つらいことが嫌いな人でも続けられる毎日の小さな健康習慣

健康には気を使っています。

といっても、つらいことが嫌いなのでラクで気持ちいいことだけをしています。

それでも10年間風邪をひいたことがありません。

ごく簡単なことばかりですが、大きな病気もせずにいられるのは、このちょっとした習慣のおかげだと思っています。
 

起きたら新鮮な空気を吸う

朝起きたら、まずベランダに出て背伸びしながら大きく深呼吸します。

寝ている間に肺の中に溜まった老廃物を出すイメージです。
 

食べたらすぐ歯を磨く

死ぬまで美味しく食べたいので、歯には気を使っています。

食べたらすぐに磨きます。

外食の時も歯ブラシを持ち歩いて、トイレで歯磨き。

もう習慣化しているので、全く苦になりません。

かえって磨かない方が気持ち悪いです。
 

早寝早起き

なるべく自然のリズムにそって暮らすのが気持ちいいし、体調も良いです。

今なら5時起き。ちょうど周囲が明るくなってくる頃です。

夜は9時に寝てしまいます。

これはちょっと早いので、普通の人は大変ですね。

でも10時くらいなら、可能なのでは?

以前は飲みに行ったり業界のパーティにさかんに出かけていましたが、ほとんどしなくなりました。

寂しいですが、何かを捨てないと得たいものも得ることができません。

夜7時後はPCを見ない

寝る前になるべく目や脳を休ませると、ぐっすり眠れます。

日中パソコン仕事をしているので、夜はなるべく目を休めたいと思っています。

私の場合、テレビもあまり見ません。

夜はのんびり音楽をきくか、本を読んだりしています。

外から帰ったらうがいと手洗い

今は特に大事ですね。

コロナが流行り出してからやっている人がほとんどかと思いますが、治っても習慣化した方がいいです。

食事はゆっくり味わって

1口20回くらい噛むのをイメージしています(あくまで目標)。

胃腸を疲れさせないためです。

白米のかわりに玄米

玄米は栄養価が高いのは誰でもご存知ですよね。

慣れれば、とても美味しいです。

もう白米には戻れません。

玄米だとお腹がもたれるという方がいますが、よく噛めば大丈夫です。

自然な甘みを

甘いものが欲しくなったらデーツや干しぶどう、ハチミツなどを食べるようにしています。

家では白砂糖はとりません。病気の元凶だからです(でも時にはケーキを食べることも)。

料理の甘味をつけるのは、みりんや黒砂糖を使っています。

お風呂でふくらはぎを揉む

ふくらはぎは第2の心臓。

ここをもむことで全身の血流がよくなります。デトックス効果もあり。

寝る前に軽くヨガ

きついのは続かないので、楽にできるポーズだけです。

いつもやっているのは、猫のポーズ、コブラのポーズなど。

初心者向けの簡単なものばかりです。
 

SNSは短時間

熱心に見ても、あまり楽しいことはないからです(あくまで私の場合)。

FBも、日頃からリア中アピールや宣伝に熱心な方のフォローは外しています。

読んだら「ああ、自分はそれに比べてなんて平凡な毎日しか送ってなんだろう?」と自己嫌悪に陥ってしまうからです。

読んで楽しくなるようなものだけを見るようにしています。
 
心が健やかでいれば、体も健康でいられます。
 

さいごに

「健康のために」と苦しいことをすると、かえってストレスになってしまいます。

「人生に苦行はいらない」が私のモットーです。

楽しく気持ちよく続けられるものだけをやっていれば十分だと思います。

 
健康になりたいけど、苦しいのはいや、という方の参考になれば嬉しいです。

 

【関連記事】

「シェいなば」の玄米自然食ランチと食育講座に参加しました

癌に効く方法を徹底的に研究した「がんになって、止めたこと、やったこと」