バングラデシュの恋愛観・結婚事情&結婚式の流れはどうなっている?

バングラデシュの結婚式:バングラデシュ女性:美人の花嫁

バングラデシュの今時の恋愛観・結婚事情、結婚式の流れはどうなっているのか?

私が参加した結婚式をご紹介します。

バングラデシュの恋愛・結婚事情

バングラデシュ女性:美人の花嫁 バングラデシュの結婚式

花婿のAさんと花嫁Mさん。

バングラデシュの結婚は、今も親などが決める見合いが主流です。その意味では、この結婚は少しイレギュラーなケースでした。

Mさん(27歳・歯科医)とご主人Aさんのなれそめは、彼女が勤務する病院に、彼のお母さんが患者としてやってきたことでした。

お母さんは彼女のことを気に入り、「うちの息子の嫁にしたい!」と息子さんを紹介。

すぐに2人は恋に落ち、やがて結婚を意識する仲になりました。

しかしMさんのお父さんがこれに大反対でした。Aさんが軍人だったからです。

一族はすべて医者で、お父さんは彼女を医者と結婚させたがっていました。

「医者同士なら、相手の生活スタイルをよく理解できるから」が理由です。

また軍人は転勤があるのも反対の理由です。転勤があると、娘が仕事を続けられないかもしれない。

お父さんは彼女の気持ちを変えさせようと、次々に良い縁談をもってきました。ロンドンで経済学の修士合を取得し、経済省で働いている役人などです。

彼女はそれには見向きもしません。腹を立てたお父さんは、1年間彼女と口をきかなかったそうです。

ようやく父親が折れたのは、Mさんのおじいさんの助言があったから。

Mが好きな人と結婚するのが、一番幸せになれるのではないか」。

バングラデシュは年長者を重んじる社会で、年長者の言うことは尊重しなければなりません。

お父さんはこの言葉に動かされ、Mさんの結婚を承諾しました。 

結婚式の流れ

バングラデシュの結婚式

自宅のガエ・ホルードの式に入場する花嫁Mさん。

バングラデシュの結婚式は、基本的に4日間です。

<バングラデシュの結婚式の流れ>

①1日目:ガエ・ホルード(ターメリックの儀式)

②2日目:花婿のガエ・ホルード。花嫁と同じことをします。

③3日目 :花嫁側が用意する披露宴

④4日目:花婿側が用意する披露宴

最近では①と②、③と④をセットで行うことも多いようです。

私が参加した①、③の様子をご紹介します。

①1日目:ガエ・ホルード(ターメリックの儀式)

バングラデシュ女性:美人の花嫁 バングラデシュの結婚式:ガエ・ホルード

ガエ・ホルードで花嫁の額にターメリックをつけるゲスト。

身内だけで行われるお祝いです。場所はMさんの自宅でした。

ガエ・ホルードとは「ターメリックを肌に塗る」という意味です。

バングラデシュの風習では、ターメリックが花嫁の肌を柔らかくし、美しくすると信じられています。

ゲストが各自ターメリックのペーストを指につけ、それを花嫁の額に塗ります。

ガエ・ホルード

ミスティというお菓子を花嫁とゲストで食べさせっこする。

またミスティー(バングラデシュの甘いお菓子)を花嫁とゲストで食べさせ合います。

最後に皆でビリヤニの食事をいただきました。

③3日目:花嫁の家族が用意する披露宴

バングラデシュの結婚式:バングラデシュ女性:美人

これは日本の披露宴に相当します。場所はホテルやレストランや公民館、自宅などです。

式が終わると花婿が花嫁を家へ連れていきます。

美容院で身繕い

 

この日花嫁は朝9時に美容院に入りしました。まずは入念に化粧をします。

化粧が終わると、手に絵の具のようなもので入念に絵を描きます。この上に、さらに細かい赤や金の粉をふりかけます。

化粧がすむと、サリーに着替えます。花嫁の衣装は赤と決まっているそうです。

すべての支度が終わったのは正午近く。かかった費用は8000タカ(約1万円)でした。

披露宴は公民館の会場

バングラデシュの結婚式

外で待っていた親戚の車で会場へ。場所は公民館でした。

驚いたのは、来た人から次々に食事を食べ始めることです。開会のあいさつなどはなく、食べ終わった人はすぐに帰ります。服装も普段着の方が多く、気軽な式です。

バングラデシュは親族のつながりが強いため、披露宴の招待客は多い場合は千人くらいになるそう。会場でそれだけの人数を収容できなため、来た人から食べて退場するのです。

この日は新婦側の招待客が600人、新郎側が100人。1週間後の新郎の披露宴では、新婦側が100人、新郎側が600人になるそうです。

新郎が到着したのは、式も後半になってから。それまでに帰ってしまった客もたくさんいます。

1年ほど前の婚約パーティで新郎に会っているので、問題ないそうです。

食事する際は、まず皿(裏返しに置いてある)を上にし、コップの水を皿の上にかけながら右手を洗います。その水で皿をきれいにします。

洗い終わったら、水をテーブル中央に置かれたボールに移し、皿にご飯を盛ります。

料理はチキンカレー、ビーフカレー、マトンカレーなど様々なカレーです。米とカレーを手で混ぜ合わせながら食べます。

手で食べるのは、特に肉を食べる場合に便利ですね。ナイフとフォークでは、骨つきの肉は食べずらいですから。

遅れて花婿が到着

バングラデシュの結婚式

新郎が到着すると、センターの正門入り口で赤いテープがはられ、花婿を「とうせんぼう」します。

ここで親睦を深めるゲームが行われます。

花嫁の従兄弟たちが「俺たちが今日のために、綺麗に会場を飾り付けした。だからお金を払え」と言うと、

(新郎)「だったら、1万タカでいいかな?」

「それじゃ少ない。2万タカはもらわないと」

(新郎)「それは払えない。ちょっとまけて」

「それなら、この結婚は無しさ」

(新郎)「そんな無茶な。わかりましたよ、払います」

話し合いが終わると、用意されたマリーゴールドの花びらを新郎に振りかけ、めでたく新郎は会場の中に。

しばらくして、2人のための特別な食事が運ばれてきました。子ヤギの丸焼きです。

バングラデシュの結婚式:バングラデシュ女性:美人

バングラデシュの結婚式 バングラデシュ女性:美人の花嫁

最後、他の招待客がおおむね帰り、近い親戚だけになったころ、新婦の両親と新郎新婦の誓いの儀式が行われました。

バングラデシュの結婚式

皆が中央で手を合わせて誓いあうもの。この時Mさんの目には涙があふれていました。

Mさん、Aさん、末長くお幸せに!!

 

【関連記事】

1週間続くチュニジアの結婚式:初夜のクライマックスまでの一部始終をくまなくご紹介!