ニズワー古き良きアラブの面影を残すスークと白熱の動物市

オマーンの中で、古き良きアラビアの雰囲気を存分に感じられるのが、第2の都市ニズワ(Nizwa)です。

 ニズワは6世紀から7世紀にかけてオマーンの首都が置かれていた古都。

町中にはニズワ・フォートや古くから商いが行われてきたスーク(市)があります。

ニズワのスーク

ニズワのスーク(市場)は、オマーンのスークの中で最もアラブの雰囲気を感じられる場所です。

ニズワスーク

スークの入り口。

ニズワスーク

古き良き面影を残すスーク

 

ニズワスーク

ハンジャル Khanjar と呼ばれるオマーンの伝統的な三日月形の短剣を身につけた男性も見られます。

ハンジャルは、男性が正装をするときに身につけるもの。

オマーンは昔から銀細工が盛んで、ハンジャルも銀細工が施されたものが多くあります。

ニズワは、オマーンにおける銀細工の中心地です。

ニズワスーク

自慢の銃を手にした男性たち。右はパキスタン人。

ニズワ

ニズワの旧市街。かつてここに暮らしていた人々のほとんどは、新市街に新たな家を造り、移り住んでいる。

白熱の動物市

ニズワ動物市

ニズワのスークでは毎週金曜日に動物市が開かれます。取引されるのは、ヤギ、牛や馬など。

売買のやり方は、とても原始的です。

買い手が二重の輪をつくった中を、売り手が動物を引き連れてねり歩きます。

興味ある買い手は売り手に声をかけ、その場で交渉開始です。

ニズワ動物市

 

こんな白熱した場面も見られます。

ニズワ動物市

 

市には女性も大勢参加しています。多くは近隣の村々から家畜を買いに来た女性たちです。

ニズワ動物市

内陸部には、家畜を放牧しながら遊牧生活をしている人たちがいます。

 

オマーン女性

顔を出してくれたら、もっと美しいのに・・・などと思うのはこちらの身勝手な想像でしょうか。

 

動物市では、まずヤギが売買され、次が牛や馬などの大型動物になります。

熱気ある売買が見られるのは、大型動物よりもヤギの時です。

そして市が最も賑わうのも早朝から7時くらいにかけてです。

活気ある売買を見たければ、ぜひ早目に到着しましょう。

市の様子は、動画でもご覧いただけます。

【ニズワの場所】

ニズワは首都マスカットから170km。マスカットから車で約2時間です。

【ニズワのホテル】

ニズワではAl Karam Hotel Apartmentl に泊まりました。部屋も広くきれいなアパートメント形式のホテルです。

【関連記事】

【完全ガイド】オマーンの魅力と予備知識

オマーンにある10の美しい観光地と5つの秘境

 

【「女ひとり、イスラム旅」】

首都マスカットから山間部の秘境まで、オマーンの旅の魅力を記しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA