2018-01-20

モルディブ・ローカル島の魅力。青い海とローカルの暮らし

 

モルディブ

モルディブという1島1リゾート、豪華な水上コテージ、一泊○十万円の高級リゾート・・・そんなイメージを思い浮かべる方も多いでしょう。

それも素敵だけど、美しい海をもっと気軽に楽しみたい。

青い海を見ながら、ひたすらぼーっとして過ごす。

南の島の過ごし方として理想的です。

でも、それも何日も続くとちょっと飽きてしまう‥‥。

リゾート島は、基本ホテル以外に何もありません

ホテルの中で朝から晩まで過ごすしかない。それも少し退屈です。

ローカルなレストランで、現地の人がどんなものを食べているか見てみたい、

できれば地元の人と交流がしたい、暮らしを見てみたい

そんな方におすすめなのが「ローカル島」です。

モルディブのローカル島とは?

モルディブには1200くらいの島があります。

そのうち、モルディブ人が暮らす島「ローカル島」は200ほど。

外国人用のリゾート島は120くらいです。(残りは無人島)

以前は外国人はリゾート島にしか滞在することができませんでしたが、2009年からローカル島にも泊まれるようになりました。

その中には、首都マーレから船でアクセスできる島がたくさんあります。

 

ローカル島の魅力

モルディブ人

モルディブ人はほぼ100%イスラム教徒で、女性はスカーフをかぶっている。

現地の暮らしが見られる

ローカル島に滞在すれば、モルディブ人の暮らしを垣間見ることができます。

ツアーが安価に楽しめる

ダイビングやシュノーケルなどのツアー料金も、リゾート島に比べて安価です。

リゾートはすべて観光客価格。モルディブの物価より高いです。

ジンベイザメ、イルカ、マンタなどを見に行くダイビングやシュノーケルのツアーも、もちろんローカル島でも参加できます。

それもリゾート島と同じような内容で、ずっと安く。

また、わざわざツアーに参加しなくても、ホテルのすぐ近くの海で、しかも足がつくような場所で、ウミガメ!を見ることだってできるのです。

ローカル島に行く前の心がまえ

モルディブの人はほぼ100パーセントムスリムです。

ですから、お酒は飲めません。

イスラム圏でも国によ、ってはインドネシアやエジプトなどのように町中に酒屋があり、ビールを生産している国もあります。

しかしモルディブは違います。

首都マーレのタイ料理屋にもお酒は置いてありません。

また女性は肌をかくし、スカーフをしています。

 

たとえ外国人であっても、また男女ともにタンクトップや短パンなどの格好はNG。

 

イスラムの国だからか、治安は本当に良いです。

その点は安心してください!

 

モルディブのローカル島に行かれる方のご参考になれば嬉しいです。

 

【関連記事】

モルディブのローカルアイランド・ラスドゥ島 素朴な島民と穏やかな時間

モルディブの色 2018

ホテルのセーフティーボックスが開かない!時の対策と旅のリスク管理

モルディブの情報はこの本で紹介されています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!