アズムール *ポルトガルの小さな漁村を彷彿とさせる町にVIPがお忍びで宿泊するホテルが

アズムールのメディナ

大西洋岸の町アズムール(Azemmour)

場所はエルジャジーダ近郊、カサブランカから海沿いを南西に80kmほど行った場所にあります。

16世紀ポルトガルがモロッコの大西洋岸を支配していた頃、ウムエルルビア川(Oum Er-Rbia River)沿いに町をつくって暮らしていました。

これが上の写真のメディナです。

なぜここに来たのか?

ホテルに泊まりたかったからです。VIP御用達だという。

メディナはポルトガルの田舎町

 

アズムールのメディナ

雑貨屋のとなりにさりげなく画廊が。

アズムールのメディナはひっそりと静かで、ひなびた田舎町といった感じです。

アズムールのメディナ

井戸端会議に花を咲かせる女性たちと、買い物に出かけるであろう家族連れなど。

観光客はほとんど見かけません。完全に地元の人の生活の場所。

しつこい客引きなどはもちろん皆無です。

アズムールのメディナ

糸をつむぐ母娘。子供たちが遊んでいる姿がよく見られます。

アズムールのメディナ

所々にキオスクがあります。

アズムールのメディナ

魚売り。魚売りの屋台はいつも野良猫たちに囲まれています。

アズムールのメディナ

魚売りは2人ペアになっていて、1人が魚を売る一方、もう1人は集まってきた猫たちに魚をあげている。

こいういうの、いかにもモロッコらしい〜

(訪れたことはありませんが)ポルトガルの港町も、きっとこんな感じなんだろうなあ。

メディナの中に家を買って住んでいるヨーロッパ人が多くいるそうです。

ただ滞在するのは1週間ほどの休暇の間だけだそう。

なんだかもったいないですね。

メディナの中にはシナゴーグ(ユダヤ教会)もあり、時々ユダヤ人の団体が巡礼に来るそうです。

町全体がアート

アズムールのメディナ

アズムールは、アートの町としても知られていいて、町のいたるところに絵が描かれています。

買い物帰りの2人の女性。左の女性はフランスパンをもっています。

アズムールのメディナ

メディナの中で見つけた絵。

アズムールのメディナ

ガスを運ぶ女性。

アズムールのメディナ

右の絵。一瞬、本物の男の子かと思ってしまいました。

 

活気あるスーク

アズムールのマーケット

大通りを挟んでメディナの反対側はスーク(市場)になっていて、とても活気があります。

アズムールのマーケット

夜遅くまで人通りが絶えません。

メディナのひっそり感に慣れていただけに、「こんなにたくさんの人がどこにいたの!?」と驚くばかり。

VIP御用達ホテル:Loum Errebia

 

アズムールのホテル

ここで泊まったのは、メディナの奥にひっそりと建つLoum Errebiaというホテル。

実はこのホテルに泊まりたくて、アズムールにやってきたようなものなのです。

アズムールのメディナL'Oum Errebia

客室。リバービューの部屋とパティオに面した部屋があります。こちらはリバービューの部屋です。

朝起きたら、ベッドの上から朝もやに包まれた川辺を眺める。

なんとも優雅です。

そもそもこのホテルを知ったのは、ある人のブログでした。

記事の中でこのホテルを紹介しており、載っていた写真に一目惚れしてしまったのです。

それはモロッコに向かう飛行機の乗り継ぎの空港での事でした。

その時までアズムールという地名すら知らなかったのです。

急遽予定に入れました。

アズムールのメディナL'Oum Errebia

階段の踊り場。ここも写真心をくすぐられる佇まい。

アズムールのメディナL'Oum Errebia
ホテルにサウジアラビア人(奥さんがモロッコ人)が泊まっていました。

彼は毎年モロッコに来て、その時はこの宿に泊まるそうです。

今回は10日間くらい滞在し、ここを拠点にカサブランカに買い物に行ったりのんびり過ごしています。

「ここはまるで自分の家みたいにくつろげる場所なんだ」と彼。

「モロッコのVIPもここにお忍びで宿泊するんだよ」

アズムールのホテルLoum Errebia
その真偽はともかく、部屋から川を眺めているだけで癒されます。

アズムールのホテルLoum Errebia
1階。写真の左手にフロントが、右手にはライブラリーがあります。

モロッコやその他海外のアート関連の本がたくさん置いてあります。

1階から2階まで吹き抜けになっており、1階中央に噴水があります。

 

アズムールのメディナL'Oum Errebia

ある部屋からの眺め。

この日は薄曇りでしたが、かえってそれが、黄昏た雰囲気をかもしだしていました。

 

アズムールのメディナL'Oum Errebia

川を望みながらの朝食。

 

Loum Errebia

https://www.azemmour-hotel.com/
住所:27 Derb Chtouka 24100 – Azemmour, Maroc
e-mail:contact@azemmour-hotel.com
Tel: + 212 5233 47071

<ホテルへの行き方>

鉄道の駅からメディナの入り口までタクシーで5分。

メディナの奥にあり、場所がわかりずらいです。

ホテルのスタッフに駅まで迎えに着てもらうのがベターです。

カサブランカからアズムール への行き方

グランタクシーの場合、エルジャジーダEl Jadida方面へのグランドタクシーに乗り、途中降車。

電車の場合も同様にエルジャジーダ行きに乗り、途中下車します。

 

さいごに

アズムールはアルジャジーダ(El Jadida) などから日帰りする人が多いのですが、できれば1、2泊して、のんびり滞在するのをおすすめします。

【関連記事】

モロッコはどんな国?治安と旅行の基本情報 

 

女ひとり、イスラム旅

女ひとりでモロッコ、チュニジア、オマーンなどを旅した旅行記。モロッコではラバトのプー太郎青年と知り合い、彼の自宅や古い邸宅に暮らす友人宅を訪ねた歩いた体験、カスバ街道の美女とハマムで汗を流した話などが書かれています。

イスラム流 幸せな生き方

イスラムの魅力を中学生でもわかるように書いた入門書。この一冊でイスラムのイメージが変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA