モロッコ ハッサン5世モスク

イスラム圏の旅

カサブランカ*近代とイスラム文化が融合する独特の魅力【ホテル情報】

モロッコの最大都市カサブランカ。

モロッコだけでなく、マグレブ諸国(モロッコ・アルジェリア・チュニジア・西サハラ)の中でも最大の都市です。

商業や金融の中心で、高層ビルが立ち並び、ビジネスマンが忙しく街を闊歩する。

異国情緒を求める旅人にとって、あまり魅力を感じる場所ではないかもしれません。

だからといって素通りしてしまうのは、あまりにももったいない。

近代と古いイスラム文化が融合する独特の魅力が、カサブランカにはあります。

カサブランカ旧市街

メディナ(旧市街)は人々の生活の場。

カサブランカの見所やホテルをご紹介します。

カサブランカの見所

ハッサン2世モスク

モロッコ ハッサン5世モスク

大西洋に面して建つモロッコ最大のモスク。世界では7番目に大きなモスクです。

前国王ハッサン2世の発案で、1986年から8年かけて建造されました。

モロッコ全土から3300人もの職人を集め、伝統的な建築工法で建てられています。

内部には25000人が一度に礼拝できる広さ。

ミナレット(尖塔)の高さは210mで世界最高です。

新市街

 

モロッコがフランスの保護領だった時代に建てられたアール・デコ&モロッコ建築様式の建物が並びます。

カサブランカ新市街

プチ・フランスといった風情。

下に紹介するメディナも好きですが、新市街のアール・デコ調の建物を見ながら散策するのも楽しいです。

 

新市街のショッピング街。女性達の服装もどことなく垢抜けています。

 

メディナ(旧市街)

カサブランカのメディナ

カサブランカの新市街は、どこかすました顔。

その点メディナは旧市街はモロッコ庶民の暮らしぶりが垣間見れます。

個人的には、カサブランカで一番のおすすめの場所。

少年達が集まってクスクスを食べていたり、青年達がサッカーに興じていたり・・・・。

カサブランカのメディナ

地元の人向けの生活雑貨店、八百屋などが軒を並べています。

 

 

カサブランカのメディナ

路上は人々の生活の場。そんな暮らしぶりを見ているのが楽しい!

 

カサブランカ旧市街

お菓子の屋台。もちろん買ってしまいました。

メディナでの注意点

私はあったことがありませんが、メディナの中ではスリがいると聞きますのでご用心を。

バックのファスナーはしっかりとしめることを忘れずに。

早朝、夕方以降は、女性一人で歩かない方がよいかもしれません。

とはいっても、私がファスナーを開けっ放しでいたところ、カフェでとなり合ったおじさまに「ファスナーちゃんとしめなさい」と忠告されました。

ほとんどの方は良い人達なのです。

ハッブース街

カサブランカのハブース街

モロッコでお土産を買うなら、マラケシュやフェズではなく、カサブランカで買うことをお勧めします。

マラケシュで売られているものはカサブランカから持ってきているものが多く、その分運賃がプラスされています。

観光客のほとんどはカサブランカに行かずにマラケシュに行きますから、違いがわからないのです。

「日本よりは安いわ」と買ってしまう。 

お土産を買うなら、飛行機に乗る前にカサブランカに立ち寄って買い物するのをおすすめします。

その際に良いのがハッブース街です。

地元の人向けのマーケットで、衣類や絨毯、陶器、真鍮製品など様々なものが売られています。

 

絨毯ショップが並ぶ通り。

外国人観光客はもちろんモロッコ人も買い物に訪れる人が多いです。

中央市場

カサブランカの中央市場

市民の台所。野菜や果物、魚介類、雑貨などが並びます。

海に面したカサブランカといえば、やはり海の幸。

ここに来たら、ぜひ新鮮な生ガキを味わいたいものです。

写真はこの市場で何十年もカキを売り続けている名物おばさん。

市場には食堂もいくつか併設されています。

カサブランカのおすすめホテル

カサブランカの魅力的なホテルをご紹介します。

旧市街からも歩いて10分ほどの距離です。

Hôtel & Spa Le Doge

カサブランカのホテル
客室1つ1つにテーマがあり、私の部屋は「写真スタジオ」でした。

 

シッティングスペース。部屋にあるコーヒーマシーンでいれたコーヒーを飲みながらくつろぎました。

カサブランカのホテル

ラウンジにはモロッコや海外の写真集がたくさん置いてあります。

【Hôtel & Spa Le Doge 】

Hôtel & Spa Le Doge 
tel:+212 5 22 46 78 00
住所:Le Doge se trouve au N° 9 rue du Docteur Veyre,20070 Casablanca
e-mail:contact@hotelledoge.com

【関連記事】

モロッコ初心者から達人まで「旅」を充実させる4冊のおすすめ本理由

モロッコはどんな国?治安と旅行の基本情報 

 

女ひとり、イスラム旅

女ひとりでモロッコ、チュニジア、オマーンなどを旅した旅行記。モロッコではラバトのプー太郎青年と知り合い、彼の自宅や古い邸宅に暮らす友人宅を訪ねた歩いた体験、カスバ街道の美女とハマムで汗を流した話などが書かれています。

[itemlink post_id=”31087″]

イスラム流 幸せな生き方

イスラムの魅力を中学生でもわかるように書いた入門書。この一冊でイスラムのイメージが変わります。[itemlink post_id=”35125″]

関連記事

  1. エジプト人男性

    イスラム圏の旅

    エジプトのイケメン男子にご用心

    日本人女性は海外でモテます。イスラム圏の国々でも例…

  2. イスラム女性 イラン マリヴァン ホテル

    イスラム圏の旅

    マリヴァン(クルディスタン州)*観光情報

    イランのクルディスタン州にあるマリヴァンという町のご紹介です。マリ…

  3. モロッコ・マラケシュ

    イスラム圏の旅

    マラケシュ*1日観光プランと旅の注意点

    モロッコの代表的な観光地マラケシュ。忙しい方のために観光スポットを1日…

  4. チュニジアのモスク

    イスラム圏の旅

    トズール*アルジェリア国境に近い砂漠の中のオアシス都市はフランス人の憧れの町。

    チュニジアのおすすめの町の1つはトズール(Tozeur)です。サハラ砂…

  5. イランのパランガン村

    イスラム圏の旅

    パランガン(クルディスタン州)*イランで最も美しい村への女一人旅

    イランで最も美しいと言われるパランガン村<クルディスタン州>。同州では…

  6. モロッコ ミルレフト

    イスラム圏の旅

    ミルレフト*何もないけれど心癒される小さな港町でアパート暮らし【宿と食事】

    ミルレフト(Mirleft)。大西洋岸にある小さな港町です。ここに…

最近の記事

  1. エジプト・ソハーグ
  2. oman-game-man
  3. インドネシア ボロブドゥール
  4. サウジアラビアの観光

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  2. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
  3. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  4. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
PAGE TOP
error: Content is protected !!