イミルシルの婚約祭*参加体験レポート<モロッコ>

イミルシルの婚約祭り・モロッコ

モロッコの中央に連なるアトラス山脈。その山奥にイミルシル(Imilchilという村があります。

ここで毎年9月にとてもめずらしい「婚約祭り」が行われます。

祭りの名は「ムーセム( Moussem

モロッコで最も有名な祭りの1つで、複数の男女が合同で婚約の式を行うのです。

イミルシルは、アトラス山脈標高約2200mにある小さなベルベル人の村。

この祭りに合わせて、大きな巨大市場も開かれ、ラクダや羊、馬などの動物も売り買いされます。

イミルシルの婚約祭り・モロッコ

モロッコの秘境とも呼ばれる場所にあるイミルシルはアトラス山中にある小さな村。

イミルシルの場所

イミルシルの場所はこちらです。

祭りの言い伝え

イミルシルの婚約祭り・モロッコ

祭りに参加した花嫁。男女とも伝統の衣装を身にまとって参加する。

祭りの由来には、こんな言い伝えがあります。

昔、この地に住む男女が恋に落ち、結婚を誓い合ったそうです。しかし対立する部族の出身であったため結婚が許されなかった。

2人は悲しみのあまり泣き続け、その涙で二つの湖ができた。そして一緒に湖に身を投げたというのです。

その後、別の部族の男女も結婚できるよう、このお祭りが毎年開かれるようになったそう。

ムーセムとモロッコ最大規模の市

イミルシルの婚約祭りに参加する男性

祭りの前日から、市に参加する人が売り物をたずさえて続々と集まってきます。

イミルシルの婚約祭りムーセム

婚約式が進行する中、楽団が陽気な歌をくりひろげます。

イミルシルの婚約祭りムーセム

お祭りには外国人観光客に加え、たくさんのモロッコ人が訪れます。

モロッコの婚約祭りムーセム

土の中に入れて焼いたパンが出来上がりました。

イミルシルの婚約祭りムーセム

祭り会場ではモロッコで最大規模の市が開かれます。

イミルシルの婚約祭りムーセム

ラクダを売る男性たち。モロッコの男性はジェラバという民族衣装を着ている。

イミルシルの婚約祭りムーセム

市には大勢の男女が集まるため、ここで素敵な出会いがあるとも聞きました。

イミルシルの婚約祭り・モロッコ

市に着ている女性たちは地方の民族衣装に身を包んでいます。

ムーセムの日にち

9月中の3日間です。

直前まではっきりした日がわからないことが多く、現地の旅行代理店やイミルシルのホテルなどに問い合わせる必要があります。

お祭りの期間はホテルが混み合うため、事前に予約するのがベターです。

イミルシルへの行き方

私はエルラシディアからミニバスで行きました。

イミルシルの婚約祭り・ムーセム

これがエルラシディアから乗ったミニバス。

乗客が集まったら出発というもので、集まるまでかなり時間がかかりました。

エルラシディアからイミルシルまで3時間ほどです。

祭りに日帰りで行くツアーもあるようです。

 

【関連記事】

モロッコ初心者から達人まで「旅」を充実させる4冊のおすすめ本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA