ダッカの見所紹介

バングラデシュなんて、見るところあるの? と思われるかもしれませんが、これが意外にあるのです。
ここでは、首都ダッカの見所の一部をご紹介します。

オールドダッカ

ダッカの下町で、イギリス植民地時代からの古い建物が残る地区です。

様々な商店や町工場が集まり、その間を迷路のように入り組んだ路地が通っている。

一日中歩いても飽きることがありません。

ニューマーケット


ダッカ中心部にある巨大なマーケット。食料品だけでなく、衣料品、日用雑貨、その他ありとあらゆるものが売られています。

なんといっても値段が安い。

バングラデシュ人も、何か買うときは必ずここに来るそう。

セントラル・ショヒド・ミナール 

1952年のベンガル言語運動の犠牲者を追悼する目的で建設された塔。
ニューマーケットから1kmくらいの場所にあります。

塔は広い敷地内に建てられており、ここではカップルや学生グループ、家族連れなどがくつろいでいます。

敷地内で売られているピーナツなどをポリポリかじりながら、目の前の通りの喧噪を眺めるのも一興です。

ボシュンダラシティー

ダッカの高級デパート。いわゆる「モール」です。

フードコートもあり、家族連れや友人グループで賑わっています。
オールドダッカなどとはまた違った雰囲気、客層で、バングラデシュの多様性を見ることができます。

ただし、ここは高いので、買い物はあまりお勧めでないかも。

1階は電気店が集まり、最新式のタブレットやスマホに見入る若者達の姿も。バングラの今を体感することができます。

 

【関連記事】

バングラデシュはどんな国? バングラデシュ人質襲撃事件を受けて考えたこと

バングラデシュ観光で気をつけたい3つのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA