中東イスラム圏でイケメンが多い国はどこ?

 

エジプト人男性

エジプトの結婚式の楽団をつとめる男性。イケメンというより表情が素敵。特に右の男性は、そこはかとなく気品が感じられます。

イケメンに会いにイスラム圏に通っているわけではありません。

でもイケメンを見ると、やはりカメラを向けたくなります。

そこで気になるのは、アラブの中でどこの国がイケメンが多い?ということ。

パキスタン

 

パキスタン男性パキスタンのとある会社社長の御曹司です。

わけあってカフェでいっしょにお茶を飲みました。

このとき彼は独身でしたが、その後間もなく結婚。

ああ、残念?

シリア

シリア人男性

シリア人お兄さんたち。
飲んでいるのは、マッタという南米発祥の飲み物です。

これは向こうへ移住した人たちがシリアに持ち帰ったそうです。

エジプト

エジプト人男性

エジプトのテーラー。

年季の入ったミシンとホコリをかぶってそうな花飾り、そして彼の柔和な表情が絶妙な組み合わせでした。

 

エジプト男性

オアシスの村で、ヤシの木に登って実をとっていた人。

麦わら帽子もヤシの葉っぱで編んだものです。

バングラデシュ

バングラデシュの漁師

バングラデシュの村の漁師さん。

光り輝くような小麦色の肌に、思わずシビれました。

イラン

イラン人男性

イランのウルミエ(イラク国境の町)のバーザールにて。

イランは美人が多いのですが、男性も負けず劣らず美男子が多い印象。

このへんは好みにもよると思いますが。

イラン男性
同じくイランの男性。イランの甘味屋で甘いジュースを召し上がっています。

このジュースは「ビタミナ」というものです。

バナナ、各種ナッツなどが入っていて、その名のとおりビタミンたっぷりです。

クルド人男性イランのクルド人の街で、民族衣装を着た若者。

ちょっぴり照れた表情が素敵。

民族衣装が似合っていると、それだけでイケメン度がアップしますね。

イラン人男性イランの楽器屋さんの店員。

モロッコ

モロッコ男性
モロッコの首都ラバトにある「ムハンマド5世の霊廟」の守衛さん。

凛々しいお姿に思わずカメラを向けてしまいました!

もう少しお話したかったのですが、私の拙いアラビア語では、ほとんど会話らしい会話ができず残念。

チュニジア

チュニジア男性耳に花かざりをつけたチュニジア男性。

なぜかチュニジアの男性は、耳に花をつけている人が多いのですが、単なる飾り?

どの国の男子がタイプでしたか?

とにかくイケメン男性を眺めるのも、イスラム圏の旅の楽しみ。

イスラム圏の旅のご参考にしていただければ幸いです。

 

 
 


【関連記事一覧】

日本人が知らないイスラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA