<イラン> 外国人も滅多に行かない辺境地「ホウラマン」にて

イランのクルディスタン州にある「ホウラマン(ウラマン)」。イラク国境地帯にある山岳地帯の村です。イランの中で最も知られていない、かつ景観が素晴らしい場所。こうガイドブックには書かれてあります。

その中心にあるのが、ホウラマンタクトという村です。
行き方は、サナンダージからバスで、「ビヤカラ」という村に行き、そこからは基本的にヒッチハイクになります。

_MG_3118

_MG_3113

_MG_3123

_MG_3179村にある喫茶店。窓から谷間が見下ろせます。お客は男性ばかり。

_MG_3208

_MG_3209ここの人は、豆をよく食べます。

_MG_3149

_MG_3265

IMG_3126家庭料理。左の白いものは、この地方で昔から食べられている「ドイネ」というスープです。

【関連投稿記事】
なぜ24日間1万円で旅行できたのか
人を撮るとは、その国を撮ること
8000年以上の古さを誇る洞窟の家 イラン・メイマンド村

コメントを残す