タイ・クラビの秘島「クラーン島(Koh Klang)」の観光・ホテル・レストラン

Ko klang 9

タイ南部のリゾート・クラビ対岸にあるクラーン島(Koh Klang)へ行きました。(「Koh」とはタイ語で「島」の意味です。)

場所はこちら↓

クラーン島は、プーケットやクラビのアオナンビーチから30分ほどで行ける距離。

車が1台も走っていない、のどかで静かな島です。

Ko klang 4 クラビ・クラーン島

ヤシの葉で屋根材をつくっている男性。

島民の100%がイスラム教徒。ほとんどの人は農業や漁業で生計を立てています。

 クラビ・クラーン島 Ko klang 7

島の海岸部には水上集落がたくさん見られます。

タイの伝統的な農村生活を見たり、ゆったり村の暮らしに浸るには最適の場所です。

クラーン島の観光

トクトクを貸し切って2〜3時間島を回ることができます。

Ko klang 14 クラビ・クラーン島

車が通っていないクラーン島では、島民の交通手段はトクトクかバイク。

料金の目安は、3時間で400バーツ(約1400円)、2時間で300バーツ(約1000円)

クラーン島は広いため、徒歩で島を回るには少し無理があります。トクトクを貸し切るか、バイクをレンタルして回るのが良いです。

島には3つの村があります。船着場から遠い村へいくほど、素朴な暮らしが残っています。

Ko klang 8 クラビ・クラーン島

家の庭でおしゃべりしながらくつろぐ女性たち

Ko klang 11 クラビ・クラーン島

こんなバイクの2人乗りも。食べているのはココナツ味のアイスクリーム。

島にはホテルやホームステイがいくつかあります。

クラビから日帰りも可能ですが、ぜひ1泊か2泊して、のんびり島を散策したり村の暮らしに触れてみてください。

クラーン島のホテル

Nisarine Homestay @ Koh Klang

家族経営の民宿。料理上手なお父さんとハーブティー作りが好きなお母さんが営んでいます。

Ko klang 6 クラビ・クラーン島

Nisarine Homestayの客室。とても清潔です。

いつもお客さんに気を配る、さりげない気遣いが感じられる宿。

お父さん・マンさんにクラーン島の家庭料理を教えてもらうこともできます。詳しくは、こちら↓

お母さんはハーブ作りが趣味。

Ko klang 12 クラビ・クラーン島

宿では、島のナチュラルハーブを使った、お母さん手作りのハーブティーを自由に味わえます。

そして宿の朝ごはん。

Kulang island クラビ・クラーン島

朝食は宿泊料には含まれていませんが、食べる価値あり。(100バーツ=約350円)

Nisarine Homestay @ Koh Klang

場所はこちらです。↓

クラーン島の食事

Baan Ma Yhing

船着場の近くにある、水上家屋を利用したレストランです。

Ko klang 2 クラビ・クラーン島

野菜と卵炒め。ものすごい美味。

1皿だいたい200~300バーツ。料理はレベル高いです。まさか、この素朴な島にこんな素敵なレストランがあるとは思いもしませんでした!

食べるのに夢中でお店の外観写真を撮るのを忘れました。

場所:syhttps://goo.gl/maps/fy4Hxv7UuEAc42YW6

焼きそば店

2人の女性たちが経営する焼きそば店。船着場から一番近い村の中にあります。

 クラビ・クラーン島 Ko klang 10

目の前で野菜たっぷりの焼きそばを作ってくれます。こちらで調理風景をご覧になれますよ。

 

手作りの惣菜屋

船着場近く、ほか村のいたるところで、作りたてのお惣菜を売っています。

Ko klang 5 クラビ・クラーン島

ただし、どの店も朝だけの営業。どんなものを売っているかというと?こちら。

Ko klang 13 クラビ・クラーン島

右はタイ風生春巻き、左はご飯と卵焼きと野菜炒めのセット。どちらも200円ほど。

島には2泊したので、1泊は宿の朝食をいただき、もう一泊は惣菜をテイクアウトしました。

クラーン島への行き方

クラビKrabiからボートで5分です。

Ko klang クラビ・クラーン島

クラビには、2つ船着場があります。

1つはChaofah pier

もう1つは、こちらです

島に向かうボートに乗る前に、宿に電話して港まで迎えにきてもらうのがベター。

ついでに、ボートの船頭さんにボート代を交渉してもらいましょう。その方が「適正価格」でボートに乗ることができます。

港の料金表には「150バーツ(1人)」とありましたが、宿の主人マンさんに電話したところ、船頭と話をつけてくれて、50バーツになりました。

動画で見るクラーン島

最後に島の様子を動画でご覧ください。

【関連記事】

タイのイスラム教徒の島で家庭料理を教わってきました。<タイ・クラーン島>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です