イランのモスク ジャムキャラーンモスク

読書

『バスラの図書館員-イラクで本当にあった話』*バスラの女性図書館員・アリアさんを主人公にした実話

絵本を読んで泣いてしまったのは、久しぶりです。

絵本の舞台は、イラクの文化的中心都市バスラです。

バスラは本を愛するイラク人たちが集まってくる町でした。

この絵本は、バスラの女性図書館員・アリアさんを主人公にした実話です。

2003年春、イラクへの侵攻がバスラに達します。

アリアさんは図書館の蔵書を守るため、約3万冊の本を自力で友人知人の家に運びました。

「図書館の本には、私たちの歴史が全部つまっている」

本を避難させた9日後、図書館は戦火で燃え落ちました。 

「アリアさんは、戦争が終わるというのぞみをすてず、平和なときがくると信じています」

「そのときまで、図書館の本はまもられています。図書館員の手で」

そんなシンプルなメッセージと美しい挿絵が、戦争のむなしさ、悲しさをダイレクトに訴えます。

この絵本の収益の一部は、図書館再建のために使われるそうです。

[itemlink post_id=”35251″]

【関連記事】

クルド自治区を女一人で旅する「クルド人のまち」が凛々しく美しい

関連記事

  1. 読書

    「これが「買い」だ私のキュレーション術」旅でネタを仕入れる技術

    話し下手で悩む人は多いですよね。私もです。どうしたら上手く…

  2. エジプトのオアシス

    より良い人生

    『人は死ぬ時何を後悔するのか』*ホスピスで2500人のガン死を見届けて

    「こういう病気で早く死ぬとは思っていなかった」。ホスピスの患者のほとん…

  3. 読書

    若さを保つ秘訣は、たった3つの簡単なことだけ

    「「老いない」生き方」(坪田一男著)による若さを保つ方法。効果的な…

  4. マシュハド郊外のバキルアバッド

    読書

    『何がいいかなんて終わってみないとわかりません。』本当の「生きる喜び」とは?他人の役に立つことの意義…

    今日本では、自分のやりたいことを見つけて、それで生きていく、と説く風潮…

  5. モロッコ ラバト メディナ

    読書

    「恋するソマリア」*イスラムの家庭に男性が入り込む貴重さが素晴らしすぎる

    ソマリアがイスラム圏だという知識すらなく、高野秀行さんという好きな…

  6. フィンランドのサウナ

    読書

    幸福度ランキング1位のフィンランドとサウナには、イスラム圏と意外な共通点が。『フィンランド人はなぜ午…

    幸福度ランキングで例年1位となるフィンランドには、以前から興味がありま…

最近の記事

  1. エジプト・ソハーグ
  2. oman-game-man
  3. インドネシア ボロブドゥール
  4. サウジアラビアの観光

過去の記事

イスラム教徒との結婚
イスラム教の基本
イスラム教のおすすめ本
イスラム女性のすべてがわかる
desert-nomad
イスラム教の結婚式
  1. チュニジア男性

    イスラム

    ムスリム男性との恋愛・結婚について<質問への回答>
  2. オマーン ニズワ動物市

    イスラム

    イスラム女性を知るおすすめの入門書【厳選5冊】
  3. イスラム教の女性の写真 エジプトの女子学生のしゃs

    イスラム

    日本人が知らないイスラム女性の真実【決定版】
  4. エジプトの結婚式

    イスラム

    エジプトの結婚の特徴&結婚式のプロセス
PAGE TOP
error: Content is protected !!