イスラム女性の情熱メイク術をたっぷりご紹介!

イスラム教徒女性のメイク術

「アラビアンメイク」などの派手なアラブメイクが日本でも知られるようになりました。

では現地のアラブ女子たちは、いつもそんなバッチリメイクをしているのでしょうか?

アラブ&イスラム女性のメイクの基本は?

アラブ女性の伝授のメイク術をたっぷりご紹介します!

アラブメイクの基本とは?

コホルでアイメイクをしたイスラム女性

化粧っ気のない女性でも、しっかり眉を整え、アイラインを引いている。

たった1人のために口紅をひく

まずアラブ&イスラム女性のおしゃれ・化粧の基本から。

「口紅をつけるのは、家にいて夫と2人きりの時だけよ」これが基本です。

なぜなら「美しいところは人に見せぬよう」とコーランに書いてあるから。
 
「アラビアンメイク」などしていたら、プロと見られる恐れもあります。

やるなら夫の前だけ。そして「バッチリ化粧してして、セクシーなランジェリー着て夫の帰りを待つの」。

それが本来のイスラム妻というものです。

預言者の妻も愛したコホル

とはいっても、おしゃれしたいのは女性の心理。若いアラブ女性の中には、バッチリ化粧している人もたくさんいます。

実は古来からアラブ女性たちは化粧を楽しんでいたのです。

「預言者ムハンマドの奥さんなどは、コホルというメーキャップ用品をつけていたのよ」と口々に言うイスラム女性たち。

コホルは、アンチモンという鉱物からできた黒い粉で、これを細い棒に粉をまぶしてアイライナーやマスカラとして使います(上の写真)。

アイメイクが命

宗教のお墨付きもあるためか、アラブ女性がメイクで気合を入れるのが「目」です。

くっきりアイラインをひき、アイシャドーやマスカラもばっちりと。

もともと彼女たちは目が大きい上に濃いアイメイクをするので、クレオパトラみたいになります。

(だからごく一部の女性は、たしかにアラビアンメイクをしていると言えます)

ふだんあまり化粧しないという女性も、マスカラだけはつけていたりします。

眉も大事です。毛深いアラブ女性は、ほっておくとまゆと眉がくっついてしまう。

イスラム女性はむだ毛にはとても敏感なのです。(脱毛については、後で説明しますね)

 

アラブ各国別メイク事情

メイクをするイスラム教徒女性

口紅をつけるイラン女性。

メイクに最も熱心なのは、アブダビやドバイなどUAE(アラブ首長国連邦)とイラン女性たち。

エジプトやチュニジアなど北アフリカの女性たちは、この点やや控えめです。

これは1つには資金力が関係しているかもしれません。

メイク用品に関しては中国製の安いものも売られてはいるものの、ちゃんとしたクオリティのものを求めるのなら、やはりお金がかかります。

資金力という点ではサウジアラビアも同様ですが、そこはやはり聖地メッカのおひざもと。

派手な化粧ははばかられるのか、バッチリ化粧をした女性をあまり見かけません。

それに比べればイラン、UAEなどはやや開放的です。

イラン&湾岸女性がメイクに熱心な理由

加えてイランや湾岸女性たちは、外出時に必ず黒のチャドルやアバーヤ(ロングコート)で身をつつみます。

出ているのは顔と手だけ。だからこそ出ている部分を美しく見せることに集中するのです。

UAE女性たちはアバヤは着ていても、サウジ女性のように顔を隠していません。

だからこそメイクのしがいがあるというものです。

 

華麗なる湾岸女子のメイクライフ

メイクをするイスラム教徒女性パソコンを眺めるアラブ女性

アブダビのスターバックスで話を聞かせてくれたファトマさん。しっとりと落ち着いた色合いのマニキュアが印象的。

では実際にアラブ女性はどんなメイクライフを送っているのでしょう?

アブダビで女子大に通うファトマさんに話を聞きました。

待ち合わせしたのは、アブダビ市内にある高級ショッピングモール内のスターバックスです。

メイクは純粋に自分のため

「お化粧には毎日少なくとも30分はかけるわ。1時間かけることもある」とファトマさん。

ふだん彼女が外出するのは学校やショピングモール、友人の家など。

学校のクラスはもちろん女子だけですし、ここでは友人の家でも男性家族と顔を合わせることはありません。
 
女性ばかりの場でメイクして楽しいのかしら?と思いがちですが、アラブ女子にとってメイクは純粋に自分が楽しむためのものなのです。

お手本はユーチューバー

「夜中の12時でも、突然新しいメークのやり方をためしたくなったら化粧してみたりするの」

お手本は有名なユーチューバー、化粧が上手なインスタグラマーなどだそう。

「ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーのメイクも好きだわ」 

基本は目が大きく見えるように、肌が抜けるように白く、口元はマットで上品に仕上げることだそう。

口は男性を誘惑する場所だから、あまり派手な色はよろしくないそうです。

このあたりがイスラム的ですね。

月のメイク代は●万円

彼女がお父さんからもらうお小遣いは、月6万円。その7割が化粧品代に消えるそうです。

メイク用品を買うのはもっぱらインターネット。

「お店でいろいろ試してみて、気に入ったものがあったらネットで買うことが多いわ。その方が安いもの」としっかりしています。

SEPHORA、Tarteなどが定番サイト。ちなみにシフォアのいちばんのお得意様はドバイ女性だそう。

「香水も大好き。香水なしには外出しないわ」という彼女は、12個くらい香水を持っています。

香水はnoonで買うことが多いそうです。

こちらは化粧品だけでなく衣類や生活雑貨、アウトドア用品など、品ぞろえが豊富です。

進化するネイル

メイクをするイスラム教徒女性

ブティックでメイク用品を品定めするヨルダンの女性。

そんなバッチリ化粧するファトマさんですが、礼拝をするときは、ちゃんとメイクを落とすそう。

いちいち落とすのは大変じゃない?と思いますが、また1から化粧するのが楽しいのだとか。

でもネイルはイスラム的によろしくないのでは?

礼拝前の浄めを行うとき、マニキュアなどがあると水が浸透しないために浄めを行なったことにならないのです。

だから敬虔な女性はそもそもマニキュアをしないか、礼拝のたびにマニキュアを落とします。

「これは水が浸透する素材を使ったもの。だから落とさなくてもはハラーム(イスラムで許されないこと)ではないのよ」。

最近は落しやすいネイル用品も出回っているそう。

「香水だって、ハディースを読めば、預言者ムハンマド様はその使用をすすめているとわかるわ」

香水にはアルコールが含まれているものもありますが、アルコールは飲むのはダメだが、香水や薬に入っているのを身につけるのは許されるとファトマさん。

メイク用品を爆買いしながら美を追求しつつ、イスラムともしっかり折り合いをつけているのでした。

★日本のメーカーもハラール化粧品を作っています。こちらはそのお試しセットです。

 

【関連記事】イスラム女性の服装に興味のある方は、こちらをどうぞ。

★ブルカ、ヒジャブやニカブの詳しい内容と巻き方は?
ヒジャブ、ブルカ、二カブ、チャドル‥‥イスラム女性の服装を解説 

★なぜ女性たちは髪や肌を隠す?その本音とは?
「女性は宝石」。イスラム教徒の女性が髪や肌を隠す理由 

 

イスラム教徒の女性のすべてがわかる【記事一覧】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA