ消えました。

そして「普通に歩けることのありがたさ」を思い知りました。捻挫は様々なことに気付けるチャンスでした。

コロナ禍も私たちにとって、大きなチャンスかもしれません。

普通の生活ができるということが、いかにありがたいことかに気づくことができたからです。

普通に友達と会ってバカ話できることが、いかにありがたいことか。美味しいレストランに集まって食事できることが、いかに素晴らしいことか。

これまでの「あたりまえ」が、決して「あたりまえ」ではなく、ありがたく素晴らしいことだと気づくことができた。

見方によっては、全ての日常の些細な出来事がチャンスになるでしょう。

風邪をひいたことも、会社を休んで休養しながら、自分の働き方を見直すチャンスです。就職活動で失敗して希望ではなかった会社に入っても、そこで尊敬する上司や結婚相手が見つかるかもしれないチャンスです。

そういう意味では、チャンスは身近なあらゆるところに転がっています。よく「チャンスをつかむ」といいますが、チャンスとは、たまにしか訪れないような、何か特別な出来事だと思われているけれど、決してそうではない。

日常の些細な出来事が、それを「チャンス」と見る人にとっては、チャンスになると思います。

運命を変えるチャンスは実は身近にたくさんあって、それに気づくか・気づかないかだけなのです。

 

タグ:
関連記事
error: Content is protected !!